自分の名前まで偽って勧誘する親鸞会の皆さんへ

先日4月17日に、私のところに出身大学から相談が寄せられました。顕真学院に入学したある後輩が、新勧の応援に出身大学に来て、団体名を名乗らないだけでなく大学職員に自分の名前まで偽って勧誘しているとのことでした。
謗法と妄語の罪を重ねてほしくありませんし、新入生を巻き込む前に勧誘を断念すればと思い、対策案を提案しました。
ところが、後輩は相も変わらず勧誘を続け、事務員から逃れるためにトイレにしばらく逃げ込んだということです。

読者の皆様は、このような親鸞会の勧誘をどう思われますか?
本当に情けないですよね。怒りを通り越して哀れみの感情を覚えます。
こんな偽装勧誘をして職員と学生に迷惑をかけるために大学を卒業したのかと問われても、これでは弁明の余地はないと思います。


メールを送ろうと思い、以前使用していたアドレスに送ったところ、もう使われていませんでした。
既に実習生をしていたので、親鸞会発行のアドレスをもっているかもしれないと思い、4月23日9時18分に講師部員と同じ形式のアドレスに送信しました。以来エラーメッセージも配信されて来ませんでしたので、無事届いたようです。読んで受けとめてくれるといいのですが・・・

以下が送信メールです。親鸞会の学友部担当講師の皆さんには、そのような指導は絶対にやめて頂きたいと思います。
正しい事をしているという自信がおありならば、

修造「もっと堂々としろよ!」

もっと堂々として頂きたいと思います。
(文中、名前などが特定できるところは伏せ字にしました)



こんにちは、●●です。元気ですか?

最近私に、▲▲大学で名前を偽って偽装勧誘を繰り返し、大学の事務員と鬼ごっこをしている大馬鹿者がいると相談が寄せられております。

○○君、君のことですよ。身に覚えがありますね?
念のため申しておきますが、仏法は仏さまが相手です。私にまで嘘をついても意味がありませんから、返信をくれる時も偽る必要はありません。罪が深くなるだけです。


さて、○○君、自分達の正体はおろか自分の名前までも偽って勧誘することは善ですか? 悪ですか? そんなことをして信仰が進むと思っているんですか?
(そもそも『信仰が進む』『信仰が進まない』などは高森会長独自の珍しき教えであり、親鸞聖人の教えを破壊している言葉であることをこの際伝えておきます)

カゲでコソコソしてないで下さい。
親鸞会は、堂々と大衆に説けないような教えは「土蔵秘事やそれに類するもの」だと非難しますが、それが自分達の事だとはまるで分かっていないようですね。
嘘つき勧誘を是とするような教義にいくら従っていても幸せにはなれないことを、君に伝えておきたいと思います。

今、君がやっていることをお母さんや弟さん、友人に堂々と言えますか?
言えないのなら、それはやましいこと、いわゆる悪ということです。善ならば、いつ誰にでも言えますからね。

また、今、君がやっていることをお母さんや弟さん、友人が知ったらどう思うでしょうか? どうか自分にも回りにも恥じない生き方を○○君にはしてもらいたいと思います。

そして、速やかに悪知識から離れて、弥陀の本願に救われて頂きたいと願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

学院生には、学院の外に出たとき、朝晩メールのチェックをするよう指示されています。
ですから、100%確認していながら無視してるんでしょうね。
おそらくは、学院長にメールが転送されているでしょう。
はぁ、もうどうしようもないや。

>名無し様

すぐ上司に報告するように徹底されていますからね。もはや親鸞会の従順なるロボットに改悪されてしまったようです。このような偽装勧誘から、マインドコントロールされている実態がどんどん浮き彫りになってきています。

会えるなら会って話をしたい。何とか彼を親鸞会から解放したいと願うばかりです。

No title

まだ学院って機能しているんですね。20代ならまだやりなおしがききますので
やめさせてあげてほしいです。でも小杉の悪知識さまは一体他人の人生をなん
と思ってるんですかね。自分がうそを言っている自覚が完全にあるわけですから
、相手を同じ人間と思ってたら絶対に出来ない行為です。

>エイリアン様

心から辞めてほしいですわ。しかし返信もないですし、一向専念高森会長となってしまったのかも知れません・・・

『仏敵』が根本聖典の善知識様は、愛憎の煩悩に狂って如来の諌めの声を聞こうともしない、単なる田舎の宗教詐欺師だということです。他人の事を思ったら、とてもあのような行為はできません。


退会しようか悩んでいる方は、会費も資金源になっていますから一刻も早く退会して頂きたいと思います。そのお金を貯金したり、勧学クラスの方の本を買ったり、家族にご馳走したりした方が圧倒的によいでしょう。会にいなくても阿弥陀仏に救われます。あそこで一生懸命やればやるほど救いに遇えません。本気で阿弥陀仏の救いを求めている人にとっては辞めなければならない団体です。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード