FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについて(15)

本日は、天親菩薩の「念仏の一行」の勧めを見てみたいと思います。

親鸞聖人は、天親菩薩の教えを「行文類」に引かれています。その内の

「われ修多羅真実功徳相によりて、願偈総持を説きて仏教と相応せりと。
仏の本願力を観ずるに、遇うて空しく過ぐるものなし。
よくすみやかに功徳の大宝海を満足せしむ」


とある「真実功徳」とは「名号」のことですが()、ここでは「名号」の功徳として、これを頂いて称える者の身に極めて速やかに往生成仏の因を満足させるはたらきがあることを教えられています。そのことは

大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はすなはちこれもろもろの善法を摂し、もろもろの徳本を具せり。極速円満す、真如一実の功徳宝海なり。ゆゑに大行と名づく。

と仰せられた通りです。そのことをまた『高僧和讃』には

本願力にあひぬれば
 むなしくすぐるひとぞなき
 功徳の宝海みちみちて
 煩悩の濁水へだてなし


と教えられています。


このように親鸞聖人は「名号」の功徳、「名号」のはたらきを教えられましたが、蓮如上人はこれと少しおもむきが違っています。それを

『飛雲』「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い4

より一部引用します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
天親菩薩のところでは

修多羅によりて真実を顕して、横超の大誓願を光闡す。

を蓮如上人は

この菩薩、大乗経によりて真実を顕す、その真実といふは念仏なり。横超の大誓願をひらきて

と解説されています。

真実といふは念仏なり」であって、「真実といふは本願なり」「真実といふは信心なり」とは仰っていません。この後の「横超の大誓願」と「念仏」は区別されています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

引用文同様、「真実といふは名号なり」とも仰っていないところがポイントです。

蓮如上人は、天親菩薩はこのようにして念仏を誉め讃え、「念仏の一行」を勧められた、この天親菩薩の説を信じなさいと仰っています。


なお、『浄土論』では五念門の行を修めるのは願生の行者ですが、親鸞聖人は、法蔵菩薩が我々の代わりに五念門の行を成就して回向して下さると読まれています。それが南無阿弥陀仏の名号であり、これを一切衆生に与えて本願を信じ念仏を申す者に育て上げ、浄土願生の行者にせしめるのが阿弥陀仏の本願力であると教えられたのです。この天親菩薩の『浄土論』とそれを註釈された曇鸞大師の『浄土論註』によって、親鸞聖人は壮大な本願力回向の法門、誓願一仏乗の教説を確立され、御二方の名前をそれぞれ一字ずつ頂かれて親鸞と名乗られたのでした。

それと、『浄土論』とは正確には『無量寿経優婆提舎願生偈』と言います。天親菩薩が『無量寿経』によって自らの願生の意を述べたものです。つまり天親菩薩は「大無量寿経の立場」ということになりますが、その天親菩薩も「念仏の一行をすすめ」られたと蓮如上人が仰っています。

「観無量寿経の立場」では阿弥陀仏は念仏を「称えよと仰っている」が、「大無量寿経の立場」では「称えよと仰っていない」というような詭弁を使う先生がいますが、この先生に言わせると、立場によってコロコロと変わるのが18願意のようです。こんな主張をする方が辻褄合わせな気がします。ちなみに善導大師は弥陀の願意を

なんぢ一心に正念にしてただちに来れ、われよくなんぢを護らん。『信文類』引文

という弥陀の悲心招喚であると教えられ、これが「本願招喚の勅命」という語の元になったと考えられますが…これについては善導大師のところで考察するとします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード