FC2ブログ

『教行証文類』(教行信証)の題号からして理解していない高森顕徹会長

高森顕徹会長は、『教行証文類』(教行信証)の題号からして理解していません。本日はまず、『教行証文類』の題号の持つ意味を『聖典セミナー 教行信証 教行の巻』を通して見ていきます。

【本文】
 顕浄土真実教行証文類 序

【現代語訳】
 浄土の真実なる教行証を顕す文類の序

【講讃】

   『顕浄土真実教行証文類』という題号

 『顕浄土真実教行証文類』という題は、「浄土の真実なる教行証を顕す文類」と読み、「序」とは、この書に顕される法義の肝要をあらかじめ叙述し、この書を著す意趣を述べる文章ということです。「信文類」のはじめには、「信文類」を顕す意趣を述べる特別の序文が置かれていて、それを「別序」といいます。いまここでは、『顕浄土真実教行証文類』の全体に関わる序文ですので、これを「総序」といいます。

 さて『顕浄土真実教行証文類』という題には、これから顕すこの書物の内容のすべてが顕し尽くされています。「浄土」とは往生浄土宗の略で、浄土に往生して、そこでさとりを完成することを目指す法門(教法)を意味しています。そのような往生浄土宗(浄土宗)のなかでも、とくに阿弥陀仏の本意にかなった「真実」の「教」と「行」(信を含む)と「証」が何であるかということを顕示するために、それらについて釈尊や祖師方が説き示された経、論、釈のなかから、それに該当する「文」章をそれぞれの項目ごとに分「類」して集めた書であるということを表す書名です。それゆえ「浄土の真実なる教行証を顕す文類」と名づけられたわけです。

 ただし内容を見ると、真実の教・行・証のほかに「信文類」が明かされており、さらに「真仏土文類」、「方便化身土文類」が顕されています。それらがこの題号に包括されるのかどうかということについて、存覚上人の『六要鈔』をはじめ、先哲は共通してこの書に示されている教・行・信・証・真仏土・化身土の六巻全体を包括する題号であるといわれています。それというのも、「信文類」で顕されている「真実の信心」は、もともと真実行と一具(一組)になっているもので、決して切り離すことのできないものでした。ですから真実行といえば、そこには必ず真実信心が具わっているのです。そのことを知らせ、その信心の徳を詳しく知らせるために、行から信を別開して「信文類」を著されたわけです。ですから教・行・証というままが、教・行・信・証であったわけです。

 また真仏土は、証果を開く場所ですから「証文類」に収まりますし、「方便化身土文類」は、未熟な機のために自らの修行能力をたのんで阿弥陀仏の本願力をたのまず、そのために真実の報土に往生することができず、方便化土にとどまって真実の利益を失うものを育て導くために仮に設けられた方便の法義を明かすのですから、「真仏土文類」に収まる法義です。こうして『顕浄土真実教行証文類』といわれた題号のなかに、「信文類」はもちろん、「真仏土文類」も「方便化身土文類」も、すべてが包括されているといわれています。

 そういうわけで、この書物の大部分は、経典や祖師方の聖教からの引用文で構成されていて、処々に親鸞聖人の深い領解が述べられているという体裁がとられています。まさに「文類」という言葉が表すとおりです。しかし気をつけておかねばならないことは、それは決して他人の文章の寄せ集めではなかったということです。
(p.28~p.31)

このことから、浄土真宗の目的は往生浄土、浄土に往生して、そこでさとりを完成することを目指すことだと判ります。だから『顕浄土真実教行証文類』と名称されているのです。仏教の目的はさとりの完成、すなわち成仏であることは聖道門も浄土門も変わりません。この土でさとるか、浄土に往生してさとるかの違いはありますが、目指すところの究極は成仏です。


それに対して、高森会長は「獲信が唯一の目的である仏教」(『本願寺なぜ答えぬ』p.139)といい、獲信(信心決定)のことを「絶対の幸福」だとか言って、「親鸞学徒信条」には

一、われら親鸞学徒は、人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます。

と謳っています。そして信条の続きに出てくる、真実の宗教であるという阿弥陀仏の御本願とは、

 真実の他力信心を獲得するということは、阿弥陀仏の絶対の救いにあずかるということです。即ち阿弥陀仏の絶対の願力によって助かったことをいいます。
 阿弥陀仏は、その本願(約束)に「われを信ずる者は、必ず絶対の幸福に助ける」と誓っていられます。勿論、死後ではありませんから、これを平生業成というのです。現在只今、苦悩渦巻く人生を光明輝く生活の出来るようにしてやろう、という御約束です。こんな素晴しい誓願は、二つとありませんから、親鸞聖人は、『正信偈』に、「無上殊勝の願を建立せられた、希有の大弘誓を超発せり」とも仰言っているのです。
 その約束通りに我々が絶対の幸福に助かった時を、他力信心を獲たとか、信心決定したとかいうのです。
(『こんなことが知りたい①』p.32~p.33)

とあるように、

われを信ずる者は、必ず絶対の幸福に助ける
現在只今、苦悩渦巻く人生を光明輝く生活の出来るようにしてやろう

という御約束だというのです。このように現世利益で釣って人間の欲望を煽り、人々の関心を惹きつけるのが親鸞会のやり方です。そして、やがて外道の因果の道理を説いて必堕無間という地獄の恐怖を植え付けて、逃れる道は無碍の一道だとか言って組織拡大活動という悪業悪行に誘導してゆく。まさしく、親鸞聖人が仰る邪偽の宗教そのものです。このように教えが目的としているものが違っていますから、

●浄土真宗の目的とは

親鸞聖人 浄土に往生して、さとりを完成すること
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 この世で絶対の幸福になること


という相違点を確認することができます。親鸞会でも近年、浄土往生が目的などと言うには言うようになりましたが、あくまでも「絶対の幸福」に主眼が置かれています。「絶対の幸福」に救い摂られなければ、浄土往生も無いというのです。ですから会員は今日も「この世で絶対の幸福になること」という「高森の証」を目指して様々な「高森の行」に勤しむのでしょう。浄土往生とは何の関係もない行いとは知らずにね・・・


絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽、摩訶不思議なハッキリスッキリ体験を求めている人は本願に救われることはありません。会員の皆さんは、まずその目的違いを改め、浄土を願うようにするべきだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

平生業成

不体失往生

Re: 元会員様

高森会長は、

> 平生業成

は「人生の目的が現在に完成する」(『なぜ生きる』p.4)という意味だと書いてるし、

> 不体失往生

に関しても人生の目的があるということを主張したものだと書いている。真宗の言葉を使ってはいるが、意味するところが真宗と高森教では全く違うんだな。

言っておくが、「絶対の幸福」とやらが弥陀の救いではないから勘違いしないように。


それで、「そのまま来い」ってどこへ来いってことなんだ?
弥陀の呼び声は「そのまま来い」と言ったのはあなただぞ。そんな体たらくでは説明責任を果たさない政治家をバカにできんぞ。ちょっとツッコまれるとろくな返答ができない情けない現役カルト信者。質問に答えなさいよ。

何ゆえそんなに何処にか気になるのは何故?

釈迦往来八千便のお手伝いですが・・・なにか?

もどき房

ガッカイの言う絶対的幸福と一緒にしとんが?

ガッカイのサイト見たけど、全く違うけど!

No title

>何ゆえそんなに何処にか気になるのは何故?
>釈迦往来八千便のお手伝いですが・・・なにか?

自分の言ったことの記憶もなくなったのか。
そんなものが釈迦の○便の手伝いもできんわ。
逃げてばかり。逃げてばかり。自分から逃げてばかり。

Re: 元会員様

> 何ゆえそんなに何処にか気になるのは何故?

まさかマジで分かんないとか!? 弥陀の呼び声を聞いたんでしょ? まさか親鸞会で知った覚えた言葉を並べただけだったとか? 受けるんだけどww

相対の幸福と絶対の幸福、正本堂など、他にも学会からのパクリ用語はあるんだな。大学者を気取って実は伊藤康善師と大沼法竜師の著作をパクっただけ、そこに学会の組織拡大法を真似ただけという、実は真宗の教学をほとんど知らないのが高森顕徹会長でした。未だにそのデタラメ寄せ集め創作教義を信じているという哀れな現役カルト信者が君というわけだ。自覚したまえ。

そんなんじゃ釈迦往来八千便のお手伝いなんて無理無理無理無理(ヾノ・∀・`)ムリムリ

桜の花が散ったのを見て無常を感ずる方がおられれば桜の花びらに
これもまた、釈迦往来八千便のお手伝い

Re: 元会員様

阿弥陀さまが「どこに来い」って仰っているか本当に分からないんだ。それでよく「弥陀の呼び声」を聞いたとか言えるね。マジうけるww

何処へかは、頭で聞いた訳じゃないからww
腹底が聞いたから♪

極楽行って寝てるのは、東條さんぐらい(笑

皆さん素通りで諸仏の仲間入り、大宇宙で弥陀の本願宣布なされておいでます。

私は山川草木ぐらいにしかなれる業を持たぬゆえ(。>д<)

Re: 元会員様

どこまでも高森教の現役カルト信者だね。なんちゃって獲信者なんて所詮そんなもんだ。悔しければ反論してみなよ。聖教に基づいてね♪ 高森教での知った覚えたをいくら語ってもこちとら何も響かない。

元会員様へ

>何処へかは、頭で聞いた訳じゃないからww
>腹底が聞いたから♪
どこで聞こうと結構ですから淳心房様のお尋ねの

>それで、「そのまま来い」ってどこへ来いってことなんだ?

にどうぞお答えください。信心決定すれば「ハッキリする」のですよね。教えの根幹の部分と思いますので、いつまでも逃げていないでお答えくださいな。

もどき房
響かないのは当然
火の中かき分けて聞いた、という事が無いから♪

Re: 元会員様

なら君は、

> 火の中かき分けて聞いた、という事が

あるんだな? であれば、「そのまま来い」が「どこへ」来いなのか位明確に答えられるはずだろ? これくらい答えられないなんてインチキの証拠だな。それとも、神の啓示的なことを聞いたのかな? そんなんじゃどっかの異星の教祖様と変わらないね~

きみらわからんがか?
諸仏の仲間入りの世界

弥陀の浄土って言って欲しいが???

二種深信の世界だから
言うに言われず、説くに説かれず・・何処へ来いか✌

彼の過去の発言

以下は元会員さんの過去の発言です。
〜〜〜〜
本願まことにおわしならば・・
十方衆生、唯除、五逆誹謗正法。
全部私の事ってなってないから!

コツコツ種巻く
18願全て私の事と聞いてないから!

他力の念仏者

ありの~♪
ままの~♪
すがたでいいのよ~♪

を聴きて涙す

他力の念仏者は、人を探さず。
自力の念仏者は、人を探す。

他力の念仏者は、人、探しても縁無ければ会えざる、と深信す。時間がもったいない。
ある人いわく、時はカネなり、と

自力の念仏者は、用心の有る、その相手を探す。縁が無ければ会えざる、を知らず。
〜〜〜〜〜〜〜
だそうです。複数を求めたので読み辛いですが、個々で読んでもまったくの意味不明です。他力の念仏者は人に会えなくてもご縁がなかったからとあきらめられるそうですね。アナ雪の歌のように、ありのまま〜ので良いそうです。その結果の人の言うこと一切聞かない頑固になりましたね。

No title

元○○は何もこたえられない、で決着。

その証拠に何もこたえていない。
今のままのらこれからも何もこたえられない。
今までのコメントがその証拠。
元○○は仏法を聞く前に他の所で治療を受けなければならない。
自分の言ったことの記憶が無くなっていることはかわいそうだが仏法では解決できない。仏法はその後のこと。
なるほど話が噛み合わないわけだ。
自分を見捨てて自分の腹底に逃げた、が最後になった。

No title

「一心正念にして直ちに来たれ」なので、元会員の主張は間違ってますね。
疑情がある内は一心正念ではないですよね。
来たれは弥陀の浄土に来たれですよね。
死んでからの事ですよね。
この世で疑情が晴れて、正定衆に救われるから平生業成ですよね。
疑情が晴れなければいくら念仏唱えても救われませんよね。
念仏称えたら死んでから極楽に往けるものだと勘違いするから嫌われますね。

Re: 元会員様

だから君は「弥陀の呼び声」を聞いたんだろ? 俺が期待する答えじゃなく、聞こえたままを言ってみろよ。

> 二種深信の世界だから
> 言うに言われず、説くに説かれず

なんて言葉で逃げるなって。「そのまま来い」って、「どこへ」来いってことなんだ?

No title

更に元会員はボロが出てますね。
雑行を捨てて、雑種を捨てて、自力を捨てるから三願転入だとか間違った事を平気で言ってましたね。
雑行雑種自力の心は一念で同時に捨てるものですよ。
残念ながら、偽物の自力の信心でしたね。
現益でなくて良かったですね。

No title

>雑行雑種自力の心は一念で同時に捨てるものですよ。

これって、元会員さんの主張ですよ。
火星人は言う事全てずれてる。
まあね、明橋さんの患者同士で勝手に非難し合っていたらよろしいのではないですかね。
明橋さんの患者でない皆さんは、そんな人達の相手をしても無駄ですから、スパム設定にして隔離すべきですよ。

k k(火星人)へ

1. k k は念仏誹謗

信心正因、念仏は業因です。
知らないんですか?

2.念仏とは業因、正業、正定業

諸善を捨て、助業を横に置いて、ただ念仏ですよ。

http://labo.wikidharma.org/index.php/雑行
http://labo.wikidharma.org/index.php/雑修

教行信証行巻に書いてあります。
まだ読んでいないんですか?

3. 自力念仏は化土往生

親鸞聖人は化土往生を七宝の獄とおっしゃっています。
七宝の獄とは地獄のことではないですよ。
いまだに分からないのですか。
http://midanoganshin.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

4. 火星人は

他所のブログでも、k k やら つかさ やらで書き込んでいるようですが、高森教がにじみ出ていますよ。高森教は真宗ではありません。あなたも真宗の言葉を使うのなら、親鸞聖人の教えを学んでからにしてくださいね。火星教を広めたいだけなら他所へ行ってください。



kk(火星人)さんへ

あっと言う間に火星人と特定されましたね、最近安心問答に書き込みしてましたが、ひどいですね。全く今までの主張を翻してないのですね。で名前だけ変えて活動している。冨田信さん愚逆さん元会員さんと同じですね。会館で挨拶して友だちになったら良いですよ。お互い高森会長の話を聞いて信心決定したのだから。

Abcです

こんばんわ、Abcです。

>他力の念仏者は、人を探さず。
>自力の念仏者は、人を探す。
>他力の念仏者は、人、探しても縁無ければ会えざる、と深信す。時間がもったいない。 ある人いわく、時はカネなり、と
>自力の念仏者は、用心の有る、その相手を探す。縁が無ければ会えざる、を知らず。

他力自力」をそのように理解されているとは、悲しい限りです。
あなたは、「長い文章」は嫌うようなので、具体的な文献は記しませんが、
他力」とは「阿弥陀仏のお力(光明)」のことであります。

 「阿弥陀仏のお力」の中には、「尽十方無碍光」という光明があります。
 (親鸞が、「世親、ちから尽くせり」と言われている『十字名号』です。) → 『願生偈』をご確認ください。

この「尽十方無碍光」とは、「十方を普く照らし尽くす、障りなき光明」といういわれでありますから、別の箇所には「普放光」ともございます。 → 『正信偈』をご確認ください。

また、「大行」としまして、親鸞は「大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり」といわれております、このことは諸仏からも勧められている行いであり、「17願」に収まりますが、この大行を「私の往生の糧としよう」という心にて行いますと、「自力称名(20願)」となり、「自然の浄土えぞ知らぬ」となります。 → 『教行証 行巻』をご確認ください。

以上のことから、「他力に生かされる念仏者」とは、「念仏行者においては、非行・非善であると弁え、「南無阿弥陀仏の六字のこころをよく知りたるをもって」といわれていることを、「自信教人信」のこころにて弘める「おん代官」となる」と弁えております。

・自信教人信
→ 『御文』1-1をご確認ください。

・念仏は行者においては、非行・非善である
→ 『歎異抄』第8をご確認ください。

・南無阿弥陀仏の六字のこころ
→ 『御文』2-6をご確認ください。
→ 『御文』2-15をご確認ください。
→ 『御文』3-2をご確認ください。
→ 『御文』3-4をご確認ください。
→ 『御文』3-5をご確認ください。
→ 『御文』3-6をご確認ください。
→ 『御文』3-7をご確認ください。
→ 『御文』4-8をご確認ください。
→ 『御文』4-11をご確認ください。
→ 『御文』4-14をご確認ください。
→ 『御文』5-8をご確認ください。
→ 『御文』5-9をご確認ください。
→ 『御文』5-11をご確認ください。
→ 『御文』5-13をご確認ください。

 おわりに
末筆とはなりますが、「定型文」を何度も張り付けする作業はなかなかなものですね。いま記した『文献』を見るも見ないもあなた次第ですので、好みに合わせてください。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

No title

映画「おくりびと」の原作者、青木新門さんの最近のface book に、六十年前「親鸞にかえれ」と説法していた会長は結局自分(我執)に還ったと書かれていた。元○○さんも同じく我執に囚われていて自分(腹底)から外に出られないのも同じこと。会長の教えを信奉する人の悲しい結末となる。

No title

銭形のTEN警部。ルパン逮捕じゃあるまいし、火星人はとっくに捕まってスパムで永久追放されてますよ。勝手に決めつけないで下さい。元会員とは別人物になりますか?同一人物ですか?

No title

「諸善を捨て、助業を横に置いて、ただ念仏ですよ。」
全くその通りであります。
しかし、それをさせないのが自力・計らいの心であり、この心を捨てる事は出来ません。その正体が疑情であり、疑情は弥陀の光明に遇わなければ絶対に破る事が出来ません。破闇の光明に遇うまでひたすら念仏行に励んで下さい。
お聖教を読んで頭だけで早合点していてはダメですよ。
自力が間に合って助かる事は万に一つもありません。なので方便が必要不可欠であり、方便により自力一杯に求めるしかないから三願転入の教えになります。
弥陀は「念仏称えよ」ではなく、「念仏称えさせる」なので、阿部先生は正しいと思います。

No title

>元会員とは別人物になりますか?同一人物ですか?

もうくだらないことから目覚めましょう。

弥陀の身元へ

だが、実際は弥陀が常に側におられるようで心は明るく暖かい状態になる。

声なき声
聞こえるけど聞こえるのではない

説明のしょうがないm(__)m

平成最後の
全寝坊(笑)空
燃物房
税関房
小心房

また来世(次の元号)で♪

No title

>説明のしょうがないm(__)m

本当に説明のしようのない妄想を描いて空過する人もいますね。
散々根拠のない妄想を吐き出し、結局自分から逃げて行ってしまった。
あわれあわれ。

No title

>平成最後の
全寝坊(笑)空
燃物房
税関房
小心房

元○○は
平成最後のあほ。

Re: 元会員様

これだけ時間かけてようやくその答えかよw

要は明るく愉快な高森教の信心なのね。んで、聞こえるけど聞こえない妄想の声を聞いたと。最初から「声なき声」なんて言わなきゃいいのに、笑っちゃうわww


法然門下の方々をそのように表現する現役カルト信者には浄土真宗は理解できないかな。

元会員さん語録

元会員さん語録
〜〜〜〜〜〜〜
こいつ馬鹿か?
仏法の話を火の中かき分けて聞けば他力の信心へとつながるのに、名号を説いてないとか信心を説いてないとか・・・
真実の仏法説くままが他力の信心へとつながる事を知らなすぎるww

私は切るか切られるかの真剣勝負で、相対してましたので、馬鹿でしたがずいぶん心に響き、真実の杭を打たれましたが・・・
最大の敵は我に有り!
居眠り
他事を考える
あれしたい、これしたい
聞法を妨げるもの全てである。
親鸞会を退会したものは己に負けた者である。
〜〜〜〜〜〜〜
自惚れも甚だしいですね。信心決定すると正義の人になったように感じるのでしょうね。しかし実際の彼は周りより奇異に見られて孤独に悩んでいるわけです。正直こんなこと書いてる奴と友達になりたい人はいませんよ。因果の道理を深信してるのになんで、そういうところわからないのですかね。

Re: チュウビ様

> 親鸞会を退会したものは己に負けた者である。

なら元会員は己に負けた者ですね。矛盾に満ち溢れていて実に面白いです。情報ありがとうございます。

k k(火星人)へ

自説(火星教)を正当化せんとして阿部先生の名前を持ち出すのはやめましょう。阿部先生に迷惑がかかります。

かまってちゃんのあなたが承認欲求を満たそうとするために他人の名前を勝手に使う。いつものパターンです。そろそろ卒業しましょうね。

銭形の父つぁん

銭形の父つぁん。火星人はスパム牢の中でっせ。
正しい事は正しいと言ってるだけです。
間違った事は間違いだといいます。
「この世明るく楽しい生活が出来るのが絶対の幸福だ」は創価学会の信心です。そこに、「死んだら弥陀同体の仏になれる」が入れば、現当二益になり正しくなります。「この世はどうにもならないから念仏称えるだけ」も間違いです。この世と後生と二度救われるのが正解です。(御文章)
「高森会長の言う事を鵜呑みにして絶対服従せよ」も正しくありません。
「本当だろうか」と常に疑い一杯で聴聞します。善知識を信じるのは間違いです。善知識の説く本願を「本当だろうか」と疑って聞くのです。
善知識を信じて聴聞していた人は必ず裏切られて辞めて行きます。
本願を疑う心しかないのに聞こうと思う心は不思議であり、弥陀の念力だと思います。
銭形の父つぁんも、今聞いている先生を善知識だと信じて聴聞しているのならば必ず裏切られます。その先生の説く本願を聴聞するのが正解であり、人を信じるのではありません。親鸞会は高森先生を信じて聴聞している人が多いと思います。私は高森先生を疑って聴聞し続けて来ました。なので、絶対服従などと言う言葉を聞くと鳥肌が立ちます。会館も鬼の棲む恐ろしい館だと見てきました。

ww(笑
大宇宙一のだらぶつ→me

Re: 元会員様

それで、「そのまま来い」の「そのまま」ってどのままだ?

大体君は、弥陀の呼び声を二河白道の譬えで言えばいつ聞くと思っているんだ?

1.東の岸にいる時
2.煩悩と闘って白道を中間ほどまで進んでから

きちんと答えてくれ。

ルパン(k k 、火星人)へ

> 正しい事は正しいと言ってるだけです。
> 間違った事は間違いだといいます。

と言いながらも、親鸞会の会長や会員には何にも言えない火星人。

そうやって出来もしないことを出来るかのように書くから、火星人の文章は全部がウソに見えるんだよ。

本当に火星人に信念があるならば、その信念やら正しさやらをここに書き込む前に高森会長にぶつけてください。そして、どんな結果になったか報告してね。そしたらいくらか信用できるかも。

出来るかなぁ、ムリだろうなぁ。 それでは、がんばってね。

No title

なぜに火星人だと決めつけたがるのですか?K・Kは単にイニシャルです。昔、火星人に酷い目にあわされたのですか?
ちなみに昔、「俺の命令は会長先生のお言葉だと思え」とか言って威張っていた講師がいまして、私はその講師ととことん大喧嘩をした事があります。更に上の講師に報告した結果、その不届きな講師は遠方に島流しにあい、最終的に退会してどこかに消えてしまいました。今でも逆恨みされていると思います。
その因果であなたは私を火星人だと決めつけてくるのですか?その不届きな講師とあなたは知り合いなのですか?だとしても私は悪くありません。逆恨みしているあなたが悪いのです。間違った事を言う人が悪いのです。

ルパン(k k、火星人)へ

それだけの元気があるのなら、会長や会員と信心の沙汰ができるのでは?

一年前には「信心の沙汰ができていないんです~」と打ち明けていたではないですか?その後、話しができたんですか?まだなのですか?

特に「弥陀の呼び声」とは何なのか、会長からよく聞いてください。
会長が説く「呼び声」と、真宗の「呼び声」とは、意味が全く違います。

あなたにとっての「呼び声」は、「山奥でひとりで苦しんでいるときに、子どものような小さな声で、そのままだぞ」でしたよね?それを講師に報告したら相手にされなかった。が事の顛末でしたね。違いましたっけ?





分かりやすいなあ、、、バレバレ

お久し振りですね、火星人さん。自分で正体告白してるようなものですよ。特徴ある文体と過去のエピソードも見たことあるよ。もっと分かりにくくしたら良いのに。
なんかいろいろ残念ですね。で残念仲間の愚逆さんと友達になったら良いと思いますよ。あなたがたは、偉そうにしてるのはネットだけで実際は会も辞めれずうろちょろして、会の愚痴を言ってるだけです。講師からマークされてますので、つるんで対抗したら良いと思います。火星教団経営うまくいってないようで人生相談してたじゃないですか。二人とも対人関係に悩んでますのでいい話し相手だと思いますよ。富山で会えますね。
ところで、あなたが真実の信心を得たとする確証はなんですか?また例の頭がスパークしてたまたま電波繋がったことに固執してる?なんでそんなに偉そうなの、実際に偉くなったのですか?

関わってしまった

何か勘違いされている様ですね。
現益の会員がブログを見て書き込みすれば、みな異安心の高森教だの火星教だのと極度に異端児扱いを受けて恐れられ、出て行けと騒ぎ立てられてスパムにされてしまう様ですね。元会員ならばウダウダとごたくを並べても怖くないのですか。楽しんでますね。誹謗サイトは見ない方が良いと注意されてますが、これだけネットが波及すれば興味深々と覗きたくなるのが人の心境です。
早速、火星人だとか愚逆だとか訳の分からない事を言い出す人が現れました。あまり関わりたくないけど関わってしまいました。元会員の様にハマってしまうかも知れませんね。恐ろし楽しや。

ルパン(k k 、火星人)へ

論点スライドして「真宗の呼び声」について一言もふれない火星人。

あなたが聞いた「呼び声」とは何なのでしょうか。
「元会員は間違っている」
「阿部先生は正しい」
と判断できるほどの見識があなたにはあるんですよね?

その見識をご披露下さい。
では、「呼び声」について、どうぞ。

ルパン(k k 、火星人)へ

火星人に迷惑している事

 ①頻繁なハンドルネームの変更
 ②不可思議体験の話しかできない
 ③求道の苦労話ばかりする
 ④日本語が通じない、誤字脱字の多さも半端ない
 ⑤お聖教の根拠だせない
 ⑥答えに窮すると聞こえないふりをして、
 ⑦論点スライドし、
 ⑧間違いを認めずに、
 ⑨逃亡する。
 ⑩それを無かったことにして他人のフリして舞い戻る。

これを繰り返しているのが私が経験した「火星人」です。
あなたも同じような言動をしていたら、「火星人本人かそれに類する者」とみなされて管理人様にスパム登録されることでしょう。時間の問題かな。

誠意のあるカキコミをしてくださいね。


TENさんのいうとおり

正直どっちでも良いので、是非とも親鸞会が正しくて真偽検証が間違っていると証明するために法論してください。昔会員の時こういう荒れたところを良くみてました。そして逃げの徹する親鸞会側にガッカリしたのですよ。同行たちと思ってたけどこんなに愚かだったのか、一番は高森じいさんにガッカリというかショックでしたね。答えられないじゃん。教えそのものからして、まやかしだったと分かりましたよ。
今後は私ものような残念な思いでやめる会員がでないように頑張って破邪顕正してください。今はどうみても貴方が親鸞会を貶めているように見えますよ。

火星人もいきなりスパムじゃなかったよね。長い間皆さまが答えて付き合ったけど答えられなかったじゃん。現役会員が即スパム登録されるなんてウソ付くなよ。TEN さんに至っては友人だと思い直接本人と話ししたけど火星人じゃないです。って逃げたのはそっちだろ。また逃げるのか?

銭形警部殿

私はその様な態度は取りたくないので答えられる範囲で答えます。しかし、アウェイでは淳心房さんはじめ多くの人から猛反発を招く事は目に見えていますのでお手柔らかにお願いします。
聞きたい事は「弥陀の呼び声」についてという事ですか?
苦境で頭がおかしくなって発狂した状態ではないですよね。
法鏡に近づいて映し出された真実の自己の姿に驚いて、自力がダメだと阿弥陀様にも見捨てられた時、三定死の時に、「ただそのまま助けるぞ」と腹底に響き渡るのが弥陀の呼び声です。
唯除五逆誹謗正法で、堕ちる事間違いない地獄一定。
若不生者不取正覚で、本願に間違いなかったと極楽一定。
二種深信が同時に成り立ったのが信心決定という事になります。
おそらく理解できないと思いますので、こう言うと猛反発されると思います。
だから、阿部先生が、「念仏をせよ」ではなく、「我に任せよ」と言ったのは間違いない事だと書きました。淳心房さんが真っ赤になって怒る姿が思い浮かびます。

Re: kk(ルパン)様

とりあえず「kk」=「ルパン」であることは確定していますが、火星人(金星人)と同一人物かどうかは、今後の書き込み内容によって判断してゆくことになります。あまりTENさん始め皆さんを欺くようなことはしないようお願いしたいです。以前の火星人なら火星人と素直に仰って下さい。「元会員」と名乗って発言している現役カルト信者といい、親鸞会の人間はみんなこうなのかと読者の皆さんは思うことでしょう。


ところで、kkさんは

> 「一心正念にして直ちに来たれ」なので、元会員の主張は間違ってますね。
> 疑情がある内は一心正念ではないですよね。
> 来たれは弥陀の浄土に来たれですよね。
> 死んでからの事ですよね。
> この世で疑情が晴れて、正定衆に救われるから平生業成ですよね。
> 疑情が晴れなければいくら念仏唱えても救われませんよね。
> 念仏称えたら死んでから極楽に往けるものだと勘違いするから嫌われますね。
> 2019-03-04(19:11) : kk

と発言されているようですが、kkさんは「弥陀の呼び声」を聞かれたのでしょうか? 現役カルト信者は黙ってしまったので、もしkkさんが「弥陀の呼び声」を聞いているようであれば、彼に代わってkkさんに

・「そのまま来い」の「そのまま」とはどのままか?

・弥陀の呼び声を二河白道の譬えで言えばいつ聞くのか?
1.東の岸にいる時
2.煩悩と闘って白道を中間ほどまで進んでから

について答えて頂くことはできますか?


それと、別のコメントでkkさんは

> 方便が必要不可欠であり、方便により自力一杯に求めるしかないから三願転入の教えになります。
> 弥陀は「念仏称えよ」ではなく、「念仏称えさせる」なので、阿部先生は正しいと思います。
> 2019-03-05(08:59) : kk

と書き込んでいますが、kkさんは親鸞会流「三願転入の教え」を肯定する立場ということでよろしいでしょうか?


一つずつでも構いませんので、よろしければご返事下さい。なお、いきなりスパム設定にするようなことはしません。ただし、以前の火星人のように聖教に根拠の無いことを挙げ連ねるようだとスパム設定を検討し、場合によっては実行しますので、その点ご了承願います。

Re: ルパン様

直前にコメントを頂いていましたね。「弥陀の呼び声」については

> 聞きたい事は「弥陀の呼び声」についてという事ですか?
> 苦境で頭がおかしくなって発狂した状態ではないですよね。
> 法鏡に近づいて映し出された真実の自己の姿に驚いて、自力がダメだと阿弥陀様にも見捨てられた時、三定死の時に、「ただそのまま助けるぞ」と腹底に響き渡るのが弥陀の呼び声です。
> 唯除五逆誹謗正法で、堕ちる事間違いない地獄一定。
> 若不生者不取正覚で、本願に間違いなかったと極楽一定。
> 二種深信が同時に成り立ったのが信心決定という事になります。
> おそらく理解できないと思いますので、こう言うと猛反発されると思います。

と答えて頂きました。高森教の理解、高森教の信心そのものですね。二河白道の譬えにはこうは書かれていないので猛反発されるのは当然でしょう。書き込みをする前に、なぜ猛反発されるのか考えた方がいいです。

ところで、ルパンさんが仰る「三定死」とは、二河白道の譬えで言うとどこですか?

1.東の岸にいる時
2.煩悩と闘って白道を中間ほどまで進んでから

お答え下さい。


> だから、阿部先生が、「念仏をせよ」ではなく、「我に任せよ」と言ったのは間違いない事だと書きました。淳心房さんが真っ赤になって怒る姿が思い浮かびます。

⇒阿弥陀仏の仰せは「我にまかせよ」というのは確かにその通りだと私も領解していますが、だからといって「念仏を称えよではない」ということではありません。親鸞聖人の六字釈は、念仏は自力回向の行ではなく他力回向の行、行者の方からは不回向の行であることを言われたので、「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない」根拠にはならないと書きました。

TENさんの仰るように、自説に都合が良いからと阿部先生を利用するのは止めた方が良いと思います。自説の根拠は聖教に依って頂きたいものです。

No title

>唯除五逆誹謗正法で、堕ちる事間違いない地獄一定。

完全に高森教の信心だ。
七高僧、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人、こんなことを仰った方があるなら教えてくれ。

答えないだろうから、こちらで答えておくと、

そんな馬鹿なことをどなたも仰っていない。よって、高森教も火星教も真宗とは無関係なんだよ。

以上

淳心房さま

元会員に変わって答えられる範囲で答えますが、私はまだ現益会員なので親鸞会寄りの立場でしか話せませんのでその点宜しくお願いします。
<<ところで、ルパンさんが仰る「三定死」とは、二河白道の譬えで言うとどこですか?
1.東の岸にいる時
2.煩悩と闘って白道を中間ほどまで進んでから  >>

この問について厳密には、「呼び声を聞いた時」であり、どちらとも答えられません。聞くのは宿善開発した時であり、驚かない心に驚きます。真剣に聴聞した、往生極楽を願って諸善もしたし、功徳のある念仏も何度も称えて来た。それなのに少しも聞かない邪見驕慢な心があり、罪福心しか無く、金輪際絶対に聞こうとしない心。聞かねば地獄なのに少しも驚く心が無い。善も念仏も一つも間に合わない自力一杯の心に驚きます。それが「三定死」という事になります。
親鸞会流の二河白道では中ほどで聞くと言いますが、実際には一歩も進めてなかったので、東の岸ともいえると思います。宿善も求めたと思っていても、何も役に立たずに無宿善だと知らされるのみです。堕ちるしかありません。正に地獄一定です。本願を疑う心しかありません。
親鸞会では求道の心の景色として説かれました。確かにその様に心の景色が変わってきました。求道も全て方便でした。実際には空回りしているだけであり、絶対に求まる事のないエンドレスな道のりです。
阿部先生は雲の上の人なので、引き合いに出したのは良くなかったと反省します。その様に察しましたという意味です。

ルパン(k k 、火星人)へ

> 阿部先生は雲の上の人なので

雲の上?
東京や埼玉の法座に行けば会える。質問もできる。信心の沙汰もできる。
東京まで遊びにいく火星人にとっては近いではないですか。

火星人は一年前には故・嶋田講師の名前をあげて利用していました。
亡くなった人は話しができませんが、代わりに奥様が火星人宛にメッセージくださいました。「体験は何の役にも立ちません」と。「南無阿弥陀仏ですよ」と。
http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-1099.html#cm

今度は阿部先生の名前を利用して、いざとなったら「雲の上の人」として遠くにおいやる。相変わらずですね。ここで饒舌に語るように実際に阿部先生のもとを訪ねて淳心房さんのように直接話しをしたらよいのでは

まぁ、火星人にとって都合の悪いことだからできないだろうけどね。

ルパンさんへ

信心の内容が火星人と酷似してます。(まあ本人だからね)
変化してないですね。
ここにまた書き込むつもりになったのは、元会員(愚逆)と同じく我々が真仮を知らぬ馬鹿どもだから、俺が教えてやるというつもりですか?、一年前のリベンジですか?自信が出たのですか?「念仏唱えて待ってろ、すぐに死神が迎えに来るからな」と言った火星人の捨てセリフについて、別人だというルパンさんはどう思いますか?

Re:チュウビさん

こんばんわ、Abcです。

>「念仏唱えて待ってろ、すぐに死神が迎えに来るからな」

懐かしいフレーズですね。確かにそのようなことを言っていましたね。
ルパンさんはどのようにお答えするのでしょうか、興味深い限りであります。

親鸞は、「念仏」については、前から記しているように「念仏は、行者のためには非行・非善なり」といわれております。

また、『和讃』には、
「南無阿弥陀仏をとなふれば 炎魔法王尊敬す
 五道の冥官みなともに よるひるつねにまもるなり」

とも言われております。こちらは、
「南無阿弥陀仏の六字の名号を称えたならば 閻魔大王がうやうやしくなされる
 五道の冥官(閻魔大王の部下の方)はみな、 夜昼常に行人は護られるのである」です。
 このほかの和讃にも、「よるひるつねにまもるなり」の文言があり、「念仏行者」は、このような功徳が与えられます。 こちらの功徳も「行者自信が勝ち取った功徳」ではなく「阿弥陀様から与えられた功徳」でありますから、「真宗は他力回向である」ともいわれます。

「死神」はどこの管轄の方かは知りませんが、少なくとも「閻魔大王」や「冥官の方たち」は護ってくださいます。

Abc

Re: ルパン様

質問の一つに答えて頂きありがとうございました。お答えについて更に色々と聞きたいことはありますが、今回は先に以下の確認をしたく思います。

> 方便が必要不可欠であり、方便により自力一杯に求めるしかないから三願転入の教えになります。

こうお答えですが、つまりルパンさんは親鸞会流「三願転入の教え」を肯定する立場ということでよろしいでしょうか?

Abcさま

さすがAbcさん当意即妙の答え有難うございます。ルパンさんや元会員さんの言うことなど、自己満足にしか過ぎない与太ばなしで、他の人の利益になりませんが、それを通して真宗の意を顕かにされるAbcさんの話しは有り難いばかりです。きっとこれを読む過去の私みたいな人が脱会して真の真宗に遇うと思います。なまんだぶなまんだぶ。

淳心房さま

真偽検証と安心問答は前からひそかに見てました。元会員なる人物が妙な書き込みを始めたのでコメントした所、火星人だと言われてしまい、変な言いがかりを言われています。別にどうでもいい事ですけどね。
親鸞会の教義を聴聞すれば皆同じ様な事で反論すると思います。私も三十余年同じ話を聞き続けて来ましたからね。当然、浅い人と深い人とでは聞き方は異なります。心の景色も人により違いますが、確実に同じ道を進みます。
誹謗サイトとは関わりたくありませんでしたが、自分の立場で言いたい事を言わせて頂き、反応が直ぐに返ってくるのでハマりそうです。新黒沢伝の愛気流恋ノ助道場みたいですね。親鸞会からの忠告は無視します。
質問は何でしたっけ。最後まで確認にいくのが大変です。三願転入?
方便の教えがなかったら絶対に真実には入れません。弥陀は三世諸仏に見捨てられた私の実相を全て見抜いた上で本願を立てられました。方便は必要不可欠であり、19願・20願は方便の願なので当然三願転入の教えだという事になります。長くなりましたがこれでいいですか?

追答です

> 方便が必要不可欠であり、方便により自力一杯に求めるしかないから三願転入の教えになります。

なぜこの様に書いたかと言いますと、「自力一杯求めるしかない」、ここが大事なポイントです。なぜならば、どう転んでもがいても、考えても信じても、自力しかないのが私の姿だからです。自力で自力を捨てる事は絶対に出来ません。阿弥陀仏の光明により切り殺されなければ絶対に自力は無くなりません。切り殺されるとはつまり死ぬ事です。心の臨終だと言われます。方便の願によって進むしか道はないではないですか。
ABCさんへ
念仏についても色々な念仏があると聞きました。自然法爾の念仏は天神地祇も驚伏し、魔界外道も障碍することなし。当然、死神なんぞ蚊帳の外です。外道邪神など端から相手ではありません。死神に脅されてびくびくする様な念仏は自力念仏だという証拠です。

驚きました

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-1099.html#cm
を少し流し読みしましたが、恐ろしいブログですね。
銭形警部だけでなく、金星人は皆から総攻撃されて酷い目にあわされていますね。悪影響を受けるから見てはいけないと言われていた理由が分かりました。
これを見るとうかつにはのめり込めない世界だと思いました。
親鸞会とは全くの別世界です。
これからは元会員さんを出汁にしてください。
黙って見ています。

ルパンさんへ

答えがまるっきり火星人さんと同じなのが笑えますね。
創価学会と同じセリフでお念仏称えている方を脅してみて相手の信心を確認してるわけですね。死神と言われて怖いと思うか思わないかで判定ですか。そもそものやり方が20願の行者が気に入らないから脅すという底意地が悪いやり方が気に入らないですが、ルパンさんはそこは気にならないわけですね。そして心の揺らぎがない確信をもって判定していますね。じゃあ言うけど、信心決定したらお化けとか怖くなくなるの?そんなの本能による行動だから怖い人もいるし怖くない人もいるよ。そんなの何のあてになるの?

ルパンさん的には、親鸞会会員で信心決定している元会員(愚逆さんまたの名を〇〇さんTwitterFB公開辞めたのですな、残念です)さんや火星人さんの信心はどうですか?本物ですか?

ルパンさんは
死神に脅かされてもビクビクしないけど
退会者の言葉にはビクビクしている。

名無しさま

名無しさま。まさにその通りです(笑)死神は怖くないけど、真偽検証さんのキツイ追求は怖いのです。だから名前を変えて別人です、もう追求しないで下さいアピールですよ。「元会員が妙な書き込みをしているので書き込みましたら火星人などと言い掛かりをつけられて〜」などと言いながらも元会員と同じことを書いている。彼を正すつもりで書いてない訳です。相変わらずのそこの浅い嘘つきさんです。ようは私が火星人と元会員は同じ信心だと連呼するものだから黙っていられずipアドレス変えて書き込みしてるわけです。火星教団は浄土真宗と名乗らず、別宗教ですっていえば終わりな話です。
元会員さんもそうです。浄土真宗は自分たち親鸞会のみだ、脱会者は馬鹿だ、自分に負けたものだ、と書き込んでくるからです。親鸞会の人は定期的にそこの浅いネタを提供してきますが結局はこのような人しか残れないのか、自分がかつて所属した親鸞会の大学サークルも当の昔に壊滅したそうですが、無理はないですね。まともな人はネットで調べたら今は実態がすぐわかりますもの。自分の時代はまだここ迄普及してなかったから、すっかり洗脳されていましたけど、子供には気をつけさせたいと思います。

Re:ルパンさん

こんばんわ、Abcです。

>念仏についても色々な念仏があると聞きました。

>自然法爾の念仏は天神地祇も驚伏し、魔界外道も障碍することなし。当然、死神なんぞ蚊帳の外です。外道邪神など端から相手ではありません。死神に脅されてびくびくする様な念仏は自力念仏だという証拠です。

「念仏」につきましても真仮二種であります。

一つは「他力の念仏」、一つは「自力の念仏」であります。
「他力の念仏」は今言われている、「自然法爾の念仏」であります。
「自力の念仏」は、「称えただけ糧としてすすむのである」という考えであります。

ルパンさん、この「自然法爾の念仏」、「自力の念仏」の2つにつきまして少々ご説明願えますか?

そのご説明から話を進めたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

念仏

失礼ですがチュウビさんの言わんとしている事が全く理解できません。
20願の自力念仏している人を脅迫したり、人の信心を確かめているとは思えません。また、あの人の信心はどうだなどと言ってはいけないと言われています。その人と阿弥陀様の仏縁を他人がどうのと言う事は弥陀の上に立っている事になるからダメだと言われました。(高森先生の信心がどうだなどと言うなって事だと反論者は言います)
ABCさんへ
自然法爾の念仏は18願の真実の念仏です。 (称えさせられる念仏)
自力の念仏は20願の念仏です。(極楽往生の種になると信じて称える念仏)
諸善では物足りず、念仏の功徳により往生を願って称える念仏 
上手く説明できませんが、徳本とか、かすいの とか言われます。
自力念仏は仮ではありますが、必ず通る道だと思います。
親鸞会では念仏称えよとも称えるなとも言いません。お礼の気持ちで称えよとは言ってました。称えたらの「たらの心」がいけないと言います。

Re:ルパンさん

こんばんわ、御返答ありがとうございます。 Abcです。

>自然法爾の念仏は18願の真実の念仏です。 (称えさせられる念仏)
>自力の念仏は20願の念仏です。(極楽往生の種になると信じて称える念仏)

→この箇所につきましては、おっしゃるような意味合いでございます。
 ですからこの箇所は、追及いたしません。

>諸善では物足りず、念仏の功徳により往生を願って称える念仏 
>上手く説明できませんが、徳本とか、果遂の とか言われます。

→「諸善では物足りず」ですか・・・それでは「我が名を称えよ」といわれている御誓いが「諸善」より劣っているようないわれでありますね。
今言われた、「諸善の余興」みたいないわれではないので、今一度ご確認ください。

>自力念仏は仮ではありますが、必ず通る道だと思います。

→おっしゃる通り「自力念仏」は、必ず通る道であります。
 ですが、「諸善」は、必ず通る道ではありません。
 「20→18」であっても、
 「19→20→18」ではないのです。

>親鸞会では念仏称えよとも称えるなとも言いません。お礼の気持ちで称えよとは言ってました。称えたらの「たらの心」がいけないと言います。

→今しがた、太字にした箇所自身も、「自らの計らい」ではないでしょうか。山も山さんもいわれている、「ピンクの象を想像しないでください」といって「ピンクの象」を思い描いてしまうのとなにが違うのでしょうか?

 そもそも、親鸞会げは「念仏ないから信心ひとつ」という「念仏なき信心」を推し進めています。私は退会してから3年経ちますが、いまだにこの言葉が心から抜け落ちません。
 「真実の教えを宗とすること」を親鸞とともに800年歩ませていただいておりますが、「念仏ないから」の言葉はもう、何とも申し上げることができません。「このように念仏軽視しているから真宗ではない」とも見ること・考えることもできるのでしょうが、私はそこまでサバサバした性格ではないので・・・申しわけございません。

ご返信、ありがとうございます。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

Re: ルパン様

ご返答頂きありがとうございます。しかし、私の質問していることに答えて頂けず残念です。私は

――――――――――――――――――――
> 方便が必要不可欠であり、方便により自力一杯に求めるしかないから三願転入の教えになります。

こうお答えですが、つまりルパンさんは親鸞会流「三願転入の教え」を肯定する立場ということでよろしいでしょうか?
――――――――――――――――――――

と聞きました。「よろしい」「よろしくない」で結構ですので、まずはそれをお答え下さい。

ちなみに親鸞会流「三願転入の教え」とは、18願の世界に転入するために19願・20願の道程を通れということです。つまり、他力の信心を獲るために、19願の修諸功徳の善、20願の植諸徳本の念仏という行を実践せよということです。特に親鸞会では19願を勧め、『観経』顕説の定散二善と合わせて「善の勧め」を主張しています。

ルパンさんは親鸞会流「三願転入の教え」を肯定する立場ということでよろしいでしょうか? よろしくないなら、どのようによろしくないのか、理由を添えてお答え下さい。よろしくお願いいたします。


それと、火星人(金星人)は真宗教義は勿論、親鸞会教義にも外れた独自の火星教教義を、自分の体験と聞いてきた親鸞会教義に基づいて正しいと主張して曲げなかったのであのようなコメントの応酬になっただけです。あれで浄土真宗だと言われても困ったものです。ルパンさんは火星人とは違うということなので、そのようなことはないかと思いますが、火星人と同じようなルートを辿った場合はかつての「さよなら親鸞会」や当ブログのように叩かれることを予想しておいて下さい。あくまで自分の体験ではなく、聖教の根拠に基づいて議論を勧めていきますのでその点ご了承下さい。

なお、ルパンさんは

> また、あの人の信心はどうだなどと言ってはいけないと言われています。その人と阿弥陀様の仏縁を他人がどうのと言う事は弥陀の上に立っている事になるからダメだと言われました。

と仰っていますが、誰がそんなことを言っているのでしょうか。高森会長でしょうか? 高森会長は本願寺の門主を始め、僧侶たちを一括して「無安心無信心」だとボロクソに非難していますし、暗に華光会を指して「土蔵秘事とそれに類する者達」と他人の信心をどうこう言っています。ぜひとも誰が言っているのか教えて頂ければと思います。

ルパンさんへ

何言ってるかわかりませんでしたか。念仏軽視の親鸞会に毒されていないか?ということです。他力の念仏称えておるならば、創価学会がいいそうな、念仏唱えて待ってろ、死神が迎えに来るからな。とは未信の同行にも言わない言葉です。軽視しているからいえること。またその言葉で信心を判定していると言ったのは、「怖れるのは自力念仏の証拠」とあなたの言ってることではないですか?忘れてますか?矛盾してますよね。また、自力で怖れるの反対は、他力なら怖れないということになり、自分の心のありようで判定していると言えます。それも自力だと気付いてないのですか?そしてこの論理展開は、さよなら親鸞会、真偽検証と渡り歩いた火星人と同じ展開だということです。別人と言ってますけどね(笑)忘れっぽいからしかないかな。しかしちょっとつつくだけでボロボロと化けの皮が剥がれますね。Abcさんと淳心房さんに早速言われてますね。ルパンさんも浄土真宗の看板を外して火星教団なら受け入れてくれると思います。

淳心房さま

淳心房さんは、親鸞会流三願転入を行学的にとらえて、組織拡大に利用しているととらえている様ですが、その様な事は当然肯定しておりません。
では何故に三願転入の教えだ。方便の道だと言ったかというと心の状態がその様に移り変わるからです。
仏教は方便の教え「聖道門の教え」が殆どであり、後生の一大事に始まりその解決に終わる教えだと言われます。その方法が法華経や華厳経の様な自力聖道仏教であり、煩悩を無くそうと修行します。
それは無理な事であり、浄土門の教えに導かれます。本願を聞いても自惚れ強く自力を頼りにします。先ず、曽無一善は人事だと思っています。続けて本願を聴聞すると善が出来ない自己が知らされてきます。これではダメだと思います。
善が出来なければ功徳のある念仏を重視します。念仏により往生を願う様になります。ABCさんの指摘の様に、自分の善の足しというのは、自分の善は役に立たないので優れた念仏をあてにするという意味です。自分の善の足しと言ったのは、自分は救われる善人様だという心で念仏を唱えているからであります。
次に念仏称えている心が信罪福心からだと気づきます。因果を信じて良い結果を求めて念仏称えている心です。雑念の籠った雑種の念仏です。
まあこの様に心が変化していくと思います。その変化は阿弥陀仏の必ず助けるという本願力に導かれての事なので三願転入だと答えました。
自力行学としての三願転入については肯定できません。
阿弥陀仏のお導きとして三願転入の教えだと思います。仮から真への導きです。
人の信心をとやかく言ってはいけないは、担当講師から言われました。体験談もいけないと言ってました。歴代の善知識で体験談を語った人はいないとか言ってました。妙好人はどうでしょうか?      長くなりました。

チョウビさま

答えになるか分かりませんが、30年間親鸞会で聴聞してますが、念仏を積極的に称えなさいといった話は一度も聞いた事がありません。軽視した話も聞いた事がありません。信心決定、卒業、決勝点があるという話は必ず聞きます。
聞き間違いで念仏を軽視して脅してきたのであればとんでもない話だと思います。念仏称えている人を無間地獄に堕ちる行だと言った日蓮と同じだと思います。魔界外道も障碍する事なしは、死神(死の縁)を怖がらなくなる事ではなく、
死も障りとならなくなるという意味です。信心を獲ていても死にたくないという心は変わりません。
かといって、念仏称えているから大丈夫だという信心の無い念仏だけでは極楽往生はできません。化土の往生でいいと思う心も間違いだと思います。他力の信心を獲て念仏するのが正行だと思います。 この様に私は思いますがいかがですか?

Re:ルパンさん

こんばんわ、Abcです。

>善が出来なければ功徳のある念仏を重視します。
>念仏により往生を願う様になります。
>ABCさんの指摘の様に、自分の善の足しというのは、自分の善は役に立たないので優れた念仏をあてにするという意味です。
>自分の善の足しと言ったのは、自分は救われる善人様だという心で念仏を唱えているからであります。

→ルパンさんは、「自分の善の足し」を「自分は救われる善人様だという心で念仏を唱えている」と釈されておりますが、「念仏」はもとより「悪人のための法」でありますから、「善人」がどうこうという話ではないことは『正信偈』にてご覧になることが出来ます。ただ、仰られるようば、傲慢さにて称える念仏は、まごうことなき「自力の念仏」でありますから、化土であります。

>仏教は方便の教え「聖道門の教え」が殆どであり、後生の一大事に始まりその解決に終わる教えだと言われます。その方法が『法華経』や『華厳経』の様な自力聖道仏教であり、煩悩を無くそうと修行します。
それは無理な事であり、浄土門の教えに導かれます。本願を聞いても自惚れ強く自力を頼りにします。

→今の文面ですと、「最初から19願のすすめなどない」となりますから、
「20→18」という二願転入でありましょう。(そもそも、私もここまで執拗に「二願転入」と説くのも如何かとは自分でも思いますが、)

>念仏を積極的に称えなさいといった話は一度も聞いた事がありません。

→それはそうでしょう。高森さんは、「念仏ないから信心ひとつ」といい念仏をあまりご説明なされていないのですから。その「ご説明なされていない」ということが、蓮如上人の「南無阿弥陀仏の六つの字の心」を「ご説明なされていない」ということであり、引いては「自信教人信(われも信じ、人にも教え聞かしむるばかりなり)」ということに、なっているのですから。それでいて「浄土真宗」と申し上げるのは、如何かと申されているのです。「浄土真宗」の肩書は、「本願寺」のみが用いる肩書でありますから、その本願寺を「いますぐにでも爆沈すべき」などと言われている高森さんが使う肩書ではないということであります。
 なお、私の「高田派」は「大谷派」などは、「真宗」と申しております。

>軽視した話も聞いた事がありません。

→「念仏ないから信心ひとつ」、これがその論拠です。

>信心決定、卒業、決勝点があるという話は必ず聞きます。

→仮に、「決勝点」があっても、「そこに行かずワシの言う「絶対の幸福」という場所に来い!」と言われ(行っている)のが、「親鸞会」です。ルパンさんには、まことに心苦しいとは思いますが、それが事実です。

>聞き間違いで念仏を軽視して脅してきたのであればとんでもない話だと思います。念仏称えている人を無間地獄に堕ちる行だと言った日蓮と同じだと思います。

→「絶対の幸福に生れなければ、無間地獄に堕在する」というのは、今言われた、「念仏称えている人を無間地獄に堕ちる」と同じ意味合いであります。
 ですから、高森さんは、「日蓮のいわれたこと(竪出の行い)に中途半端に浄土の教え(横超の利益)を混ぜたことにより、よくわからないことになっている教え」を親鸞学徒に説いていることとなります。 ですから淳心房さん、チュウビさんは今もこうして「高森会長の言われている文言についての真偽検証」をなされているのですよ。

横槍、もうしわけございません。ですが、このように「文にしたためたくなった性」をどうかご了承ください。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

ルパンさんへ

ルパンさんの言われることは高森先生をもりたてる為にうまく真宗に擦り寄せようとしたした結果、高森先生の法話と内容が違う別物ですね。多くの脱会者から、そんなことはない!と反発をくう内容ですね。批判点はAbcさんが言われた通りです。
私からは「念仏成仏これ真宗」と親鸞聖人は言われていますけど。なんで高森先生言わないの?念仏ないから信心ひとつと言ってるから、会員は念仏を軽視してますよね。と言いたい。しかし多分この親鸞聖人の言葉は無視されると思います。なぜなら難しい親鸞聖人の言葉をわかりやすく説いてくだされている高森先生が、敢えて取り上げられないのは私たちの求道に差し障りがあるからだ!と教えているからです。なので親鸞聖人の言葉であってもガン無視します。七高僧についても同じで、取り上げないのは私たちの求道の差し障りとなるからです。七高僧七高僧!と言葉上は連呼してますが、中身は聞いたことがないですね。そしてそれについて会員が疑問を持たないのは、先生が言われてないということは私達には必要ないからと脳内変換してます。

Re: ルパン様

> 淳心房さんは、親鸞会流三願転入を行学的にとらえて、組織拡大に利用しているととらえている様ですが、その様な事は当然肯定しておりません。

⇒正直、ルパンさんは親鸞会の説を肯定してるんだか否定してるんだかよく判りません。親鸞会は「三願転入を行学的にとらえて」行の実践を勧めているからです。ルパンさんは、勧められるお布施や勧誘活動などを一切しなくても、親鸞会の説く「三願転入の道」を進んで信心獲得できるとでも仰るつもりなんでしょうか? それでは親鸞会でもありませんよ。


仏教に様々な教えがあるのは、対機説法だからです。悪人には最初から念仏です。釈尊は臨終のお父さんに最初から他力念仏を勧められています。

『飛雲』「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い1
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-bc30.html

『観無量寿経』の下品にも同様に最初から念仏です。心の変化としての三願転入も、誰しも通る道ではありません。

また、念仏だけではなく諸善が説かれているのは、念仏が諸善に勝れていることを顕すためだとも法然聖人は仰せです。そして法然聖人は諸善を捨てて念仏一行を専らにせよと専修念仏を説かれました。

もし我々が万人共通に、今生において三願転入しなければ救われないというなら、19願を勧めた聖教の言葉を提示して下さい。


担当講師が言ったのですね。では、担当講師は当ブログのような親鸞会批判サイトを見ろと言っていましたか? 担当講師の言葉を都合の良いところは信じたり、悪いところは信じず従わなかったりでは、その教えを信じているとは言えませんよ。

それと、話が体験談にすり替わっています。今は、「人の信心をとやかく言ってはいけない」ということです。それに対して高森会長は前述のように人の信心をとやかく言ってきました。『歎異抄』の作者も、信心異なることがないようにと思って書いたと言い、その中で法然聖人は信心が異なる人は法然の往く浄土には参れないと「人の信心をとやかく」言っています。蓮如上人も「我が信心は、人の信心はいかがあるらんという信心沙汰をすべき」と仰せられています。ですから、ここでは親鸞聖人と異なる教えを説く人の信心をとやかく言っていきますので、ルパンさんも書き込まれる以上はそのつもりでご承知おき下さい。

No title

色々と多くて何に答えてよいやら分からなくなりました。
自力念仏と他力念仏の違いは、実機が悪人なのか善人なのかで分かれますか?善人様は称えた念仏により往生できると信じて称えます。
行学的な三願転入を親鸞会は言うのも確かにその通りだと思います。最近は了顕戦とか言ってますし、教学と行学が両輪だとか言ってました。言われる通りに従って行学した結果、三願転入の教えだと語りましたので、淳心房さんの言われる通りだと思います。しかし、私はそれにより移り変わった心の変化を述べたかっただけです。親鸞会的な立場で語るに相違はありません。なので、チュウビさんの言われる様に、ここでは袋叩きになるコメントしか出来ないと思います。
他にも色々とありますが、論点が混乱してしまいました。
この過去のコメント欄は見直すのに苦労しますので、最新のコメント欄で分かる範囲で答えたいと思います。

Re: ルパン様

> 自力念仏と他力念仏の違いは、実機が悪人なのか善人なのかで分かれますか?

⇒違います。本願を信じるか、疑うかで分かれます。信じるといっても我々が使っている「信じる」ではなく、本願に対して疑いないことを「信じる」と言うので注意して下さい。


さて、それで三願転入の教えが正しいと言うならば、19願を勧めている根拠を聖教の上で示して下さい。貴方の理屈は結構なので、根拠の提示をお願いします。根拠を提示せずに自説を展開するのみならば、仰る通り袋叩きに遭うやも知れません。きちんと聖教の根拠を示し、「親鸞聖人はこう仰っているから三願転入の教えが正しい」と証明して下さい。

善の勧め

疑情が晴れたかどうかという事ですね。仰る通りだと思います。
弥陀の本願は、三世諸仏から見捨てられた悪人を救う本願だと御文章にありますよね。邪見驕慢の悪衆生が救われるのは難しいと正信偈にありますよね。
つまり、悪人だと見抜いて立てられた本願だという事になりますよね。
念仏称えて救われると思っている善人様は自惚れており、本願と相違してますよね。救われたいと思って称えるから20願の方便念仏だという事ですよね。
念仏を称える事がいけないとは言ってませんので誤解のないように。
念仏以上の正行はありませんので大いに称えましょう。問題はその称えようとしている心に雑念があるから雑種の念仏だという事ですよね。
19願の諸善を勧めた和讃が沢山あったかと思います。諸善も良い事なので大いに勧められますが、問題は雑毒の善だという事ですよね。その毒の混じった善を静観していく事が大事だという事ですよね。雑毒の善を以て往生を願っても無理ですよね。出来ないからやらないのではなく、やっても出来ないのが真実の善ですよね。善をやればやるほどその事が知らされてきます。見えてきます。仏縁により法鏡に近づいてみた真実の姿です。その真実の自己の姿を静観するのです。善の勧めは仏教の基本ですよね。これを否定する根拠はありませんよね。スタートラインですよね。

Re: ルパン様

そのように親鸞会で仕入れた教えと貴方の考えを混ぜて発言するのみで、聖教の根拠が無いから叩かれることをそろそろ学びましょう。

> 19願の諸善を勧めた和讃が沢山あったかと思います

⇒具体的にどれなのか示して下さい。


> 善の勧めは仏教の基本ですよね。これを否定する根拠はありませんよね。

⇒仏教で教えられる善を雑行だとして廃したから、法然聖人始め門下の方々は聖道諸宗に攻撃されたのです。そろそろ学びましょう。

・わたくしにいはく、この文を見るに、いよいよすべからく雑を捨てて専を修すべし。あに百即百生の専修正行を捨てて、堅く千中無一の雑修雑行を執せんや。行者よくこれを思量せよ。

・諸行を廃して念仏に帰せしめんがためにしかも諸行を説く。

・すでに一向といふ、余を兼ねざること明らけし。すでに先に余行を説くといへども、後に「一向専念」といふ。あきらかに知りぬ、諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ。もししからずは一向の言もつとももつて消しがたきか。

・しかればもろもろの往生を願求せん人、なんぞ無上大利の念仏を廃して、あながちに有上小利の余行を修せんや。

・念仏はこれすでに二百一十億のなかに選取するところの妙行なり。諸行はこれすでに二百一十億のなかに選捨するところの粗行なり。ゆゑに「全非比校也」といふ。また念仏はこれ本願の行なり。諸行はこれ本願にあらず。ゆゑに「全非比校也」といふ。

・まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり。行者知るべし。

・それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。(以上、選択本願念仏集)

このように諸善を廃して念仏一行を専修せよと勧めた根拠は沢山あります。最後の三選の文は「行文類」に引文されています。この法然聖人の教えを承けられた親鸞聖人の教えに、往生・獲信のための善の勧めはありません。


貴方の理屈はいいので、根拠の提示をお願いします。19願を勧められた根拠、諸善を勧めた聖教の根拠です。こうしたコメントの応酬が続くようだと、火星人の二の舞になりますよ。よくご承知おきください。

分かりました

ありがとうございました。
確かに雑毒の諸善を捨てて念仏に帰せという教えの根拠が沢山ありますね。
和讃では、往生極楽の方便の善とならないという事はない。という意味で強力に勧めている歌ではありませんね。最後の真仮廃立が最も重要な極意であり、最も難しい事なので他にも根拠は沢山あるかと思います。
逆に、お布施せよとか人に話して勧めよといった根拠は無いと思います。親鸞会では、お布施や勧誘を勧める旨があるので、淳心房さんが色々と言う理由も理解できました。淳心房さんは真仮廃立が出来て念仏称える念仏者になり、往生極楽が一つに定まったという訳ですね。素晴らしいと思います。
最後の難関である真仮廃立が出来れば諸善は役に立たなかったし必要ないと断言出来るし、善をせよという根拠は見つからない訳ですね。
仏教の一から振り返った時に三願転入の教えだったと気づくかも知れませんが、善から実行しろというものではなさそうですね。

Re: ルパン様

> 和讃では、往生極楽の方便の善とならないという事はない。という意味で強力に勧めている歌ではありませんね。

⇒これは

諸善万行ことごとく
 至心発願せるゆゑに
 往生浄土の方便の
 善とならぬはなかりけり(浄土和讃)

のことでしょうか?

これは、本来この土でさとる聖道行を回向転趣して浄土を願うから往生行として転換させられるということで、19願のこころを教えられたものです。諸善万行をやりなさいと勧めた根拠ではありませんよ。「強力」ではないが婉曲的に勧めている根拠だと誤解しているなら今すぐその考え違いを正した方がよいです。


それで、19願を勧められた根拠は何ですか? 根拠のみお願いします。無いなら無いで決着です。

Abcです (ルパンさんへ)

こんばんわ、Abcです。

>19願の諸善を勧めた和讃が沢山あったかと思います。諸善も良い事なので大いに勧められます

・・・え? 源空(法然)聖人や親鸞は、「19願」を「貶される(劣っている)」とされることがあっても、「諸善を勧めた」ことはないとおもいますが・・・

例としまして、『選択集』と『和讃』から拾い上げます。(青色が18願 赤色が19願と読まれても異論はありません)

『選択集』
 「 の義とは、念仏は修しやすし諸行は修しがたし
このゆゑに『往生礼讃』にいはく、「問ひていはく、なんがゆゑぞ、観をなさしめずしてただちにもつぱら名字を称せしむるは、なんの意かあるや。
答へていはく、すなはち衆生障重く、境は細く心は粗し。識颺り神飛びて、観成就しがたきによるなり。ここをもつて大聖(釈尊)悲憐して、ただちにもつぱら名字を称せよと勧めたまふ。まさしく称名の易きによるがゆゑに、相続してすなはち生ず」と。[以上]

 また『往生要集』(下)に、「問ひていはく、一切の善業おのおの利益あり、おのおの往生を得。なんがゆゑぞただ念仏一門を勧むるや。
 答へていはく、いま念仏を勧むることは、これ余の種々の妙行を遮せんとにはあらず。ただこれ男女・貴賤、行住坐臥を簡ばず、時処諸縁を論ぜず、これを修するに難からず、乃至、臨終に往生を願求するに、その便宜を得たるは念仏にしかざればなり」と。[以上]
 ゆゑに知りぬ、念仏は易きがゆゑ一切に通ず諸行は難きがゆゑ諸機に通ぜず

(乃至)

いはく諸行は廃せんがために説く念仏は立せんがために説く
次の義はすなはちこれ助正のために説く。いはく念仏の正業助けんがため諸行の助業を説く。後の義はすなはちこれのために説く。いはく念仏諸行の二門を説くといへども、念仏をもつて正となし諸行をもつて傍となす。ゆゑに三輩通じてみな念仏といふ。ただしこれらの三義は殿最知りがたし。」

親鸞『高僧和讃』
本師道綽禅師は 聖道万行さしおきて
 唯有浄土一門を 通入すべきみちととく」

親鸞『正像末和讃』
不了仏智のしるしには 如来の諸智疑惑して
 罪福信じ善本を たのめ辺地にとまるなり

 罪福信ずる行者は 仏智の不思議うたがひて
 疑城胎宮にとどまれば 三宝にはなれたてまつる

親鸞『浄土和讃 観経讃』
定散諸機各別の 自力の三心ひるがへし
 如来利他の信心に 通入せんとねがふべし

まずは、論拠を提出させていただきました。
なもあみだ、なもあみだ

Abc

Abcです

連投もうしわけございません、Abcです。

次に『正信偈』(一部『和讃』)に各々対応させます。(赤青は、件の通りです)

難易の義とは、念仏は修しやすし、諸行は修しがたし。
ゆゑに知りぬ、念仏は易きがゆゑに一切に通ず。諸行は難きがゆゑに諸機に通ぜず。

「顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽

「「顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽」といふは、かの龍樹の『十住毘婆沙論』に、念仏をほめたまふ二種の道をたてたまふ。一つには難行道二つには易行道なり。その難行道の修しがたきことをたとふるに、陸地のみちを歩ぶがごとしといへり、易行道の修しやすきことをたとふるに、水のうへを船に乗りてゆくがごとしといへり。」

大聖(釈尊)悲憐して、ただちにもつぱら名字を称せよと勧めたまふ

「如来所以興出世 唯説弥陀本願海
 五濁悪時群生海 応信如来如実言

「「如来所以興出世 唯説弥陀本願海 五濁悪時群生海 応信如来如実言」といふは、釈尊出世の元意は、ただ弥陀の本願を説きましまさんがために世に出でたまへり。五濁悪世界の衆生一向に弥陀の本願を信じたてまつれといへるこころなり。」

すなはちこれ助正のために説く。いはく念仏の正業を助けんがために諸行の助業を説く

ならべて修するをば すなはち雑修となづけたり
 一心をえざるひとなれば 仏恩報ずるこころなし」(『高僧和讃』より)


>親鸞『高僧和讃』
本師道綽禅師は 聖道万行さしおきて
 唯有浄土一門を 通入すべきみちととく

>親鸞『浄土和讃 観経讃』
定散諸機各別の 自力の三心ひるがへし
 如来利他の信心に 通入せんとねがふべし

道綽聖道難証 唯明浄土可通入
 万善自力貶勤修 円満徳号勧専称

「「道綽聖道難証 唯明浄土可通入」といふは、この道綽はもとは涅槃宗の学者なり。曇鸞和尚の面授の弟子にあらず、その時代一百余歳をへだてたり。しかれども并州玄中寺にして曇鸞の碑の文をみて、浄土に帰したまひしゆゑに、かの弟子たり。これまたつひに涅槃の広業をさしおきてひとへに西方の行をひろめたまひき。されば、聖道は難行なり浄土は易行なるがゆゑに、ただ当今の凡夫浄土の一門のみ通入すべきみちなりとをしへたまへり。

 「万善自力貶勤修 円満徳号勧専称」といふは、万善は自力の行なるがゆゑに、末代の機修行することかなひがたしといへり。円満の徳号は他力の行なるがゆゑに、末代の機には相応せりといへるこころなり。」


終わりに

長々と論拠を並べましたが、詮ずる所「万善は自力の行なるがゆゑに、末代の機修行することかなひがたしといへり。円満の徳号は他力の行なるがゆゑに、末代の機には相応せりといへるこころ」であるから、直前の最初、「源空(法然)聖人や親鸞は、「19願」を「貶される(劣っている)」とされることがあっても、「諸善を勧めた」ことはない」となります。ご一読ください。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

Re: Abc様

詳細な解説、ありがとうございます。こうして法然聖人、親鸞聖人が明らかにして下さった選択本願念仏の教えを、真っ向から否定しにかかってくるのが高森顕徹会長と愉快な仲間達です。彼らはワンパターンで

仏教は善の勧めが説かれているのだから、親鸞聖人の教えには善の勧めがある。

等と連呼していますが、聖教に無知な「なんちゃって親鸞学徒」には本当に困ったものです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード