FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについて(23)

親鸞聖人が『教行証文類』において、『往生礼讃』から直接ではなく『集諸経礼懺儀』から善導大師の二種深信のお言葉を引かれたのは、『往生礼讃』には無い「」に着目されたからだと言われます。

『往生礼讃』
二には深心。すなはちこれ真実の信心なり。自身はこれ煩悩を具足する凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知し、いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下十声・一声等に至るに及ぶまで、さだめて往生を得と信知して、すなはち一念に至るまで疑心あることなし。ゆゑに深心と名づく。

『集諸経礼懺儀』(「行文類」引文)
「深心はすなはちこれ真実の信心なり。自身はこれ煩悩を具足せる凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知す。いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下至十声聞等に及ぶまで、さだめて往生を得しむと信知して、一念に至るに及ぶまで疑心あることなし。ゆゑに深心と名づく」

『往生礼讃』の御文では少なくとも1回の念仏が要るように思われますが、『集諸経礼懺儀』では名号を聞いて信ずる者までも阿弥陀仏は見捨てずに往生させて下さると読めます。

人それぞれ、事情や状況は異なります。先天的、または後天的な理由で声を発せられない人もあるでしょう。臨終間際で善知識から本願を聞いて、一声も念仏申すいとまも無く命終わるという方もあるかも知れません。阿弥陀仏の御慈悲は広く深いので、そういう方々にも応じて下さり、決して見捨てることなくお導き下さいます。親鸞聖人は、その深広にして涯底なき弥陀の大悲を「」の字に見出されたのではないかと推察します。

名号を称すること、上は一生涯幾百万遍称える人から、下はわずか十声、一声称えて命終わる人もあります。名号を聞いて信じただけで、一声も称えられずに命終わる人もあるでしょう。親鸞聖人は、「」の者も含めることで救いを蒙る人の範囲を拡大し、一人も落ちこぼれることなく救おうとはたらいていて下さる弘誓の弘誓たる所以を明らかに示されたのではないでしょうか。

また、『大経』の本願文では称名ですが、本願成就文や異訳の『平等覚経』では聞名が説かれています。称名するということは我が口に称えられるなんまんだぶを本願招喚の勅命として聞く(聞名)ことですから同じです。そうした教説を「」と言い換えられた御文を用いることで表現しているのではないかとも考えられます。


これは、当然ながら「名号を聞いて信ずるのみでもいいんだから念仏を称えることは要らんでしょ」ということではありません。信心はあくまで「名号を称すること」という念仏に就いての信心です。そのように思う人は、後生や往生については所詮他人事であり、本願の仰せを全く聞いていない人でしょう。

事態の極めて深刻な人にも応じて下さる本願の懐の広さを表現したお言葉を、自分の思想や都合に合わせて「聞で助かるんだから名号を称えることは要らない」「称名を勧めるのは弥陀の本心ではない」などと理解するのは間違いです。それは専修念仏の破壊であり、ひいては本願の行信の破壊につながるでしょう。

実際に、そこまでは言いませんが

「一声」を「聞」と置き換えられたことは、称名念仏は往因にならない証拠になる

と指導された勧学の方もあるようです。しかしこれでは、聖道門の学僧を始めとして、念仏という行法の真実性を証明し、称名を真実行と定義された「行文類」の存在自体どうなるのかということになります。「行文類」

しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。

のお言葉や『尊号真像銘文』

「南無阿弥陀仏往生之業念仏為本」といふは、安養浄土の往生の正因は念仏を本とすと申す御ことなりとしるべし。正因といふは、浄土に生れて仏にかならず成るたねと申すなり。

(中略)

「正定之業者即是称仏名」といふは、正定の業因はすなはちこれ仏名をとなふるなり。正定の因といふは、かならず無上涅槃のさとりをひらくたねと申すなり。


のお言葉はどうなるのでしょうか。

本願のいわれにかなって称える称名は破闇満願の徳をもった最勝真妙の正業、往生の正定業であり、仏名を称する称名念仏は浄土に生まれて無上涅槃のさとりをひらくたねであると仰せです。そのように疑いなく信ずることを真実の信心というのです。上のように言う方は一体どのような信心を獲られたのかと怪しく思われます。


やはり、聖典にあるものはあるものとして領解しなければならないと思います。自分の説に合わないからと一部の御文を除外することは、御開山の思想と異なったものが出てくる危険性を伴うでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード