FC2ブログ

【考察】選択本願の行信について(14)

選択本願の行信を最も身近に、詩の形で明らかにされているのが、浄土真宗の門徒に古くから親しまれてきている「正信偈」です。親鸞聖人はその正式名称を「正信念仏偈」と仰っています。

「正信偈」はご承知のように「行文類」の一部です。「行文類」は真実の行を明かされたものですが、それは本願の念仏です。「正信偈」と聞くと、「正しい信心の詩」ということで、正しい信心についてのみ書かれているように受け取られがちですが、何についての信心かと言えば、それは本願であり念仏です。

「正信念仏偈」とは、本願を「正信し、念仏する詩」と読むこともできますし、本願の「念仏を正信する詩」と読むこともできます。いずれにせよ、選択本願の念仏(行)と信心(信)を讃える「行信偈」であることは間違いありません。親鸞聖人は「正信念仏偈」をお作りになる直前に、そのお心を次のように仰せです。

 おほよそ誓願について真実の行信あり、また方便の行信あり。その真実の行の願は、諸仏称名の願(第十七願)なり。その真実の信の願は、至心信楽の願(第十八願)なり。これすなはち選択本願の行信なり。
その機はすなはち一切善悪大小凡愚なり。往生はすなはち難思議往生なり。仏土はすなはち報仏・報土なり。これすなはち誓願不可思議一実真如海なり。『大無量寿経』の宗致、他力真宗の正意なり。

 ここをもつて知恩報徳のために宗師(曇鸞)の釈(論註・上 五一)を披きたるにのたまはく、「それ菩薩は仏に帰す。孝子の父母に帰し、忠臣の君后に帰して、動静おのれにあらず、出没かならず由あるがごとし。恩を知りて徳を報ず、理よろしくまづ啓すべし。また所願軽からず。もし如来、威神を加したまはずは、まさになにをもつてか達せんとする。神力を乞加す、このゆゑに仰いで告ぐ」とのたまへり。{以上}
 しかれば大聖(釈尊)の真言に帰し、大祖の解釈に閲して、仏恩の深遠なるを信知して、「正信念仏偈」を作りていはく、

帰命無量寿如来 南無不可思議光(無量寿如来に帰命し、不可思議光に南無したてまつる)
・・・
「行文類」偈前序説

この御文についても梯實圓和上は解説されています。以下、解説文を引用します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
   偈前の文のこころ

 これは一般に「偈前の文」といいならわしていますが、「正信念仏偈」の序文で、「偈」をお作りになる親鸞聖人のお心を端的に言い表された文章です。

 はじめに、阿弥陀仏の誓願には真実の行信と方便の行信が誓われているといわれます。方便の行信にとどまることは如来の本意を見失うことですから、何が方便であるかを明らかにするために、第十九願(自力諸行往生)・第二十願(自力念仏往生)にもとづく法義を「化身土文類」に明かされます。その方便の教えに育てられて真実の教えを受けいれることができるようになったものには、選択本願の行信が与えられます。その選択本願(第十八願)の行信因果を五願に開示して、教・行(第十七願)・信(第十八願)・証(第十一願)・真仏・真土(第十二願・第十三願)の六法として示したのが、「教文類」、「行文類」、「信文類」、「鈔文類」、「真仏土文類」でした。このように選択本願によって生きとし生けるすべてのものが、善悪・賢愚の隔てなく救われ、智慧と慈悲を完成せしめられるのは、その本願の教法が自他の隔てを超え、生死を超えた真如の顕現であったからです。人間の分別思議を超えた不可思議なる仏智の顕現であるような選択本願の救いを親鸞聖人は他力真宗とも浄土真宗とも呼ばれたのです。そしてこのような尊い浄土真宗に遇わせていただいた如来の恩徳に応えるために、その教えを要約して「正信念仏偈」を作ったといわれるのです。これによって、「正信念仏偈」は『教行証文類』の全体を真実の行信を中心に要約して讃嘆されたものであり、浄土真宗の法義のすべてがそこに摂まっていることがわかります。

 ところで、このような浄土真宗(選択本願)に遇うことができたのは、ひとえに弥陀・釈迦二尊のはからいであり、インド、中国、日本と、二千数百年にわたってこの法を伝承してくださった祖師方のたまものです。その御恩を報謝するために、ここに「正信念仏偈」を説いて、その教えを讃仰するわけですが、このように知恩報徳のために仏徳讃嘆の詩を書かれた例としては、天親菩薩の『無量寿経優婆提舎願生偈』(『浄土論』)がありました。その冒頭に、「世尊よ、われ一心に尽十方無碍光如来に帰命したてまつりて、安楽国に生ぜんと願ず」といわれています。その「世尊よ」という呼びかけの意義について、曇鸞大師は次のように註釈されています。天親菩薩が「世尊よ」と釈尊の名を呼んで自身の浄土願生の信心を表されたのは、一つには、教主釈尊への知恩報徳のためであり、二つには、釈尊の説かれた「浄土三部経」の真実義を説き明かすというような大事業は、釈尊の威神力を加えていただかねば、菩薩の力をもってしても実現不可能なことであるから、「世尊よ」と呼びかけられたというのです。

 そこで親鸞聖人は、釈尊の説かれた『大無量寿経』の真実の言葉に呼び覚まされ、三国伝来の祖師方の解釈によって、深遠な阿弥陀如来の恩徳を信知せしめられた慶びを「正信念仏偈」として讃嘆されるわけです。それゆえその最初には、

無量寿如来に帰命し、不可思議光に南無したてまつる。           (『註釈版聖典』二〇三頁)


と阿弥陀仏の名を称えて、知恩報徳の想いを表し、如来が威神力を加えてくださったお陰で、仏徳を讃嘆させていただくことができたことへの謝念を表されたのです。

 『浄土文類聚鈔』では、同様の偈を「念仏正信偈」といわれています。文言に違いはありますが、内容に違いはありませんから、その題の意味も特別に違った内容を顕すために変えられたものとは考えられません。いずれにせよ阿弥陀仏から与えられた選択本願の行信を讃嘆する偈ということで、「行信偈」ということでは共通していると思います。したがってその読み方も、本願を「正信し、念仏する詩」と読むこともできますし、本願の「念仏を正信する詩」と読むこともできます。また「念仏正信偈」も「念仏し正信する詩」と読むべきでしょうが、「念仏を正信する詩」と読むこともできます。いずれにせよ、正信とは、私のはからいをまじえず、第十八願の仰せを疑いなく受けいれることであり、念仏とは阿弥陀仏が選択して回向してくださった本願の念仏を生涯称え続けることのほかにありません。

(『聖典セミナー 教行信証[教行の巻]』p.363~p.366)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


親鸞聖人は、自ら「正信偈」の解説を『尊号真像銘文』にしておられます。経典や祖師方の文を解釈することは当然としても、自分の書いた文を解釈することは異例のことと言わねばなりません。それだけ「正信偈」を重視しておられたことが伺えますが、その中でも『尊号真像銘文』で扱われている御文は

本願名号正定業 至心信楽願為因 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 
如来所以興出世 唯説弥陀本願海 五濁悪時群生海 応信如来如実言 
能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃 凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味 
摂取心光常照護 已能雖破無明闇 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天 
譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇 獲信見敬得大慶 即横超截五悪趣


の部分です。

これは、選択本願の行信によってこの世は正定聚の位に入り、一息切れたら必ず大般涅槃をさとるべき身につき定まるという超世の悲願を説くことが釈尊出世の本懐であるということと、その本願を疑いなく聞き受けて念仏する行者が現生で獲る利益について詳しく顕された一段です。そのご解説は

「本願名号正定業」といふは、選択本願の行といふなり。「至心信楽願為因」といふは、弥陀如来回向の真実信心なり、この信心を阿耨菩提の因とすべしとなり。

で始まっています。親鸞聖人にとって何よりも訴えたかったことは、往生成仏の因である選択本願の行信であったのです。確かに弥陀如来回向の真実信心が成仏の因であることは疑う余地がないことです。ただ、それは弥陀如来回向の本願の名号を専修する際の信心であって、念仏と無関係な信心ではありません。

最勝真妙の正業にして不回向の行たる本願の念仏を本願招喚の勅命として聞き受けた時、極めて速やかに成仏の因が行者の身に満足せしめられます。こうした真実の行信を獲得した行者は歓喜地という言葉で表されるような、現生にして入正定聚之数という偉大な利益を賜ります。本願の行信に帰命した行者を摂め取って決して捨てない、だから阿弥陀といい、その阿弥陀仏の強大な本願力を利他力(他力)と言います。これこそ、生きとし生ける全てのものが善悪・賢愚の隔てなく平等に救われるただ一つの教え(誓願一仏乗)であり、本願の念仏はいかなる諸善万行の法にも超え勝れた円融満足極速無碍絶対不二の教でした。

このような本願、念仏、如来のはたらきを聞いて計らいをまじえずに受け容れることを信心といいます。信心の内容は「行文類」「信文類」の内容であり、開いて言えば浄土三部経の内容であり、祖師方の経・論・釈の内容でありますが、つづめて言えば一句の「南無阿弥陀仏」に収まります。そのようなわけで蓮如上人は、

「印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機」といふは、印度西天といふは天竺なり、中夏といふは唐土(中国)なり、日域といふは日本のことなり。この三国の祖師等、念仏の一行をすすめ、ことに釈尊出世の本懐は、ただ弥陀の本願をあまねく説きあらはして、末世の凡夫の機に応じたることをあかしましますといへるこころなり。

と三国伝来の祖師方の勧めは「念仏の一行」にあったことを明かされています。この念仏とは、当たり前ですが「正信偈」は「行文類」の一部なのですから勿論他力の念仏です。

そして、弥陀仏本願念仏と言われているように、念仏は阿弥陀仏の本願に誓われている念仏です。本願の行として称えなさいと大悲を込めて与えられている念仏です。信心は念仏を称える際の信心ですから、もし本願から念仏を抜いてしまったら、同時に信心をも抜いてしまうことになります。


称名正因の異義に陥るのを防ぐためか何なのか分かりませんが、信心を強調するのはよしとしても

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

はありません。こんなことを法然聖人、親鸞聖人が聞いたらどう思われるでしょうか。『興福寺奏状』にさえ

ただ弥陀一仏の称名のみを説き

とあるように、法然聖人の教えは専修念仏、選択本願念仏の教えだったのです。その法然聖人の教えによって救われ、法然聖人の教えの真意を明らかにされたのが親鸞聖人ならば、どんな理由があるにせよ上記のような発言は出てこないと思います。法然聖人までと親鸞聖人とでは立場が違うそうですが、ならば

弘経の大士・宗師等、無辺の極濁悪を拯済したまふ。
道俗時衆ともに同心に、ただこの高僧の説を信ずべしと。


のお言葉は一体どうなるのでしょうか。親鸞聖人は「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っている」と説く、自分と立場を異にする方々の説を信じよとお勧めになったのでしょうか。謎は深まるばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード