【検証】これが親鸞会会員の三願転入の理解です(1)

これが親鸞会会員の三願転入の理解ですで、ciel氏の三願転入の理解を引用しました。こうした理解は親鸞会に見られる間違った解釈です。
間違いはたくさんあるのですが、その内の一部分について、どこがどう間違いで正しい理解はどうかを明らかにしていきたいと思います。


まず、

十八願にたどりつく為には、十九願と二十願を通過しなければなりません。
十八願は目的で、十九願、二十願は、そのプロセスです。
善導大師は、十九願を要門、要の教えと言われました。
絶対必要で重要なものなのです。


が誤りです。

このブログで何度も書いてきたことなので簡単に書きます。

親鸞聖人は、十八願・十九願・二十願の生因三願に真仮を分けて教えられました。生因とは、衆生が浄土に往生する因のことです。また、浄土にも真実の浄土(報土)と方便としての浄土(化土)があることを明らかにされました。それらの関係は、

十八願(真実)ー他力念仏往生(報土往生)
十九願(方便)ー自力諸行往生(化土往生)
二十願(方便)ー自力念仏往生(化土往生)


となります。
そして、化土往生を誡められ、報土往生を勧められたのが親鸞聖人です。
ですから、親鸞聖人は、十九願、二十願の行信を誡められ、専ら十八願の行信を勧めておられるのです。

「十八願は目的で、十九願、二十願は、そのプロセスです」と書いていますが、十九願、二十願にとどまっていては、十九願、二十願の行信の通りに実行できたとしても化土往生しかできないのです。十八願に入ることはありません。「十九願、二十願は、そのプロセスです」と未だに思っている会員の皆様には、

悲しきかな、垢障の凡愚、無際よりこのかた助正間雑し、定散心雑するがゆゑに、出離その期なし。みづから流転輪廻を度るに、微塵劫を超過すれども、仏願力に帰しがたく、大信海に入りがたし。まことに傷嗟すべし、深く悲歎すべし。(教行信証化土巻)

のお言葉をよくかみしめて頂きたいと思います。


また、親鸞聖人は、十九願を聖道門の人を浄土門に導く方便の願と解釈されています。この根拠については、以前、私信ですが記事にしました(2)に書きましたので、参考にして下さい。


そして、十九願、それを開説された観無量寿経の顕説を、親鸞聖人は要門といわれました。
この要門という名目は善導大師の『観無量寿経疏・玄義分』のお言葉によりました。

娑婆の化主(釈尊)はその請によるがゆゑにすなはち広く浄土の要門を開き、安楽の能人(阿弥陀仏)は別意の弘願を顕彰したまふ。
その要門とはすなはちこの『観経』の定散二門これなり。「定」はすなはち慮りを息めてもつて心を凝らす。「散」はすなはち悪を廃してもつて善を修す。この二行を回して往生を求願す。弘願といふは『大経』(上・意)に説きたまふがごとし。


善導大師は、「要門とはすなはちこの『観経』の定散二門」と言われています。
細かいことですが、善導大師を主語するならば「善導大師は、十九願を要門と言われました」より、「善導大師は、『観経』の定散二門を要門と言われました」とした方が適切でしょう。十九願意を開説されたのが『観経』の顕説(定散二善の法門)だと明らかにされたのは親鸞聖人ですからね。

上の『玄義分』のお言葉から分かるように、善導大師は、『観無量寿経』を、イダイケの要請によって釈尊が説かれた要門(定散二善)と、阿弥陀仏が顕彰された別意の弘願(十八願)の二つの法門が説かれていると見られました。

では、善導大師は、定散二善を十八願に入るプロセスとみているかというとそんなことはどこにも教えられていません。それどころか『観経』の流通分で

なんぢ、よくこの語を持て。この語を持てといふは、すなはちこれ無量寿仏の名を持てとなり。

と阿難に念仏が付属されていることから、

「仏告阿難汝好持是語」より以下は、まさしく弥陀の名号を付属して、遐代に流通せしめたまふことを明かす。上来定散両門の益を説くといへども、仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり。(観無量寿経疏・散善義)

と、称名念仏(十八願他力念仏)を勧めた経として『観経』を見られました。このように称名念仏一行を付属されたのは、阿弥陀仏の本願に望み合わせたからです。

「偏依善導」といわれた法然聖人は『観経』の流通分で念仏が付属されたことを、

つらつら経の意を尋ぬれば、この諸行をもつて付属流通せず。ただ念仏の一行をもつて、すなはち後世に付属流通せしむ。
知るべし、釈尊の諸行を付属したまはざる所以は、すなはちこれ弥陀の本願にあらざるゆゑなり。
また念仏を付属する所以は、すなはちこれ弥陀の本願のゆゑなり。
いままた善導和尚、諸行を廃して念仏に帰する所以は、すなはち弥陀の本願たる上、またこれ釈尊の付属の行なり。ゆゑに知りぬ、諸行は機にあらず時を失す。
念仏往生は機に当り、時を得たり。感応あに唐捐せんや。
まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。
一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり。行者知るべし。(選択本願念仏集)


と説かれています。そして、親鸞聖人も『観経』の正宗分と流通分の意から、

定散諸機各別の
自力の三心ひるがへし
如来利他の信心に
通入せんとねがふべし (浄土和讃)


と教えられています。

このように善導大師・法然聖人・親鸞聖人において、十九願の善(定散二善)の勧めはないのです。
「十八願は目的で、十九願、二十願は、そのプロセス」ということならば、これらの善知識方は十九願の善(定散二善)を勧められているはずですが、勧められてはいないのです。

善知識方が勧められてもいないことを勧めている親鸞会であることを、ciel氏にも知って頂きたいと思います。

短く書くつもりが、善導大師について書いているうちに長くなってしまいましたので次回も続きを書きたいと思います。

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

疑問に思ってました



高森会は、「要門のヨウとは、必要のヨウ、重要のヨウだ。
だから善をしないといけない、19願は必要だ」

こればかりいいます

どこに、親鸞聖人は「ヨウとは、必要のヨウ、重要のヨウだ」と書かれているのでしょうか?

>名無し様

【答え】

書かれていません。

親鸞聖人の書かれたお聖教のどこを読んでも、「要門のヨウとは、必要のヨウ、重要のヨウだ。
だから善をしないといけない、19願は必要だ」などという意味のことは教えられておりません。

記事にかいたように19願は自力諸行往生の願であり、親鸞聖人は末灯鈔では定散の善は諸行往生の言葉に摂まるともいわれています。
19願の善は化土往生の行であり、臨終来迎がなくば化土へも往生することができない行です。ですから、勧めるどころか誡めておられます。


親鸞聖人は、要門を、聖道門の人を浄土門に誘引する教えとみられました。つまり、聖道門の人に対して「すでに行っている行を、阿弥陀仏の浄土に生まれたいと願う心で実行しなさい、そうしたら阿弥陀仏は往生させて下さいますよ」と浄土を願わしめる教えとみられたのです。

そして、教行信証化土巻の要門釈でそのような要門の誘引のはたらきを説かれた後で、化土巻では、

しかれば、それ楞厳の和尚(源信)の解義を案ずるに、念仏証拠門(往生要集・下)のなかに、第十八の願は別願のなかの別願なりと顕開したまへり。『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

と、自分の能力をわきまえよと厳しく説かれて、他力念仏を勧められているのです。


親鸞会では「証拠より論」と言って、救われたと言っている人を異安心と決め付けていますが、それは単に親鸞会教義に当てはまらないだけです。逆に証拠もなければ論も破られているのが親鸞会です。論が間違っていますから、いくら親鸞会で勧める通りに励んでも証拠は出ようはずがありません。

珍しい教えですね

>書かれていません

よくわかりました

珍しい教えですね(笑)
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード