FC2ブログ

【ツッコミ】悪人こそ弥陀の本願の正客(R02.01.01 顕正新聞【論説】より)

【論説】では人間の善悪の価値判断が国や時代や人々によって異なること、当てにならないものであると述べています。そのことを教えられた『歎異抄』のお言葉の口語訳と思しきものが載っていますが、その『歎異抄』のお言葉が後序

善悪のふたつ、総じてもつて存知せざるなり。そのゆゑは、如来の御こころに善しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、善きをしりたるにてもあらめ、如来の悪しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、悪しさをしりたるにてもあらめど、煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに

です。その後、善悪を知り通した如来は我々のことを

心常念悪 口常言悪 身常行悪 曽無一善

と仰っていると『大無量寿経』五悪段 第五悪の文を引いて、仏教では心を重んじること、その心が悪ばかり造っているから口も体も悪ばかりなのが全人類であることを述べています。かかる悪人である全人類を

「絶対の幸福に救わずばおかぬ」

のが本師本仏の阿弥陀仏の本願であるというのです。これで論説は終わっています。しかしこれでは決定的に何かが足りません。一部分だけ述べて、その後を語らない物語のようです。足りないものとは何か、会員の皆さんは気付いているでしょうか?


もう多くの方はお気づきの通り、我々の実相に関する部分だけ述べて、それを助ける法、すなわち『歎異抄』で言えば

ただ念仏のみぞまことにておはします

の部分が無いのです。「本師本仏の阿弥陀仏の本願」という言葉は出しているものの、上のような説明で終始し、本願の説明も間違っていれば、どうしたら救われるのかという点については一切触れられていません。

阿弥陀仏が衆生救済の願をおこされた由来と、その願を成就して現に我々を救済しつつあることを「仏願の生起本末」と言いますが、これで言えば仏願の生起だけで仏願の本末は説かれていないという体たらくです。

しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。『信文類』経釈文自釈(聞によって信をあらわす)

とあるように、仏願の生起だけ聞いて仏願の本末を聞かないようではとは言えません。

また仏願の生起本末について蓮如上人は南無阿弥陀仏の六字のこころとして丁寧にお示し下さいましたが、その六字のこころについても一切触れられていませんから、親鸞会でいくら聞いていてもも何もないのです。


本願は、本願を信じ念仏する者を浄土に往生させる、という本願です。
仏願の生起とは、我々は煩悩具足で迷界を出離することができないということです。真実心も、真実を疑いなく受け容れる信心も、浄土願生の心も、我々は金輪際持ち合わせていないということです。
仏願の本とは、かかる我々をむねとして救うために五劫思惟、兆載永劫の修行を経て本願の三心(体は名号)を成就されたということです。
仏願の末とは、阿弥陀仏は三心(体は名号)を現に今、我々に施し与えて救おうとされているということです。

迷界を出離させ、必ず往生成仏してさとりを完成する法、すなわち南無阿弥陀仏の名号法を阿弥陀仏の方でご成就、ご用意下さったから、それを計らいをまじえずに受け容れよというのが仏願の生起本末の結論であり、それが南無阿弥陀仏の六字のこころです。そのように聞いて疑いないのがです。

もっとつづめれば、南無阿弥陀仏という「助けるぞ」の弥陀の仰せを聞く、これがです。そのがそのままでありますから、これを聞即信と言われるのです。

本願を計らいをまじえずに聞き、受け容れた姿が信心であり、念仏であります。信心、念仏となって我々の上に現れているのは、まったく本願力そのものであり、私の造作、私の計らいは雑じりません。

こうして如来の仰せを受け容れたその時、摂取不捨の利益にあずかり、現世は正定聚の位に入って決定往生の身となり、命が尽きた時が浄土に参ってさとりを完成する時ですから、これを現当二益というのです。往生が決定するのは臨終を待って初めて定まるのではなく、平生本願を聞信する一念に定まるから、これを平生業成というのです。


親鸞会では聞即信や現当二益、平生業成という語は出てきても、結局絵に描いた餅で、救いの法がありませんから道理から言っても助かるはずがないのです。例えれば、会員は重い病気でそのままでは死んでしまうという診断を聞かされているだけの病人のようなものです。

確かに病に無自覚なままではそれを治す薬には全く無関心ですから、診断を聞くというのも大事でしょう。しかし、診断を聞いただけでは病気は治りません。それを治す薬を飲まねば病気は治りません。ですから、患者には早く薬を飲ませねばならないのです。薬を飲むこと、そして病気が治ること、これが一番大事です。薬を飲んで病気が治ることがなかったら、ハッキリ言って診断を聞く意味は皆無でしょう。

ところが、この度の論説でもせいぜい医者がいるというだけで、病を治す薬すら教えていません。親鸞会の話というのはたいていこれで終わりです。救いがないんです。

更にひどいことに、救いについて触れたとしても、親鸞会は間違った薬を処方し続けているのです。そして患者の病気を治すことには無関心で、病院を大きくすること、来院者を増やすことにのみ執心しているのです。

ここで、病を治す薬が名号、念仏であり、薬を飲むのが信心であり、間違った薬が諸善(組織拡大活動)です。

親鸞会で聞き続けても、救いがありませんから、あるいはありもしない救いしか説かれていませんから、本願の救いには遇えません。いつまでも希望を捨て切れずに居残る会員は、実に哀れ哀れです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>仏願の生起だけで仏願の本末は説かれていないという体たらくです。

=>おそらく説けないのでしょう。講師部も一人も説けません。
真宗の教えがわかっていないからです。

高森会長が本当にわかっていないのか、意図的に講師部や会員に教えないのかにはいくつかの見解があります。
しかし、親鸞会の教義に真宗の教義の重要な部分が抜け落ちていることは事実です。
高森会長の理解については近年、「実はわかっていない」、「本当は説けない」という説が主流を占め始めています。


>親鸞会で聞き続けても、救いがありません

=>救われた人があらわれたら、組織運営の支障がでますので、表向き何もなかったかのように排除するという仕組みになっています。

Re: a様

高森会長は大沼法竜師、伊藤康善師のパクリをして布教してきたに過ぎません。加えて詭弁や討論術が長けていたから無知な会員を騙せていただけのことです。

会長の信心に関しては不明ですが、教義理解に関しては主流を占め始めている説を推したいと思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード