FC2ブログ

親鸞聖人が19願を勧めている根拠は何ですか?

親鸞会の人間が親鸞会流「三願転入の教え」をことごとく論破され、負け犬の遠吠えのように言っているのが

阿弥陀仏の19願と釈尊の説かれた善の勧めは無駄であったと言うのか

という類の言説です。自分は火星人ではないと必死で否定している人物もその一人です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
釈迦の教えは廃悪修善の教えであり、それ以外はありません。そして最後に結論として大無量寿経に導きました。一切経は対機説法だと言いますが、何故45年間弥陀の本願一つを説かなくて善の勧めを説いて来たのですか?釈迦のお弟子さんは弥陀の本願を聞く耳がなかったからですか?おかしいですよね。最初から弥陀の本願と念仏を説き続けていれば、念仏で救われる人も沢山いたし、迷う人も無かった筈ですよね。善を説く必要も無かった筈ですよね。
2019-03-11(21:40) : ルパン
(全文はこちら
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

これについては既に『飛雲』雑行の意味も知らない喜劇の主役に扱われていますので引用します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ならば阿弥陀仏の19願と釈尊の説かれた善の勧めは無駄であったと言うのか

と歴代の善知識方をおろそかに思い、そして謗る謗法の輩がいますので、親鸞聖人はそれに対する答えも用意されているのです。それが先程の化土巻・雑行釈の次にあるお言葉です。

これみな辺地・胎宮・懈慢界の業因なり。ゆゑに極楽に生ずといへども三宝を見たてまつらず。仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざるなり。仮令の誓願(第十九願)まことに由あるかな。仮門の教、欣慕の釈、これいよいよあきらかなり。

雑行(浄土の方便の善、19願、定散二善)に励んでも化土往生しかできないが、そんな雑行を説かれたのは、欣慕のためである、ということです。

同じことを『教行信証』化土巻・隠顕釈に、

しかるに二善・三福は報土の真因にあらず。諸機の三心は自利各別にして、利他の一心にあらず。如来の異の方便、欣慕浄土の善根なり。

と教えられています。
雑行(浄土の方便の善、19願、定散二善)は、欣慕浄土の善根なのです。つまり、浄土を願っていない聖道門の人に、浄土を願わせるためのものである、ということです。

また『三経往生文類』にも、

観経往生といふは、修諸功徳の願(第十九願)により、至心発願のちかひにいりて、万善諸行の自善を回向して、浄土を欣慕せしむるなり。

とやはり同じことを仰っています。

これと以前から紹介している「他の方便なし」というお言葉

『往生要集』

『観経』に、「極重の悪人は、他の方便なし。ただ仏を称念して、極楽に生ずることを得」と。

『高僧和讃』源信讃

極悪深重の衆生は
 他の方便さらになし
 ひとへに弥陀を称してぞ
 浄土にうまるとのべたまふ


『正信偈大意』

「極重悪人唯称仏」といふは、極重の悪人は他の方便なし、ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得よといへる文のこころなり。

は、完全に筋が通るのです。
善人である聖道門の人には、浄土の方便の善である19願、定散二善が欣慕浄土のために必要ですが、極重の悪人には19願、定散二善という方便は必要ないのです。

これらのことは1年前のmixi上の法論でsutybi氏、EMS氏によって説明され、高森会長が一撃でダウンしたものでした。

高森会長は、半世紀の間、無二の善知識を演じてきましたが、すでに幕は下りています。今後は、雑行の意味も知らない喜劇の主役として観客を大いに笑わせて下さい。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

これは今から約8年前の記事ですが、それ以前に既に親鸞会は大敗を喫していることが分かります。どうにも反論できなくなった親鸞会側が、その後mixiのトピックごと削除するという暴挙に出たことは有名な話です。


問題なのは、「釈迦の教えは廃悪修善の教え」であるという、親鸞聖人が方便の教説だと教えられているその教えを私達が実践しなければならないかどうか。ここですね。

もし、親鸞会流「三願転入の教え」が正しくて、それが親鸞聖人の教えだというのなら、親鸞聖人は至るところに19願を勧めているはずです。いや、勧めていなければなりません。そうしなければ、蟻一匹救われないというのですから。しかし、19願を勧めている根拠が無いのなら、それは親鸞聖人の教え、勧めではありません。

それで再三再四「親鸞聖人が19願を勧めている根拠は何ですか?」と尋ねているのですが、一向に的を射た回答を得ることができません。親鸞会で仕入れた知識と自説を主張するばかりで、ようやく答えたのが

願成就文を根拠として三願転入の教えだと言っているのです。

だとかいう珍答です。念仏往生(18願)の機受の極要を教えられた本願成就文

あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。至心に回向せしめたまへり。かの国に生ぜんと願ぜば、すなはち往生を得、不退転に住せん。ただ五逆と誹謗正法とをば除く

のお言葉のどこが19願を勧めているというのか、全くもって意味不明です。後のコメントにあるように、

願成就文→自分がした体験
三願転入→高森会長が勧める行の実践


脳内変換し、「自分がした体験」を根拠に、「高森会長の教えに間違いはなかった!」と言いたいだけなのでしょう。このように高森教と自分の体験が根拠であり、聖教に基づいた議論ができませんから、飛雲さんに相手にされないのは当たり前の当たり前のことです。「逃げられた」のではなく、全く話が通じないので時間の無駄だと判断されただけです。


私も、相手が高森顕徹会長や親鸞会の講師部員であるなら聖教に基づいてトコトン議論したいところですが、所詮は高森教を根拠に自分の体験が正しいと言いたいだけ、高森教は利用しているに過ぎない人物のために時間と労力を使いたくありません。なので、

親鸞聖人が19願を勧めている根拠は何ですか?

の質問に的確な根拠をもって応答して頂けるなら議論は続けます。高森教と自説に固執するのみで、聖教に基づいて議論しないなら火星人と同様に対処しますので、ご承知おき下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

仏教の教えとは

先ず初歩的な事から聞きます。
「浄土を欣慕せしむるなり。」の意味がよく分かりません。
色々と上げてきた御文は、諸善は仮の行であり、報土往生は出来ませんという文であり、全くその通りであります。しかし、諸善はするな、必要ないという文ではありません。むしろ真剣に善に励んできた者に対しての言葉です。

「極重の悪人は他の方便なし、ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得よ」
ここが重要な文です。「極重の悪人」と言ってますが、誰の事だと自惚れている輩にとっては関係ありません。卑下慢の人も同じです。ここでいう方便とは明らかに19願・20願の事を指してます。なので、極重の悪人にとっては方便は必要ないけれど、そうでない人にとっては必要だと言ってます。理解出来ますか?

体験が本願成就文ではなく、成就文によって救われる体験を獲るのです。
三願転入は、弥陀の本願により体験させられ、それを釈尊が一切経を以て説かれて来た要の教えであり、宗教団体の私欲の為の行ではありません。

愚痴と怒りの心で、親鸞聖人の名前を使い、とんでもない曲解をして釈迦一大の法を謗っているのは誰ですか。仏教に帰って法を正しく説いて下さい。
親鸞聖人は、「更に珍しき法を広めず、如来の教法を我も信じて人にも教え聞かしむばかりなり」と言ってます。その三世諸仏は因果の道理と廃悪修善を説いてます。その諸善や因果の道理は必要ないと言っている輩はどういう人達ですか。仏教徒と言えますか。聞き間違ってますよね。親鸞聖人は仏教一つを説いてきました。それも否定するつもりですか。
重要な事はまだまだありますが、次の機会にします。

No title

>その三世諸仏は因果の道理と廃悪修善を説いてます。その諸善や因果の道理は必要ないと言っている輩はどういう人達ですか。仏教徒と言えますか。

と法然上人、親鸞聖人を非難したのが聖道門です。
キミの言っていることは、念仏弾圧の輩と全く同じ主張。
これまで何十回とキミに教えてきたけど、日本語を理解する能力が無いというより明橋医師の患者には理屈何か関係ないんだよね。
火星教の妄想を書いて自己満足しているだけ。

欣慕浄土がわからない

欣慕浄土がわからないのは、親鸞会のなんちゃって19願だからです。そのなんちゃてを突破して18願に行くことはありません。ルパンさんが願ったのは創価学会と同じ絶対の幸福になる為の信心決定を願ったのでしょう。仏教の目的知らずに、こちらを謗法罪とか言うのはおかしな話ですね。
飛雲さんや真偽検証さんのブログに最新の高森会長講演会(法話じゃなくなったのね笑)の内容が出てましたが、高森じいさんも欣慕浄土になったのでしょうか、言い方変えたのですね。違うか、飛雲さんや真偽検証に批判されてか。
まあなんでもよいので、釈尊の根拠を出したけど、じゃあ親鸞聖人が勧めた根拠はまだ出てないよね。二双四重の教判は間違いなんですか?いろんな教判あるのって知ってるの?親鸞聖人はどう教判したのですか、淳心房さんは根拠をあげて解釈したけど間違いと言うなら具体的に根拠あげて解釈してみてくださいよ。

補足です

>>その三世諸仏は因果の道理と廃悪修善を説いてます。その諸善や因果の道理>>は必要ないと言っている輩はどういう人達ですか。仏教徒と言えますか。

>と法然上人、親鸞聖人を非難したのが聖道門です。
>キミの言っていることは、念仏弾圧の輩と全く同じ主張。

http://kondoutomofumi.blog121.fc2.com/blog-entry-215.html
こちらを見てください。
親鸞会ではホームページの興福寺奏状の解説から「第六 浄土に暗き失」をばっさりと切り捨てているわけですが。
ルパン様が知ってか、知らぬかは知りませんが。

園児様へ

>親鸞会ではホームページの興福寺奏状の解説から「第六 浄土に暗き失」をばっさりと切り捨てているわけですが。

私も、親鸞会のホームページなら何度だって覗いておりまして、
興福寺奏状の解説のトコで…
「…あれ?なんだって、《第六浄土に暗き失》ダケ抜けてんだろ!?」
と、いぶかしがってたモノです。

前(さき)のコメントで園児様が貼られたリンク先
からの引文となりますが…

簡単に言えば、
阿弥陀仏の力を信じ、専修念仏だけでどんな者でも往生できると説き、
諸行往生・兼修を否定するのは因果の道理を無視した愚痴の輩である。
となります。

やはり、《専修念仏だけでどんな者でも往生できる》の部分とか、
親鸞会にとってはツゴウとか悪いですもの。

会員のヒト達には《19願のそのまた入り口辺りをずっとずっとウロウロ》
してもらわないと、お布施とか集められないのですから。

ゆえに、《歎異抄をひらく》でも《お布施について書かれている
第18章ダケはバッサリ切り捨て》なんでしょうね。

浄土真宗とは

さて、仏教は廃悪修善の教えですが、親鸞聖人は大無量寿経のみが真実の教えだと明らかにされました。その結論は「一向専念無量寿仏」であり、阿弥陀仏一仏のみに向きなさい。簡単に言うと弥陀のみ称しなさい。「念仏しなさい」となります。邪魔になるのが雑行雑修自力の心、自力を捨てて他力に帰しなさい。浄土真宗の教えは布教使のABCさんが何度も丁寧に書いて下さっている教えそのものであります。他には無いと思います。
そう書くと、なんだ対立してないじゃん。となりますが、その自力を捨てる方法に違いがあります。「深く信じてただ念仏すれば誰でも簡単に往生できる」というのが淳心房さんの捨て方だと察しています。少なくとも飛雲氏はその様に言ってました。雑行雑修自力の心はそう簡単に捨てる事が出来ないから、「易往爾無人」と説かれています。先ず、雑行雑修自力の心、疑情の心がどういう心なのか知らなければ捨てられません。その心は仏縁に遇う事(行学)により浮彫になります。法鏡に近づく事しか観る事が出来ません。
淳心房さんの言う様に、組織拡大や金集めの為にやっていては悪を作るだけで悪果を招くのみです。法鏡に映る自分の姿を諦観していく事です。行った善は往生の役に立つものは一つもありません。その事を自惚れ一杯の心が痛い目にあって体感させられるのです。厳密には捨てるのではなく、阿弥陀仏に見捨てられるのです。弥陀に見捨てられた奴は地獄一定の極悪人であり、他に方便は無く、ただ弥陀の名号を称えるしかありません。そのまま助けるぞという若不生者の弥陀の呼び声を聞いて、聞く一つで疑情が晴れて、本当だった本当だったと念仏者になるのです。その事一つを親鸞聖人は教えられたと思います。

No title

>行った善は往生の役に立つものは一つもありません。その事を自惚れ一杯の心が痛い目にあって体感させられるのです。厳密には捨てるのではなく、阿弥陀仏に見捨てられるのです。弥陀に見捨てられた奴は地獄一定の極悪人であり、他に方便は無く、ただ弥陀の名号を称えるしかありません。そのまま助けるぞという若不生者の弥陀の呼び声を聞いて、聞く一つで疑情が晴れて、本当だった本当だったと念仏者になるのです。その事一つを親鸞聖人は教えられたと思います。

100%火星教であり、親鸞聖人が否定されたことだよ。

ここではカウンセリングは受けられないから、明橋医師に相談したまえ。

No title

>阿弥陀仏に見捨てられるのです。

阿弥陀仏に見捨てられたと言われる善知識の言葉を示して下さい。

もし見捨てるとすれば万物の創造主、天国と地獄を作り出したキリスト教のような神です。
阿弥陀仏が地獄を作り出しましたか?その根拠を示して下さい。
阿弥陀仏の慈悲は永遠に不変です。

>ただ弥陀の名号を称えるしかありません。
本当に見捨てられたとわかったらどうして見捨てた存在(仏)の名号を称えるのですか。
おまえを助けないという仏にどうして用があるのですか?
見捨てられて、助けて欲しいという自力心から称えるのですか?
阿弥陀様と人間は取引の関係にありません。
何がどうなろうが、いつでもどこでも必ず救うと言って下さるのが本当の阿弥陀様です。
貴方の言っている阿弥陀様は偽物です。
見捨てられるなどと言うのは謗法の恐ろしさが全くわかっていない外道の言葉です。このことをなにも知らない人が読んだらどういう気持ちになりますか?
そこまで考えてSNS に投稿していますか?
恐ろしい妄想です。
南無阿弥陀仏

疑心をとどめるための手段は

諸仏称名の願(第十七願)と申し、諸仏咨嗟の願(同)と申し候ふなるは、十方衆生をすすめんためときこえたり。また十方衆生の疑心をとどめん料ときこえて候ふ。『弥陀経』の十方諸仏の証誠のやうにてきこえたり。詮ずるところは、方便の御誓願と信じまゐらせ候ふ。(親鸞聖人御消息)

http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%A6%AA%E9%B8%9E%E8%81%96%E4%BA%BA%E5%BE%A1%E6%B6%88%E6%81%AF#P--776

組織拡大や金集め

ルパン火星人さん。嘘つくのいい加減にしなさいよ。組織拡大や金集めの片棒を担いでたじゃないの。会員宅行って、もっと金出せって訪ねてきたの忘れたのですか?名前だしましょうか?親鸞会辞めるのって親鸞聖人が嫌いになって辞めるより親鸞会の活動についていけないからでしょ。その愚痴や怒りが悪いだなんて、言わせる原因作っていて、無茶苦茶活動させといて良くそれは悪果がくるなんて言えますよね。盗人猛々しいと言うやつです。自分が見えてる、真実の自己がわかったと言ってるやつの正体がこんなやつですわ。

阿弥陀様にも見捨てられたって邪義丸だしだね根拠はどこにありますか?南無阿弥陀仏の意味わかってますか?愚逆も「念仏でもたすからんかった」とか言ってたけど、親鸞会はまことに高森じいさん帰命集団だよな。阿弥陀様より上なのが高森じいさん。更に火星人は高森じいさんの次を狙って火星会館落慶だからね。人は集まってないようだけどね。
毎回ツッコミどころ満載で楽しみにみてますよ。まともに返答出来ないルパンさんだけど、淳心房さんAbcさんの書き込みを、読めるのが有り難いですね。

Re:ルパンさん

こんばんわ、Abcです。

>「浄土を欣慕せしむるなり。」の意味は何でしょうか?

「欣う」と書いて、「ねがう」、即ち「願う」であります。
そのことから、「浄土(にまること)を慕せしむるなり。」とは、
「安楽国(浄土)を願生す」、つまり(天親の)回向文の「願生安楽国」となります。

この「願生安楽国」について、さらに詳しく述べられたものが(善導の)回向文であり、

以施功徳 平等施一切 発菩提心 安楽国」であります。

ここの回向文を見てわかれとは思いますが、「緑色(衆生、機)と青色(弥陀回向)」しかありません。

 もし、ルパンさんが言われているように「廃悪修善」であったならば、「赤色(善行、自力)」が、なければ話が合いません。

>厳密には捨てるのではなく、阿弥陀仏に見捨てられるのです。弥陀に見捨てられた奴は地獄一定の極悪人であり、他に方便は無く、ただ弥陀の名号を称えるしかありません。そのまま助けるぞという若不生者の弥陀の呼び声を聞いて、聞く一つで疑情が晴れて、本当だった本当だったと念仏者になるのです。

??? 「阿弥陀仏に見捨てられ」た者が、「弥陀を聞いて、疑情が晴れる」のですか? よくわかりません。

「弥陀の教え(釈尊の教え)」は、「薬」のたとえでも顕わされます。それを使って説明します。

~~~
1、まず、OOOクリニックに、「調子が悪いから治してほしい」と訪ねに行きます。

2、OOOクリニック院長は、「大きな病院に行って検査していただきなさい」と「紹介状」を書きます。

3、調子が悪い人は、その「紹介状」をもって「大きな病院」を訪ねます。

4、そして「大きな病院」で、検査してもらい 投薬を受けます。

5、調子が悪い人は、家に帰って、処方された薬を服用します。

~~~

1、と2、のOOOクリニック院長は「諸仏」のことであり、「大きな病院」は「阿弥陀様」です。「諸仏示嗟の願」とは、「17願」のことであり、「諸仏称揚の願」ともいわれます。

3、と4、について法然上人は、「それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門閣きて選びて浄土門入るべし
浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。」ともいわれており、

「浄土門」とは「念仏門」「易行門」「弥陀称名門」などともいわれ、「ただもっぱらに弥陀の名を称せよ」という謂れであります。この「称せよ」はたとえの中では「服用せよ」にあたる為、5、も含みます。

まずは、解説まで。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

法鏡とは?

ルパン様

「その心は仏縁に遇う事(行学)により浮彫になります。法鏡に近づく事しか観る事が出来ません。」
「法鏡に映る自分の姿を諦観していく事です。」

この「法鏡」ってなんですか?仏教の用語なんですか?

Abcです

こんばんわ、Abcです。

>雑行雑修自力の心、疑情の心がどういう心なのか知らなければ捨てられません。その心は仏縁に遇う事(行学)により浮彫になります。法鏡に近づく事しか観る事が出来ません。
淳心房さんの言う様に、組織拡大や金集めの為にやっていては悪を作るだけで悪果を招くのみです。法鏡に映る自分の姿を諦観していく事です。行った善は往生の役に立つものは一つもありません。

「浄土真宗」と銘打っておきながら、やはりよくわからないことを並べています。なにが「浄土真宗」なのでしょうか。こんなのでは大谷が相手にしなくなるのもわかる気がします。

雑行雑修自力の心、疑情の心がどういう心なのか知らなければ捨てられません

→あたかも「自らが捨てる前提」みたいになっております。このようなことは言われておりません。

その心仏縁に遇う事(行学)により浮彫になります。

→これは正しいです、二種深信の「機の深信」ですが、「阿弥陀様のご回向」ですので、「他力回向(南無阿弥陀仏)の利益」であります。

法鏡近づく事しか観る事が出来ません

→「名号の鏡」としましたら、「法鏡」とはいえますが、「近づいて確認する」という自力の行いが含まれていますから、「横出の機」です。その先は「化土」です。

法鏡映る自分の姿を諦観していく事です。行った善のうち往生の役に立つもの一つもありません [!!この文は、矛盾しています!!]

→単語をそろえるなら、「法鏡に映る自分の姿を諦観していく事ですが、法鏡に映る自分の姿を諦観していく事は往生の役に立つものの一つではありません」ですね。 「Aであるが、Aではない」ほど「矛盾した文」はありません。

>その事を自惚れ一杯の心が痛い目にあって体感させられるのです。

これは、律宗や天台宗、仏心宗(禅宗)などで言われていることであります。「浄土真宗(真宗)」ではありません。

最後に
 やはり、ルパンさんは何が言いたいのか(何を質問されたいのか)がわかりません。翻訳できる方は、Abcにお教えください。

Abc

Abcさんへ 園児さんへ

「仏縁に遇うこと(行学)」 そのとおりです。と書かれてますが、親鸞会で行学という言い方は曲者です。普通、行学なら「行を修するのと教えを学ぶ」ことですが、親鸞会では教学と行学という2つに分けた言い方をします。意味は教学は教え(短冊聖典)を学ぶこと、行学は高森の行(破邪顕正、勧誘、お布施)を実践して学んで自らわかることです。よく言う例えが、小さな子供が、僕は幼稚園で一番の力持ちだからお母さんの荷物も持てるよ。こんな重たいものあんた持てるわけ無いだろ!と持たせないのはダメ親で、そうかじゃあ持ってみて!と実際やらせて持てないなあ、と子供にわからせる。という話をしますね。
そうか〜、まず行学して実践してわかることが大事なんだな〜。できないって最初から思ったら駄目なんだ〜卑下慢なんだって。
これって最初から出来ないよ!って言う子はまるっと無視した一方的な例えですね。明らかに出来ない参詣目標、顕正目標、財施目標を、与えられるのも高森じいさんの親心なんです。結果、銀行強盗したり(火星人)、ドロボーしたり、大借金して財施したり、無理矢理騙して参詣させて数こなしたりと、超ブラックですね。しかもバレたら先生は、そんなことやれとは言ってない、お前が勝手にやっただけだろ!と幹部から言われ見捨てられます。(火星人くんは、このことを、会長にも見捨てられてと、言ってるのではないかとw)
そしてそれで道が進むと見えて来るのが法の鏡に映った真実の自己の姿なんです。縦の線のところで見えるそうです。火星人は見えました。彼にいわせるとここにいる私達は行学してないから法の鏡に映る自分が見えてるわけないのに、信心決定したと言ってるから大嘘つきだ。という理屈ですね。お分かりの通りこの話には阿弥陀様が出てくる必然性が全くないのです。阿弥陀様抜きにして本願まことと知らされたと、嘘も大概にせーよと思います。出てくるのは高森じいさんの話だけで、じいさんの意にそえるかそえないかですね。火星人は銀行強盗失敗までして頑張ったけど、そえずに苦しんでその時に声がはっきりとそのままだぞと子供の声で聞こえたのでした。でどっきりビックリ!したから大驚喜心なんですよ(笑)ちなみに銀行強盗成功してお布施してたら大幹部でしたね。お金さえ作ってくれたらどんな金でも良いのですよ、じいさんはね。漫画カイジの帝愛の兵頭会長と同じですよ。

園児さん。三枚の鏡の話はどこから来たのか知りませんが、自分鏡、他人鏡、法鏡。法鏡に映る自分をみなさいと言う話ですね。汝らに法鏡を授けると釈尊が涅槃経で言われたそうです。そもそも仏願の生起本末を説かないのだから、法鏡ではなくて、いっても高森鏡ですよね。

ABCさま

親鸞会では教えてもらえない浄土真宗の教義を分かりやすく丁寧に教えて頂きありがとうございます。
根拠ですが、「願成就一実円満の真教真宗これなり」教行信証
願成就文が根拠になっています。願生彼国という意味ですか。
成就文に自力(赤字)の入る余地はありません。
???唯除五逆誹謗正法の唯除が私であり、願生彼国の一念で即得往生住不退転に救われ大慶喜心が起こります。助かる縁が無い、と堕ちるのと、必ず助ける本願だ、は一念同時なので矛盾しているようで矛盾してません。二種深信が同時に立つとも言われます。堕ちるままが救われるとか。
自力を捨てる
その捨てようとする心も自力であり、自力で自力を捨てようとする。自力しか無い奴は自力でしか求める事が出来ません。なので方便しかありません。
照らし出された自己を確認するというよりも、一枚づつ邪見驕慢の心をむしり取られて、最後に唯除と切り殺されるのみです。なので全ては弥陀の一人働き、回向なのです。自力しか無い奴の為に用意されたのが、方便の願だという事です。方便だから必要ないというものではなく、必要だから方便があるという事です。三願転入は阿弥陀仏の仕組まれた功名な手法だと認知いています。

No title

ここに登場する人がどこの誰なのか全く面識がありませんし、一緒に回った覚えもありません。濡れ衣です。
回ったと言えば、白道戦というのがあり、その日暮らしでキャッシュバックを食事代にしていた時がありました。目的はお金でしたが、仏縁のある人に出会った時に真実の仏教を聞いて下さいと心に無い心に驚きました。それは自分の心に訴えかけている弥陀の仏心としか考えられませんでした。その様な関わりが仏縁であり、調熟の光明を強く感じさせられました。お金の問題ではなかったです。
チュウビさんも目標達成の為だと活動しているのに、その様に感じた事があるかと思います。善を行えば、雑毒の善に満ち溢れ、真実の善は一つも無い。かえって恨みツラミの悪業になる。曽無一善である。
逆法も仏縁になるので、決して無駄な事をしてきたのではないと断言できます。親鸞会を恨む心を冷静に観て下さい。行った善や悪により救われる事は絶対に無いです。因果の道理は歴然として微塵の狂いもありません。園児さんのコメントをその様に解読しました。
聞其名号の聞くは善知識からではなく、弥陀の本願を直に聞くのです。善知識は念仏を称えなさいと言いますが、弥陀は我を信じよ、念仏称えさせるぞ、と言うと阿部先生の話を受け止めました。
親鸞会に対する恨みツラミは淳心房さんよりもチュウビさんの方が凄まじいと思います。それだけ早く救われるという事だと理解して下さい。まるで弁円ですね。

ルパンさんへ

いちいち反応してくれまして有り難うございます。私よりもAbcさんや淳心房さんに根拠提示しながら講釈してもらいたいですね。
 組織拡大や金集めをしていない、そんなことしたら悪果がくるなんてと言ってて、すぐに白道戦のような組織拡大金集めをした話をするわけですね。矛盾してますね。でそれが19願の行学なんでしょ。あなた解釈は火星人の頃から変わってませんが、親鸞聖人のご著書に根拠があるのか?という話を火星人の頃からしてます。
論点ずらして、私が親鸞会対して(どっちかというと漠然とした親鸞会全体よりも今は根拠をあげない火星人くんに感じますよ)恨みつらみの塊になっていても、救われるための逆縁ですとか、冷静に自己を見つめろとか、自分の教えが正しいとみてるようですが、高森教を信心したら高森教の信心になるだけです。ものみの塔が一軒一軒まわるもエホバの信心の為です。同じ理屈で同じ自分で作り上げた信心です。阿弥陀様の本願を聞信するということとは違いますよ。
 あと親鸞会の組織拡大方法やお金集めの方法は世間的に見ても悪ですよ。私個人の愚痴妬み嫉みのレベルでなくて社会を構成してる法人として親鸞会どうなのよ。その上で組織も悪いけど、もともとの親玉の高森じいさんの教えそのものが浄土真宗といってるけど違うでしょ。高森教でしょ。と言う話をしています。組織が悪いだけなら、その頃はまだ高森先生とお呼びしていたので先生の教えは正しいからと所属してましたけど、じいさんそのものが親鸞聖人の教えを捻じ曲げていた悪玉だとわかったので退会したのですよ。熱狂していたらわかりませんでした。冷静になったらどう考えても、間違いだとわかりますよ。今は恥じてますね。ルパンさんの珍説は要らないので、根拠の提示を再三言ってます。

Re: ルパン様

> 「浄土を欣慕せしむるなり。」の意味がよく分かりません。

⇒阿弥陀仏の浄土を慕い欣(願)わせるということです。誰に願わせるかというと、浄土を慕い欣(願)ったことのない、この土でさとりを開こうとしている聖道門の人々にです。既に浄土門に入っている人は浄土を慕い欣(願)っているわけですから、今更浄土を慕い欣(願)わせる必要ありません。

親鸞聖人の教えによって、第18願が真実の願であると知らせて頂き、その本願の行信を頂いて真実報土へ往生しようと思っている人は、今更19願を聞く必要も、19願を通る(実践する)必要もないのです。

それについては

”三願転入の教え”の誤り1
http://blog.livedoor.jp/sutybi/archives/515409.html

”三願転入の教え”の誤り2
http://blog.livedoor.jp/sutybi/archives/1004822.html

等で詳しく述べられていますので参照して下さい。今は簡単に根拠を示すと、

> これは親鸞聖人独自の解釈ではなく、法然上人の『西方指南抄』(親鸞聖人御真筆)には

> 第十九の願は、諸行之人を引入して、念仏の願に帰せしむと也。

> とあります。聖道門の人を18願に帰せしめるための願と仰っています。

とある通りです。


それで、別に欣慕浄土ということが判らなくても19願を勧めている根拠があるならば出せるはずですよ。いい加減に示して下さい。本願成就文は根拠になりません。19願の善をせよとか、そういったことは全く説かれていないからです。ルパンさんの読解力を疑ってしまいます。

高森教に貴方の考えを混ぜた創作教義を聞き続けるのもいささか飽きました。次で根拠を示さない場合は、コメントを拒否する設定にします。きちんと返答して下さい。

Re:ルパンさん

こんばんわ、Abcです。

淳心房さんの返答を見るに、わたしがルパンさんに返事を返すのは、これが最後になりそうです。

>根拠ですが、「願成就一実円満の真教真宗これなり」教行信証
>願成就文が根拠になっています。願生彼国という意味ですか。

「願成就一実円満の真教」とは、18願のことであります。

いま、淳心房さんが問われていることは、
「親鸞聖人が19願を勧めている根拠は何ですか?」であります。

よろしくお願いします。
Abc

Re:淳心房さん

こんばんわ、Abcです。

やきもきしながらのコメント、お疲れ様せす。

ルパンさんは、私へあてたコメントにて、
>成就文に自力(赤字)の入る余地はありません。 (ルパンさん)

と申し上げており、「自力(赤字)の入る余地はない」としたならば、命題の
親鸞聖人が19願を勧めている根拠は何ですか?
は「ない」はずですが、彼はそのようには言われません。

また、
>なので全ては弥陀の一人働き、回向なのです。自力しか無い奴の為に用意されたのが、方便の願だという事です。方便だから必要ないというものではなく、必要だから方便があるという事です。三願転入は阿弥陀仏の仕組まれた功名な手法だと認知いています。

と言われていますが、どうやら「善巧方便」と「権仮方便」についても知らないようです。このうち、

方便だから必要ないというものではなく、必要だから方便があるという事です。」という言葉は、

源空(法然)聖人『選択集』下文 引用
 善導禅師『法事讃(下)』
「世尊法を説きたまふこと、時まさに了りなんとして、慇懃に弥陀の名を付属したまふ。五濁増の時は多く疑謗し、道俗あひ嫌ひて聞くことを用ゐず。修行することあるを見ては瞋毒を起し、方便破壊して競ひて怨を生ず。かくのごとき生盲闡提の輩は、頓教を毀滅して永く沈淪す。大地微塵劫を超過すとも、いまだ三塗の身を離るることを得べからず。大衆同心にみな、あらゆる破法罪の因縁を懺悔せよ。衆等、心を回して浄土に生ぜんとして、手に香華を執りてつねに供養したてまつれ。」

の教文に反っていることこそ「まさに知るべし」であります。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

救われるための条件とは親鸞会に対する罪悪感の深まったことでした(笑)

ルパンさんへ、追加です。親鸞会や、高森先生に対する恨みつらみ愚痴怒りのチュウビに、冷静になれ、そのこころを見つめろ!と、お諭しでありました。あゝ懐かしくも会員だった時には組織活動に対しての愚痴が出ると先輩たちがそのように言ってくれたものです。私は反省して光に向かうぞ!と決意新たに頑張ったものでした……
しかし今本願を聞信してる身としては、あらあらあら、ルパンさんの自己を見つめろというのは、親鸞会や高森じいさんに向かっての反省、懺悔、罪悪感だったのでした…さて、善知識に向かうのでないとは彼が言った言葉ですが、結局向かわせてますね。多少、組織やじいさんに対して罪悪感が出たところで、阿弥陀様のお助けとは関係ないのでした。欣慕浄土がわからないというのは、まさに高森じいさんが阿弥陀様に向けと教えてなくて、ワシや会に対して懺悔反省罪悪感持てよ、そうなれば会から離れられなくなるからなワハハ、というお諭しなのでした。はい、高森じいさんが真宗ではない高森教ということが、ルパンさんの言葉からも引き出せましたね。まあ火星人も言ってたことだから一年たっても真宗を何も聞いてないということですね。高森教ひいては火星教団の布教頑張ってください。ところで高森じいさんや親鸞会に対しての罪悪深まってないのですか?会内で未だ救われてない人になんで言わないの?救おうとか思わないの?黙って火星教団作っていて先生に悪いなとか申し訳ないなとか思わないの?人には愚痴だ怒りだと言うくせに背信行為してるでしょ?名前出して講師に通報してみましょうか?親鸞会のお取り調べは無慈悲だからキツイよ。
早く淳心房さんAbcさんに対しての返信して親鸞聖人の根拠を示して下さい。

Re: Abc様

いつもコメントを頂きありがとうございます。

> どうやら「善巧方便」と「権仮方便」についても知らないようです。

⇒仰る通りで、親鸞会の会員は間違った方便観を持っているため、方便と聞けば「我々を真実に近づけ、真実を体得させるに絶対必要なもの」と思い込んでいます。お示しの法然聖人のお言葉を釈されたと思われる和讃

「如来の遺教を疑謗し
 方便破壊せんものは
 弓削の守屋と思うべし
 親しみ近づくことなかれ」

についても、

釈迦一代の教え(廃悪修善の教えのことでしょう)を疑謗し、仏教を破壊する者は、聖徳太子を疑謗破滅した仏敵、物部守屋と思って間違いない、決して近づいてはならない

という意味で用いています。

顕正新聞11月1日号にある「方便破壊」は、「方便を破壊」ではなく「種々の手段(方便)で破壊する」こと
https://shinrankaidakkai.hatenablog.com/entry/2012/11/01/040953

我々には他の方便は更になく、ひとえに弥陀を称して浄土に生まれるのみなのですが、高森信心が篤い方々は受け容れられないようです。根拠を示さず、高森教の机上の空論、救済の予定概念ばかり書き連ねているのはそのためです。

「濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。」と聖人が仰せの通りであります。

感想

http://blog.livedoor.jp/sutybi/archives/515409.htmlを少し読ませて頂きましたが、本当に知らない御文を色々と書き並べて頂き勉強になりました。また、ABCさん指摘の通り、願成就文は18願の事であり、18願の願成就が基となり19願・20願の方便があると言いたかったのですが、とても理解して頂けそうにないですね。
で、話を戻します。
19願は書いてあるとおり、聖道門の機を浄土門に導く為の方便だと思います。淳心房さんやABCさんは最初から浄土門の機なので二願転入でいいのではと思います。私は親鸞会で弥陀の本願を何度聞いても聖道門の機であり、疑いの心しかありませんでした。聞いても聞いても疑いの心しかありませんでした。聴聞するという行為が最高の仏縁となり、真実へと導かれましたので三願転入だと認識しています。
では、別の根拠は御文章を読んで下さい。至る所に宿善まかせ、宿善が肝要、宿善宿善宿善・・と書かれてあり、宿善開発の機とも書かれています。宿善と聞くと善の様に思いますが、仏縁の事だと認識します。なぜならば、最後に自分は無宿善だと思い知らされたからです。
親鸞会では、宿善を求めよと何度も何度も耳が痛い程に言います。厚くする方法が1.聴聞2.勤行3.六度万行です。この行為は一向専念無量寿仏を自力一杯に行う行為であり、自力念仏に等しい行為だと認識しています。この道が即ち三願転入の道だと言いたいのです。一向専念無量寿仏を心にかけずに金集め人集めに走り回っていたのでは、淳心房さんの言う様に親鸞会の奴隷でありとんでもない聞き間違いですね。
あと、「三願転入だから聖道門の諸善から行え」と高森先生が言ったと言ってますが、私はその様に聞いた事がありません。ビデオ聴聞でも聞いた事がありません。書物「なぜ生きる2」にも見た事がありません。淳心房さんの早合点、聞き間違い、忖度かと思うのですが、何か根拠をお願いします。
ちなみに私は親鸞会の為に活動した事は一度もありません。親鸞会の為に動くのは毛頭御免です。宗教団体が大嫌いな輩です。活動したくなかったので「会員だけど青年部には入りません」と拒絶していた時もありました。チュウビさんが親鸞会の為に活動していたのであれば、親鸞会が大嫌いになり、高森先生を恨むのは当然の事だと思います。辞めるのも当然の事だと思います。

No title

> 1.聴聞2.勤行3.六度万行です。この行為は一向専念無量寿仏を自力一杯に行う行為であり、自力念仏に等しい行為だと認識しています。

親鸞聖人の認識とまったく違う。
教行信証のどこにそんなことが書いてあるのやら。

お知らせ

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-1271.html

の記事でも示しましたが、昨日の通告にも関わらずルパンさんは根拠を示さなかったため、彼からのコメントを拒否する設定にしました。高森教を混ぜた自説に執着し、根拠に基づいた議論をする気がなく、こちらの話を受け容れる気もない人とのやり取りはしませんので、皆様にもご報告いたします。

なお、2019-03-14(10:37)の名無しさんの仰る通りで、親鸞会の宿善厚くする教えが19願を勧められた根拠にはなりません。根拠は『教学聖典』とは片腹痛いです。あんなもの、会長が勝手に名付けただけで『聖典』でも何でもない短冊です。私が求めているのはあくまで「聖教の根拠」ですからお間違いなく。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード