FC2ブログ

念仏往生と信心正因、称名報恩

親鸞聖人の教えは、念仏往生、念仏成仏です。

阿弥陀仏が本願において私の往生の行としてただ一つ選択し、称えよと与えて下された念仏の一行を専修して浄土に往生し、救われてゆく教えです。

その肝要を私の上で適示するならば、本願の仰せを疑いをまじえずに受け容れた信心を正因とします。

念仏は万人に与えられている往生のみちですが、これを私が受け容れなければ私のみちにはなりません。すなわち、私は往生することができません。それで念仏往生ということは、そのまま信心正因と帰結するのです。

この信心は自分で起こすものではなく、如来より与えられる信心であるとして、他力の信心と言われます。

そして、信心を獲た上の称名念仏は、我が往生のためと思って修するのではなく、ひとえに我が往生を定めて下された如来広大の恩徳を報謝したてまつる報恩の念仏と心得て、命ある限り申していきなさいと称名相続を勧められたのが、蓮如上人の示して下されている称名報恩ということです。

称名報恩ということを少し間違うと、念仏は往生の因ではないとか、信前の称名は信心獲得するのに無意味、信前の人に念仏を称えるように勧めるのは間違いだ、などといった異安心に陥ってしまうようです。



【参照】
『飛雲』親鸞聖人の仰る往生の道とは6
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード