FC2ブログ

【考察】選択本願の行信について(4)

真実教である『大無量寿経』には、

如来無蓋の大悲をもつて三界を矜哀したまふ。世に出興するゆゑは、道教を光闡して、群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲してなり。『大無量寿経』(「教文類」引文)

と説かれています。この「真実の利」とは

「真実之利」と申すは、弥陀の誓願を申すなり。『一念多念証文』

とあるように阿弥陀仏の本願であり、それはまた

本願一乗円融無碍真実功徳大宝海

であるとも教えられています。釈尊だけでなく十方世界にまします無量の諸仏方の出世の本懐は、阿弥陀仏の本願を説いて人々にまことの利益を恵み与えるためだったというのです。阿弥陀仏の本願、すなわち阿弥陀仏の願いを説くことが釈尊や諸仏の本懐とすれば、阿弥陀仏が願われていない、仰っていないことを釈尊や諸仏が教えるはずがありません。

そして、「真実功徳」とは

真実功徳と申すは名号なり。

とあるように名号、南無阿弥陀仏のことです。名号は、諸仏の讃嘆を通して私の口に称えられる念仏となって私に響き込んできますから、念仏でもあります。親鸞聖人は『一念多念証文』では「多念の証文」として『大経』発起序の文意を釈されているのですから、名号とはただの法体名号ではなく多念相続の行、浄土真実の行、選択本願の行としての念仏の意があるとみて間違いありません。


親鸞聖人は「教文類」に『大無量寿経』の大意を釈して

この経の大意は、弥陀、誓を超発して、広く法蔵を開きて、凡小を哀れんで選んで功徳の宝を施することを致す。釈迦、世に出興して、道教を光闡して、群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲すなり。

と教えられています。ここで、親鸞聖人は弥陀、釈迦の次第で教えられています。釈尊は阿弥陀仏の第十七願によってこの世に応現し、弥陀の本意を説き明かされたというので、弥陀、釈迦の順序というわけです。

」とは広くいえば四十八願ですが、それが諸仏の悲願に超え勝れているのは、一切の衆生を善悪・賢愚の隔てなく救う第十八願があるからです。ですから、超発された誓いとは、第十八願を指しているというべきです。

その超発された誓いである第十八願において、阿弥陀仏は「広く法蔵を開きて、凡小を哀れんで選んで功徳の宝を施することを致す」と言われています。「功徳の宝」である本願の名号、南無阿弥陀仏を往生の行として選択し、これを施し与えて衆生を救済しようとされたのが第十八願であると分かります。これは他の誰でもない阿弥陀仏ご自身が「選んで」「施することを致」されているのです。


この「真実の利」、「真実功徳」、「功徳の宝」というのは、本願の名号、南無阿弥陀仏という真実功徳を与え、一切の衆生に真実の利益を恵むことを意味していると、親鸞聖人は領解されたのです。それは『無量寿経』の最後に、この経説の全体をまとめて弥勒菩薩に付属(委嘱)される弥勒付属の教説に、

仏、弥勒に語りたまはく、「それかの仏の名号を聞くことを得て、歓喜踊躍して乃至一念せんことあらん。まさに知るべし、この人は大利を得とす。すなはちこれ無上の功徳を具足するなりと。

といわれたものと対照すると明らかです。序文の「真実の利」は、付属に、本願の名号を、わずか一声称えたものも、無上の功徳を具足し、「大利を得る」といわれた「大利」と対応していることがわかります。すなわち『無量寿経』は、阿弥陀仏の本願の名号のいわれを説いて、人々に往生成仏という無上の大利(真実の功徳)を恵むために説かれた経典であるということがわかります。

この弥勒付属の「一念」は行の一念だと法然聖人も親鸞聖人も領解されています。本願の名号は、これをいただいて称える者を確実に往生成仏させる正定業としてのはたらきがあるのです。これに対して信心とは、

「本願の名号は、これをいただいて称える者を確実に往生成仏させる正定業としてのはたらきがある」ということを聞いて、この衆生往生、成仏の道理を疑いなく受けいれている心相

のことです。言い換えれば、

念仏を称えて必ず往生すると信知する

ことです。これは「真実の信心」である「法の深信」です。こうした往生の行信を与えて救うというのが阿弥陀仏の本願であり、その願成就したすがたが南無阿弥陀仏です。


このように往生の行であり信であるような本願の名号をご自身が選択し、「名号を称える者を極楽へ迎えよう」と大悲を込めて私達に恵み与えようとしておいでなのが阿弥陀仏でした。その名号を与えるために第十七願をお建てになって、十方諸仏をして讃嘆し証誠させるという巧妙な方法をとられたところに阿弥陀仏の大悲摂化の具体化があるのです。

釈尊や諸仏は阿弥陀仏の第十七願に応じて本願の名号を説かれ、念仏を勧められています。釈尊や諸仏が念仏を勧めるということは、阿弥陀仏ご自身が願われ、勧められていなければ考えられません。このようなことですから、件の先生の発言に対し、私としては

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っており、その意に随ってお釈迦様も(諸仏も)念仏を勧められた

と主張します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

浄土真宗の大綱

ども、林遊@なんまんだぶです。

直近コメント欄の話題に乗り遅れた(笑
金子大栄師でしたか、手に入ったものは手放しで話ができる、と仰ってましたが、厳密に考証し理解しようとすると、御開山より偉くならなくては理解できないこともあると、思っていたりします。
書物を読んで理解するということは、その書物の著者より偉いから理解できるのだと思ふ。
その意味では、僧侶が、字の読めない庄松をからかって『大経』下巻を取り出して「ここを読んでくれ」と言ったところ、庄松は経本を逆さまに頂いて「庄松、助くるぞ。庄松、助くるぞ」と読んだという逸話には考えさせられるものがあります。

我々は、ともすれば枝葉末節の言葉を解釈しようとして喧々諤々となるのですが、今回のブログの記事のように、浄土真宗の大綱
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%A4%A7%E7%B6%B1

という視点を忘れないようにしたいものです。
梯實圓和上は、なんまんだぶを、

 一声・一声の念仏が如来我に在って我を呼びたもう。だから招喚の勅命なりという事になるのです。

と、仰っていましたが「真実の信心はかならず名号を具す」ですから、如来の信が私に在って、私の口を使って、なんまんだぶ、なんまんだぶと称えさせ聞えてくださるのでした。
御開山は、『西方指南鈔』で、法然聖人の仰せとして、

 たれだれも、煩悩のうすくこきおもかへりみす、罪障のかろきおもきおもさたせず、ただくちにて南無阿弥陀仏ととなえば、こゑにつきて決定往生のおもひをなすべし、決定心を、すなわち深心となづく。その信心を具しぬれば、決定して往生するなり。
http://wikidharma.org/5cde8d9e4fde1

の文を引かれておられますが、なんまんだぶと称えて、なんまんだぶと聞える声が「本願招喚の勅命」なのでした。ありがたいこっちゃ。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


Re: 林遊@なんまんだぶ様

いや~(^-^; 逆に乗り遅れてよかったかもです。色々と林遊さんに突っかかっていく方もあるので、そういう衝突が無かったという点ではよかったです。ともあれ、今回のことで一つ勉強になりました。


> 厳密に考証し理解しようとすると、御開山より偉くならなくては理解できないこともある

まことに仰る通りだと感じます。本来は無分別智の領域ですから、我々が「理解した」と思った時点でそれは誤解なのではないかとも思います。私が愚鈍なだけかも知れませんが、分かったような分からんような・・・結局のところ、帰するところはひたすら如来の本願を仰ぎ、お念仏して「ありがたいこっちゃ」と味わわせて頂くばかりです。

一声・一声が私の口から出て下さることが有難いです。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード