FC2ブログ

「高森先生はそんなことは仰っていない」しか言えない昨今の高森教徒

昨今の高森教徒は実に情けない。

高森先生はそんなことは仰っていない

これしか言えないのだから。最近で言えば

『飛雲』弥勒菩薩以上の”聞法善”をしてきたと悲しい勘違いをしている高森顕徹会長

のコメント欄等を参照して頂きたい。


なら、高森先生はどう仰っているのか、何が高森先生の本当の教えなのか。それを書けばよいものを、そんなこともできないのである。結局、高森会長の教えが分かっていないのと、責任を負うのが嫌なのだ。高森会長の教えを書くことによって、書く者自身が親鸞会の看板を背負うことになってしまうのだから。

しかし、それを怖れて何が「親鸞学徒」だろうか。何が「破邪顕正せざる者は仏弟子に非ず、仏法中の怨なり」だろうか。自分が先陣切って高森先生の教えの正しさを証明してやると、親鸞会の看板を背負うこともできないとは、今残っているのはよほど教えに昏くそして自信が無い高森教徒ばかりと見える。

私が退会した頃はそうではなかった。何とか高森先生の教えが真実であることを明らかにしてやろうという会員がいて、聖教の言葉なども挙げて激論を交わしていたものだ。尤も、解釈は間違ってばかりだったが。

公開法論の一つもまともに実現できない会長。会長の教えを正確に伝えることのできない会員。ギネス認定だとか、名聞利養を誇ってそれを売りにしている団体。そんな会に身を置いて何になるだろうか。そんな者の教えを聞いていて今宵の後生の一大事は助かるのだろうか。心ある会員はよく考えてもらいたい。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード