FC2ブログ

やはり「もつぱら自力をすてて他力に帰する」についてきちんと説明しない高森顕徹会長

『飛雲』基本的な言葉である「自力」さえ親鸞聖人の定義とは、無関係の高森顕徹会長

に紹介されていますが、やはり高森会長は「もつぱら自力をすてて他力に帰する」についてきちんと説明しなかったようです。特に「自力」については、

親鸞聖人の仰る自力とは、死んだらどうなるか判らない心

というものでした。これについては一応予想済みでした。「自力」を「無明の闇」と言い換えて、「無明の闇」とは「後生暗い心」だと説明するのは高森会長の常套手段ですから。


それにしても、「死んだらどうなるか判らない心」をすてるとはどういうことでしょうか? また、その心がすたったらどうなるんでしょうか? 「死んだらどうなるかハッキリ判った心」になるとでも言うのでしょうか?

このようなことですから、おかしな高森教徒が「信心決定したら後生ハッキリする」という珍説を真受けにして、二種深信と絡めて機の深信から言えば「地獄一定」だが法の深信から言えば「極楽一定」だとか、まるで二つの後生が露塵の疑いもなくハッキリ知らされるかのように妄想しているのです。

度々出す御文ですが、信心決定して阿弥陀仏に救い摂られても、我々の側からは後生はハッキリしません。

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人(源空)の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。このたびもし善知識にあひたてまつらずは、われら凡夫かならず地獄におつべし。しかるにいま聖人の御化導にあづかりて、弥陀の本願をきき摂取不捨のことわりをむねにをさめ、生死のはなれがたきをはなれ、浄土の生れがたきを一定と期すること、さらにわたくしのちからにあらず。たとひ弥陀の仏智に帰して念仏するが地獄の業たるを、いつはりて往生浄土の業因ぞと聖人授けたまふにすかされまゐらせて、われ地獄におつといふとも、さらにくやしむおもひあるべからず。

そのゆゑは、明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし。さればただ地獄なりといふとも、故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。
(『執持鈔』)

これについて飛雲さんの説明を引用すると

阿弥陀仏に救われたならば、死後のことが判るのかということについて、

•往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず
•われとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず
•故聖人の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」
•故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなり


等々、死後のことをはからうべきではない、つまり凡夫にははっきり判らないということです。

かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

自力を捨てて他力に帰すとは、すべて阿弥陀仏におまかせであり、阿弥陀仏の御心を正しく伝えて下された師と同じところへ往く、いうことです。極楽往き間違いなしと、はっきりするのではなく、阿弥陀仏にすべておまかせしたことがはっきりするのです。だから、阿弥陀仏の本願、そして本願を説かれた師の教えられている通り、極楽往き間違いなし、となるです。

阿弥陀仏、地獄、極楽、死んだらどこへ往くのかが、判るということではありません。


ということです。私なりにまとめますと、

・後生どのような所へ生まれるかを含めて全て阿弥陀仏におまかせしたのが他力の信心。
・浄土へ参るのか、地獄へ堕ちるのか、我々の側からはハッキリ判らない。
・たとえ地獄だろうと法然聖人や親鸞聖人と同じ所へ生まれると心得る。
・自力の行では出離はかなわず悪道に堕するよりないのだから、念仏して地獄へ堕ちても後悔ない。
・阿弥陀仏の仰せ、そして本願を説かれた師の仰せを疑いなく受け容れているから、阿弥陀仏のお計らいにまかせて死後は浄土往生する。


ということです。これが「もつぱら自力をすてて他力に帰する」という「真宗の極致」なのですが、高森会長にはそんな説明をする気は更々ないでしょう。せいぜい

・「他力に帰する」とは、阿弥陀仏の本願の大船に乗ったことだ
・阿弥陀仏に救い摂られると、一息切れたら極楽参り間違いなしとハッキリする


等と説明するのが関の山ではないでしょうか。そして、「聴聞に極まる」で続けて聞いて下さいで終了でしょう。こんな真宗もどきでゴールも決勝点も卒業もあるようでない話を聞いて満足しているとしたら、その人は完全な高森教徒です。


今日も10時20分より12時まで、途中20分休憩を挟んだ「高森先生座談会」があるそうですが、そこでもし

阿弥陀仏に救い摂られると、一息切れたら極楽参り間違いなしとハッキリする

などといつものように教えていたら、真宗教義を何も知らん高森教だなと笑い飛ばしてあげましょう。



【参照】
『飛雲』浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード