これが親鸞会会員の三願転入の理解です

mixiの親鸞聖人コミュニティでのこうへい氏と相手側の論争は、ciel氏が「三願転入」と題してトピックを作ったことに端を発しています。まだ読んでおられない方の為に、ciel氏の文章を全文引用しておきます。



----------------------

阿弥陀仏は、48のお約束をしておられます。
弥陀の四十八願といいます。

その中で3つ、「あらゆる人を救う」と誓われた願があります。
十八願、十九願、二十願です。
この三願について、理解した部分だけお伝えしたいと思います。

十八願は、阿弥陀仏が
「どんな人をも、必ず、真実の幸福に救う」
と、阿弥陀仏の本心を誓われたもので、王本願といいます。

私達人間は、この世限りの幸せしか頭になくて、
この世の幸せは自らの力で手にする事が出来るから、それを全てと思い、
自惚れ、満足し、目に見えない世界を知ろうともしない、
そんな私達人間を、この世限りではない真の幸せに導く事は大変難しいので、
真の幸せに救う為には、たくさんの数知れない方便が必要でした。

十九願、二十願は、そのために誓われたものです。 すなわち、方便です。
ここで、方便とは、真実へと導く為に絶対に必要なものを言います。
分かりやすく言いますと、
十八願にたどりつく為には、十九願と二十願を通過しなければなりません。
十八願は目的で、十九願、二十願は、そのプロセスです。
善導大師は、十九願を要門、要の教えと言われました。
絶対必要で重要なものなのです。


十九願を、大無量寿経に、

設我得仏 十方衆生
発菩提心 修諸功徳
至心発願 欲生我国
臨寿終時 仮令不与
大衆囲繞現其人前者
不取正覚

私が仏になりましたならば、(設我得仏)
すべての人々が、((十方衆生)→約束の相手 )
本当の幸せになりたいという心を持ち、(発菩提心)
阿弥陀仏の極楽浄土に行きたい(欲生我国)という
純粋な心(至心)で願いを起こし、(発願)
仏教で教える諸々の善(諸功徳)を行い、(修諸功徳)
その命の終わる時(臨寿終時)に、
諸仏菩薩で取り囲んで(大衆囲繞)、
その人の前に現れましょう。(現其人前者)
もしそれが出来なければ、仏の覚り((正覚)仏の命 )を捨てます。

と、約束なされています。

釈尊が説かれた一切経は、99%、十九願の御心を徹底して教えられたもの。
十九願は、修諸功徳の願と言われ、釈尊は善をすすめておられます。
善をすることによって、善が間に合って、救われて、
極楽浄土に行けるのではなく、
善を徹底的にやらなければ、信仰がすすまず、二十願には入れないのです。
何が善で、何が悪かも分からない私達です。
純粋な善など、到底出来そうもありませんが、
最初からやってもしょうがないからと、
開き直って何もせずに、ただ念仏を称えていなさいとは、
お釈迦様は仰っておられません。

十九願で、因果の道理のもと、全力を尽くして善行をやってみると、
善行をしながら、その心根にある悪性ばかりが知らされて、
何が善かも何が悪かも分からない、善など、ひとつも出来ない自分を知り、
こんな自分が救われるには、念仏にすがるよりほかない、、、

二十願は、そんな人に誓われた弥陀のお約束です。
『十方の人々が、南無阿弥陀仏の名号を聞いて、念仏を称え、
 その功徳の力で、我国(浄土)に生まれたいと願う者は、
 必ず、思いを遂げさせてあげよう。』と。
二十願は、植諸徳本の願と言われています。
諸々の善の本(諸徳本)、名号を植えるということです。

そこで誠心誠意、一心不乱に、
念仏を称えようと、つとめればつとめるほど、(自力の念仏)
自分の悪なる心ばかりが見えてきて、
こんな雑念で称えていてもよいのだろうか、
こんな悪い心、乱れた心で称えていても本当に助かるのだろうか、
と、不安な心が出てきます。
悪い行為をしながら称えていても、助からないように思えるので、
廃悪修善、悪を慎み善を励んで、念仏しようとするのですが、
見えてくるのは悪ばかり。
念仏に励めば励むだけ、乱れる心はとどまらず、
悪しかつくれない自己が知らされます。
教えの尊さに感激した時は、救われるようにも思えるけれど、
いったん悪性が現れると、こんなことでは救われないのではなかろうかと、
疑念が現れ、念仏を称えながらも、地獄に堕ちるような気がする。

『いずれの行も及び難き身なれば、
      とても地獄は一定すみかぞかし。』(歎異抄)

十九願で善を行い、善も出来ない身であることを知らされ、
そして二十願に廻入し、二十願で、念仏にすがるしかないと思うも、
自己の力のなさ、真実のかけらもないことを知らされ、
すべての自力の心が腐った時に、
一念で、次の十八願、絶対の幸福へ転入させようとしてくださるのが、
阿弥陀仏の救いなのです。

一切の助かる望みが切れた時と、大慈悲心が徹到した時とは同時で、
無辺の智恵と、無限の慈悲を体得しますから、
「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」 (教行信証)
弥陀の本願まことだった、"無碍の一道に救う"弥陀の誓いに嘘はなかった、
と、底の知れない懺悔、高さの知れない歓喜、
広さの知れない苦悩の晴れた味に、遠く宿縁を喜ばずにおれないのです。
感謝に溢れ、南無阿弥陀仏と噴き出るお念仏は、
二十願のお念仏とは異なり、この念仏を、仏恩報尽の念仏というのです。

この十八願に誓われた絶対の幸福、無碍の一道に出るには、
十九願、二十願の道程を通らなければならないことを発見し、
教導なされたのが親鸞聖人です。

その体験を三願転入といいます。



自信教人信

難中転更難

大悲伝普化

真成報仏恩

(善導大師)





この三願転入のとらえかたについては、
親鸞聖人の浄土真宗、その各派において、
様々な教わり方があるのかもしれませんが、
釈尊の御心に照らし合わせたならば、
このとらえかたに間違いはないと、
私は、思っております。

私の善知識に感謝をこめて。

合掌


----------------------



この十八願に誓われた絶対の幸福、無碍の一道に出るには、
十九願、二十願の道程を通らなければならないことを発見し、
教導なされたのが親鸞聖人です。


という理解は、親鸞会特有のものです。


さて、ciel氏の理解のひどさにがっかりです。

三願転入は、親鸞聖人が獲信の現在から振り返って、遠い過去から阿弥陀仏のご苦労、お育てがあったことを喜ばれての、言わば知恩報徳のお言葉です。
それは、親鸞会で示される三願転入の御文の直後に、

「ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要をひろうて、恒常に不可思議の徳海を称念す。いよいよこれを喜愛し、ことにこれを頂戴するなり。」

と仰って、仏恩を知らされ、その報謝のために『教行証文類』を選述されたことが述べられていることから知らされます。

今、十八願に救われようという人に、「十九願→二十願→十八願と進まなければ助からない」と教えるものではありません。十九願の行信、二十願の行信の結果は化土往生であり、親鸞聖人は化土を勧めるどころか誡めておられるからです。

ciel氏の主張だと、救いは十九願の行信を実践した先、つまり未来にあるということですから、只今の救いになりません。あとわずかしか命のない人、それに善を実行できない人は本願から漏れてしまいます。
また、「十九願の善、二十願の念仏に励み、自力間に合わないと、地獄一定の自己を知らされたものを助ける」という条件付きの救いになってしまいます。若くて元気な者はともかく、障害者や体の不自由な老人など、地獄一定の自己を知らされるほどに善が実行できない者は救いから漏れてしまうのです。


このように矛盾点がどんどん出てまいります。親鸞会の説く「三願転入の教え」が、「善悪・賢愚の隔てなく、あらゆる人を平等に救う」本願とは似ても似つかぬものであることがお分かり頂けると思います。

勿論、珍しい教えを説いて騙している親鸞会、高森会長が一番悪いのは言うまでもありません。だからといって、その珍しい教えを弘めて、騙される人を増やすのは悪くないということでもありません。

後日、教義の理解の誤りを更に検証していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネタゲット

さるでも判る三願転入ってフォーラムを、某サイトで作ったんだけど、この文章引用させてもらいますネ。

>林遊@なんまんだぶ様

「さるでも判る三願転入」ってすごい題名ですね。
会員は間違った三願転入の理解の染み抜きをしないといけないので、少々やっかいかも知れません。
救いを自分から離れた向こうに置いて、そこまで求めていくのではなく、阿弥陀仏によって既に届けられている救いの法(南無阿弥陀仏)を聞くのだということを分かってもらいたいです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード