FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについて(18)

本日は道綽禅師について見ていきますが、まずは道綽禅師の本願観について伺っておきましょう。『安楽集』聖浄二門判には

このゆゑに『大経』にのたまはく、「もし衆生ありて、たとひ一生悪を造れども、命終の時に臨みて、十念相続してわが名字を称せんに、もし生ぜずは正覚を取らじ」と。

と教えられています。これは道綽禅師が、『大経』の第十八願の文意と『観経』下下品の文意とを合わせられた本願取意の文です。ここでは、「十念相続してわが名字を称せんに」と、往生の条件として念仏を指定されています。それゆえ、この後には

たとひ一形悪を造れども、ただよく意を繋けて専精につねによく念仏すれば、一切の諸障自然に消除して、さだめて往生を得。

とも仰っています。親鸞聖人はその心を道綽讃

一形悪をつくれども
 専精にこころをかけしめて
 つねに念仏せしむれば
 諸障自然にのぞこりぬ

縦令一生造悪の
 衆生引接のためにとて
 称我名字と願じつつ
 若不生者とちかひたり


と教えられています。ここの

称我名字と願じつつ

を親鸞聖人が

わが名を称へよと願じたまへり

と左訓されていることは以前に紹介した通りです。

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っている

と道綽禅師も親鸞聖人も解釈されていることは明らかです。


それでは、道綽禅師の「念仏の一行」の勧めを伺います。今回は

『飛雲』「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い5

より一部引用します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
『正信偈』の道綽禅師の

道綽、聖道の証し難きことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす

を蓮如上人は『正信偈大意』では

この道綽はもとは涅槃宗の学者なり。曇鸞和尚の面授の弟子にあらず、その時代一百余歳をへだてたり。しかれども并州玄中寺にして曇鸞の碑の文をみて、浄土に帰したまひしゆゑに、かの弟子たり。これまたつひに涅槃の広業をさしおきて、ひとへに西方の行をひろめたまひき。されば、聖道は難行なり、浄土は易行なるがゆゑに、ただ当今の凡夫は浄土の一門のみ通入すべきみちなりとをしへたまへり。

と教えられました。
道綽禅師が教えひろめられたことは「ひとへに西方の行をひろめたまひき」です。「西方の行」です。もちろん念仏という「」のことです。信心をひろめられたという言い方はされていません。

この後

万善の自力、勤修を貶す。円満の徳号、専称を勧む。

については、

万善は自力の行なるがゆゑに、末代の機、修行することかなひがたしといへり。円満の徳号は他力の行なるがゆゑに、末代の機には相応せりといへるこころなり。

です。
ここでも「他力の行」ですから念仏という「」です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

蓮如上人は、このように念仏という「」を勧められた道綽禅師の教えを「信じたてまつるべきものなり」と教えられています。


私達は、わが名を称へよと願じたもう阿弥陀仏の仰せを仰せのままに受け容れて、その通りにお念仏を申してひとえに後生を阿弥陀仏におまかせするばかりです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード