FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについて(17)

親鸞聖人は、曇鸞大師の教えを『高僧和讃』

安楽仏国にいたるには
 無上宝珠の名号と
 真実信心ひとつにて
 無別道故とときたまふ


と顕しています。ここでは、

Q.どうすれば安楽仏国にいたれますか?

A.無上宝珠の名号と真実信心ひとつにて


と教えられています。

一見、無上宝珠の名号と真実信心では二つではないかと思えますが、如来の名号がそのまま私の信心と成って下さるのですから、名号と信心は二つであって一つです。また如来の名号がそのまま私の口に念仏と成って下さるのですから、名号といっても私の口に現れる念仏と離れたものではないのです。それで

無別道故とときたまふ

と言われています。これは『浄土論註』

かの安楽国土はこれ阿弥陀如来正覚浄華の化生するところにあらざるはなし。同一に念仏して別の道なきがゆゑなり。

から採られたものです。阿弥陀仏の安楽国土へは、同じ阿弥陀仏より賜った念仏によって生まれる、それ以外の生まれ方は無いというのです。ですから、この御文から

Q.どうすれば安楽仏国にいたれますか?

A.同一に念仏して


とも教えられていると判ります。


曇鸞大師は名号のもつ徳義をあらわすことに主眼を置いて教えられました。『論註』にはこれを

「かの如来の名を称す」とは、いはく、無礙光如来の名を称するなり。「かの如来の光明智相のごとく」とは、仏の光明はこれ智慧の相なり。この光明は十方世界を照らしたまふに障礙あることなし。 よく十方衆生の無明の黒闇を除くこと、日・月・珠光のただ空穴のなかの闇をのみ破するがごときにはあらず。 「かの名義のごとく、如実に修行して相応せんと欲す」とは、かの無礙光如来の名号は、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。

と著され、曇鸞讃にはこれを

無碍光如来の名号と
 かの光明智相とは
 無明長夜の闇を破し
 衆生の志願をみてたまふ


と教えられています。それを承けて親鸞聖人は、名号に破闇・満願の徳があるから、それを疑いなく信受して称えている真実信心の称名に破闇・満願の徳用があると、称名の位で大行を語られています。それが

しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。

のお言葉でした。親鸞聖人は曇鸞教学によって、善導大師の称名正定業説を完全に裏付けられています。

「行文類」において何よりも証明すべきだったのは、法然聖人の示された選択本願念仏、専修念仏という行法の真実性でした。出家もせず、戒律も保たず、世俗の煩悩にまみれて罪深くしか生きられない凡夫がたかだか「南無阿弥陀仏」と称名したくらいのことで、なぜ善人も悪人も同じ浄土に生まれることができるのか。聖道諸宗の度重なる非難論難に対し、善導大師の教説を通して法然聖人が強調された称名正定業説を、親鸞聖人は曇鸞大師の教学をもって跡付け、本願力回向の行信という全く新しい教学的視野を開いて、如実の称名による往生の真実性を証明していかれたのでした。


親鸞聖人が仰る「大行」とは、念仏のことです。それは私の口に現れておりながら私の行いではなく、私の口を通して現れ出ている如来の行い、本願力回向の行なのだ。だから称名には破闇・満願の徳があり、浄土往生の正しき行業であって、これこそ往生成仏の業因なのであると明らかにされたのが「行文類」です。

仏名を称することを往生の行と定められたのは第十八願ですが、その行体である南無阿弥陀仏を十方諸仏に讃嘆させ、十方衆生に回向しようと誓われたのが第十七願です。それで親鸞聖人は行を法の位である十七願で示し、念仏という行の真実性、尊高性、絶対性を証明されたのです。

そうした「行文類」の中に、

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

根拠などあろうはずがありません。何をどう誤読しているのか知りませんが、このような本願の破壊とも取れる発言は速やかに撤回し、二度と触れ回らないで頂きたいものです。



【参照】
願力の白道即信心
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんにちは、Abcです。
 この時期は、「お盆(旧盆)」と呼ばれる時期で、人々が「お墓参り」などで、「お墓」や「仏教」に触れるいい機会です。

 お墓によっては、「南無妙法蓮華経」と記されているお墓もありますが、私たち「真宗の衆生」からしますと、「南無阿弥陀仏」が一般的です。
 最近では、「感謝」や「旅立ち」など、彫られているお墓もありますが、金沢では墓前に「板キリコ(板切子)」をつるす風習があり、スーパーなどでは
「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」の2パターンが用意されています。
http://blog-imgs-12.fc2.com/t/o/m/tomio744/DSC002.jpg
(リンク切れの場合は、「板キリコ 金沢」などと調べますと検索できます)

さて、話は戻りますが、いましがた淳心房さんが挙げられた、

安楽仏国にいたるには 無上宝珠の名号と
 真実信心ひとつにて 無別道故とときたまふ (『高僧和讃』 曇鸞讃)

もその直後に解説されているように、

「無上宝珠の名号」という「お念仏(最勝真妙の正業)」 と
「真実信心ひとつにて」という「他力信心」というセットで
   「安楽仏国にいたる」という仏果を得る(仏へと成らせていただく)としております。

そもそも、「「真実信心ひとつにて」という「他力信心」」だけであり、「念仏」は「おまけであるが、往生には関係がない」としたならば、代表的な和讃の
 「念仏成仏これ真宗」のフレーズはそぐわないことになります。

「信心だけだ!」と言われる方は、おおよそ上の説明の「真実信心ひとつにて 無別道故とときたまふ」だけを抜いて、「真実信心ひとつ」と言われているから「真実信心ひとつ」なのだ! とされます。これが淳心房さんが常々記されている、「片方をとって、片方を捨てねばならないのか」という議題です。

 親鸞は、お手紙にて「これみな弥陀の御ちかひと申すことをこころうべし。行と信とは御ちかひを申すなり。」と言われております。

上の「片方をとって、片方を捨てねばならない」をこれにあてますと、

 「弥陀の名号を称えよの願【大行 : 17願】」と「弥陀にまかせよの願【大信 : 18願】」のうち「どちらかを捨てねばならない」と言われていることとなります。
 そもそもの「捨てされねばならない」と思い立つことは、「この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。つねに自然を沙汰せば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。」ということの「義なきを義とすといふことは、なほ義のある」と言うことになるから、教義に反ることとなりますし、

 「 『教行信証』のどこを押さえて言っているんですか? 『教行信証』にどう書いてあるんです? 阿弥陀さまは「念仏申しなさい」と、『教行信証』のどこに書いてあるんですか?と聞きたい。」(Aさんの発言) の
 『教行信証』(『教行証』)には、『行巻』と『信巻』がありますが、前に林遊さんが言われたように、「教行証」という「三法門」にあてたら、「行」の箇所に収まります。

 ですから、くどいですが、
>阿弥陀さまは「念仏申しなさい」と、『教行信証』のどこに書いてあるんですか?(Aさんの主張 抜粋) には、

→『教行証 行巻 大行釈』にて、
 「大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はすなはちこれもろもろの善法を摂し、もろもろの徳本を具せり。極速円満す、真如一実の功徳宝海なり。ゆゑに大行と名づく。」 といわれており、

 『教行証 行巻末偈 名『正信念仏偈』』の中にて、
円満徳号勧専称」や「唯能常称如来号」と「称仏名」と言われているところからである。

と顕されます。

【補足】
今記してある『和讃』に

安楽仏国にいたるには 無上宝珠の名号と
 真実信心ひとつ
にて 無別道故とときたまふ (『高僧和讃』 曇鸞讃)

とあり「信心と念仏のセット」といいましたが、これは曇鸞だけではなく、

不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひとはみな
 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし (『高僧和讃』 龍樹讃)

一形悪をつくれども 専精にこころをかけしめて
 つねに念仏せしむれば
 諸障自然にのぞこりぬ(『高僧和讃』 道綽讃)

などと記されております。淳心房さんが後に一つ一つ記されるご予定でしたら、早計だったかもしれません。お許しください。

なもあみだ、なもあみだ
 Abc

Re: Abc様

信心とは念仏を称える際の信心であり、自力他力とは、念仏一行を修めている人の信心を問題にされた語であるという概念がA先生には無いのでしょうね。それと、本人は言っていませんが、彼の主張からは念仏は信心のオマケ、往生には無関係という念仏軽視、念仏無功徳の思想が見え隠れしています。

「行文類」の文一つ一つが「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っている」証文なのですが、A先生には理解不能なのでしょう。Abcさんの挙げられた御文はまことにご尤もですが、私は

正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに

と『選択集』を引かれた後で

念仏成仏すべし

と応答されている決釈の御文が一番分かり易いと思います。


Abcさん、道綽讃を出すの早すぎです!(;^ω^) ・・・でも大丈夫です。その際はまたご解説お願いします。

なもあみだ、なもあみだ、なもあみだ・・・

Abcです

こんばんわ、Abcです。

これは、「追記」にあたりますね。 私は、直前に、

>親鸞は、お手紙にて「これみな弥陀の御ちかひと申すことをこころうべし。行と信とは御ちかひを申すなり。」と言われております。
>上の「片方をとって、片方を捨てねばならない」をこれにあてますと、
> 「弥陀の名号を称えよの願【大行 : 17願】」と「弥陀にまかせよの願【大信 : 18願】」のうち「どちらかを捨てねばならない」と言われていることとなります。

と記しました。今回は、「これみな弥陀の御ちかひと申すことをこころうべし。行と信とは御ちかひを申すなり」と言われている箇所についてです。

『教行信証』の教義をまとめた『浄土文類聚抄』には、
 「爾れば、若は行・若は信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し。因無くして他の因の有るには非ざるなりと、応に知るべし。」 とあります。いま太字にした

「若は行・若は信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し」が、
「行と信とは御ちかひを申すなり」になっております。

今示した、
「若は行・若は信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し」は砕くと
「行や信は、一つとして阿弥陀さまの清浄願心によって廻向成就されたものでないものなど有るはずがない」となります。

この中にある、「非ざること有ること無し」は「とても強い主張(強調)」の文法です。

「清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し。因無くして他の因の有るには非ざるなり」に合わせますと。

『教行信証 信巻 末』にて、
 「然るに、『経』(『大経』)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し。是を「聞」と曰ふなり。「信心」といふは、則ち本願力廻向之信心なり。「歓喜」と言ふは、身心悦予之貌を形すなり。「乃至」といふは、多少を摂する之言なり。「一念」と言ふは、信心二心無きが故に、「一念」と曰ふ。是を「一心」と名く。一心は則ち清浄報土の真因なり。

(乃至)

宗師(善導)の「専念」と云へるは即ち是れ一行なり。「専心」と云へるは即ち是れ一心なり」 と言われています。先のに合わせたなら

「宗師(善導)の「専念」と云へるは即ち是れ一行なり。「専心」と云へるは即ち是れ一心なり」」が
若は行若は信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し」 ですし、

「「一念」と言ふは、信心二心無きが故に、「一念」と曰ふ。是を「一心」と名く。一心は則ち清浄報土の真因なり。」 は、
「一事として阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所に非ざること有ること無し。因無くして他の因の有るには非ざるなり。」ですね。

 終わりに

 今回は、追記と言う形で、『浄土文類聚抄』と『教行信証 信巻 末』をおさえて議論させていただきました。今回のは、「『信巻』をおさえて」です。(前回は、『行巻』をおさえて でした。) 

 この2つをおさえる事によって、どちらとも「阿弥陀如来の清浄願心の廻向成就し給ふ所」であると窺えます。

 御一読いただけますと幸いです。
 なもあみだ、なもあみだ
  Abc

Re: Abc様

もしは行、もしは信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし(信文類)

もしは行、もしは信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし(浄土文類聚鈔)

ですから

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

わけないんですけどね。「行」に念仏の意を認めないからこんな解釈が生まれるのでしょう。

称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。(行文類)

「専念」といへるはすなはち一行なり、二行なきことを形すなり。いま弥勒付属の一念はすなはちこれ一声なり。一声すなはちこれ一念なり。一念すなはちこれ一行なり。一行すなはちこれ正行なり。正行すなはちこれ正業なり。正業すなはちこれ正念なり。正念すなはちこれ念仏なり。すなはちこれ南無阿弥陀仏なり。(同)

称名はすなはち憶念なり、憶念はすなはち念仏なり、念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。(浄土文類聚鈔)

行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。(信行一念章)

このように、どこを読んでも行に念仏の意があることは明白です。『教行証文類』をおさえても、その他の聖教をおさえても、

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

なんて説はどこにもありません。自称何十年とこれ一つ研究してきた人でも誤読することですから気をつけないといけませんね。

なもあみだ、なもあみだ、なもあみだ・・・
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード