FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについてⅡ(1)

【考察】念仏の勧めについて

では、七高僧方がどのように本願をご覧になられたか、そして何を勧め、またそれを親鸞聖人がどのように教えられているかを見てきました。

いずれもいずれも、本願文の説明に念仏を抜かしておられません。それどころか、善導大師に至っては大胆にも大事な信心を抜かして、念仏のみで本願を語られています。念仏は、本願において阿弥陀仏が唯一選び択られた衆生往生の行です。阿弥陀仏は「念仏を称える者を極楽に迎えよう」と仰っておいでですから、私達はその誓いを深く信じて念仏すれば必ず浄土に往生できるのです。

念仏は阿弥陀仏の勧めです。阿弥陀仏が勧められているからこそ釈尊もまた念仏を勧め、諸仏も念仏の法の真実なることを証誠しているのです。釈尊の教えは八万四千を超えますが、末法五濁の世に生きる末代不善の凡夫である我々には、念仏の法による以外に迷いの世を出離することは不可です。ですから三国の祖師方は、ただ念仏の一行を勧めてこられました。それを受け継がれたのが親鸞聖人です。


繰り返しますが、念仏は、阿弥陀仏が本願においてただ一つ選択された衆生往生の行です。信心は、その本願に対する信心、本願の信心であり、言葉を換えると本願が成就して仕上がった名号、念仏を称える際の信心、念仏の信心です。本願の信心、念仏の信心は、「念仏を称える者を極楽に迎える」という本願を深く信ずること、称名念仏の一行で往生が決定すると深く信ずることです。分かりやすく言えば

「念仏一つで助ける」という本願を深く信ずる
「念仏一つで助かる」と深く信ずる


という信心です。「深く信ずる」とは疑いの心を押さえつけて信じ込むのではなく、「念仏一つで助ける」という本願の仰せを計らいをまじえずに受け容れたことです。これは自分で起こす信心ではなく、如来より回向される他力の信心です。また、本願が成就して仕上がったのが南無阿弥陀仏の名号ですから、その名号を称える「念仏一つで助かる」と疑いをまじえずに受け容れたことでもあります。本願の信心、念仏の信心、この二つは同じことです。

本願は既に成就し、南無阿弥陀仏と成って私に至り届いております。救いの法は既に与えられているのですが、これを私が信受しなければ、受け容れなければ、私の救いになりません。そのようなわけで、本願を、本願の念仏を受け容れた信心が往生の正因だと言われるのです。これが信心正因です。これを正確に言うと、念仏の信心正因です。

では、その信心が与えられたから往生は決定、後は何をする必要もない、念仏を称える必要もないのかと言ったらそうではありません。念仏は、一生をかけて相続していく行です。では、往生は決定したのに、信後の人は何のために念仏を称えるんですか、何か意味はあるんですかと言ったら、それは往生を定めて下された御恩報謝のためだよ、そのように心得て念仏しなさいと教えられています。これが称名報恩です。これも正確に言うと、信後の称名報恩です。


親鸞聖人が、往生一定となった後の称名に報恩の義があることを教えられているのは確かです。しかしながら、親鸞聖人は「称名は報恩である」ことを顕すために『教行証文類』その他多くの著書を書かれたわけでないことも確かです。

ただ、お聖教を読んでいきますと、親鸞聖人の上に往生のための念仏の勧めがあることは明らかですが、特に蓮如上人の『御文章』の上では信前は弥陀をたのめ、南無阿弥陀仏の六字のすがたを心得よという勧めばかりで、顕わに往生のための念仏の勧めは説かれていません。それでいて信後の称名は報恩と心得よという内容で一致しています。この違いは一体何なのでしょうか。

蓮如上人以来、浄土真宗は多く『御文章』による教化がなされてきました。どうも『御文章』に顕著に表れている蓮如上人の教え、蓮如教学をもって、親鸞教学の代用としてきた節があります。ところが近年、清沢満之によって『歎異抄』が世間の注目を浴びることとなり、その影響が真宗界にも及んでいるようです。

『御文章』と『歎異抄』では、文面上に顕わになっている教義が随分と異なるように見受けられます。例えば『御文章』では「後生たすけたまへと一心に弥陀をたのめ」ですが、『歎異抄』では

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。

等とあるように念仏が強調されています。その他、驚くような内容が書かれています。それで、恐らく説く側の布教使も、聞く側の門徒の方々も困惑しているのでしょう。

中には、『御文章』の教化こそ真宗であり、それを強調するあまりなのか、

・法然上人の教えと親鸞聖人の教えは違う
・信心が往生の因であり、念仏は往生の因ではない
・阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない
・念仏往生と平生業成は違う
・『歎異抄』の教えは親鸞聖人の教えではない
・『教行信証』以外の親鸞聖人の著作や御消息は法然上人の教え


等というような主張まであります。それらは本当なのでしょうか。

この【考察】ではそのような疑問から、その謎を解く鍵を探すべく、念仏往生の法門が七高僧から親鸞聖人、更には蓮如上人へとどのように伝わっていったかを、お聖教や和上方の書物を通して伺っていきたいと思います。



【参照】
『飛雲』念仏往生の願成就文と信心正因称名報恩
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>信後の人は何のために念仏を称えるんですか、何か意味はあるんですかと言ったら、それは往生を定めて下された御恩報謝のためだよ、そのように心得て念仏しなさいと教えられています。

口をついていつの間にかつぶやいている念仏は,何のためにと言われても,勝手に出てくるという感じでしょうか。意味と言えば,阿弥陀様が自分を場として働いてくださっているのだなあと感じる程度です。もちろん,ご恩報謝の念仏となるからこちらから意識して称えなくてはいけないと思いますが,ほとんどしていないのが現状です。日々世事に忙しく,心を奪われ,ご恩報謝の気持ちのかけらも出てこない自分だと知らされます。

Re: ヒロ様

私も似たようなものです。だからこそ、縁に触れ折に触れ、思い出してはお念仏申すようにしています。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

法然聖人から出て法然聖人に帰った人

ども、林遊@なんまんだぶです。

梯實圓和上は、御開山を「親鸞は忠実な法然の継承者であり、まさに法然から出て法然に還った人であるとさえいえるのである」『法然教学の研究』と仰っておられました。
その意味では、御開山の思想を学ぶには、法然聖人の教学を学ぶべきなのですが、江戸時代に教学が盛んになってから、浄土宗は法然聖人の教えであり浄土真宗はそれと違う親鸞聖人の教えであるとされてきた歴史的背景があります。
それは、大正時代に発見された、醍醐本『法然聖人伝記』や『三部経大意』、または高田派で伝持されて大正時代に公にされたきた『西方指南抄』などを見ずに、覚如上人、蓮如さんの信因称報説だけによって真宗教義を理解しようとしてきたからでした。
浄土真宗の特徴であると『歎異抄』にある「悪人正機説」は『醍醐本法然上人伝記』に「善人尚以往生 況悪人乎事(善人なお以つて往生す、いわんや悪人おやの事)」とあるように、法然聖人のお言葉でした。

教義を固定化するはたらきをドグマ化といいます。なおドグマとは本来、宗教上の教義や教理を意味するのですが、独断的な説や偏見(一方に偏った見方)をドグマ化といいます。ある意味で高森親鸞会は、御開山の説かれた浄土真宗の「行信不離」の教義を「信心正因」の名目をドグマ化して大衆を扇動してきたのでした。
それは、蓮如さんの「後生たすけたまえと弥陀をたのめ」といふ生死流転を解脱して西方仏国への往生を欣えといふ後生の言葉の意味が、現世での信心という餌の「絶対の幸福」へと変えて教えたらでした。
そもそも現代人には「輪廻転生(生死)」といふ、生まれかわり死に変わりすることからの解脱を説くのが仏教だといふ考察がないのでしょう。だから「絶対の幸福(リア充)」とタームに騙されて現世利益の「絶対の幸福」を求めて自己の人生を空費するのでした。

それは「他力」といふ言葉に幻惑されて、なんまんだぶ(称名)を称える人間の行為を自力であるとする、念仏信仰への批判から生まれた思想であろう。特に覚如上人は念仏を称えることを重視する知恩院の下にある御開山の廟堂(墓)に過ぎなかったから、学んだ西山義や一念義の幸西大徳の示唆によって信心を強調したのだと思われる、知らんけど。

「梯實圓師法話 法然聖人から出て法然聖人に帰った人」
https://www.youtube.com/watch?v=u_Zju0qo3UI

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


Re: 林遊@なんまんだぶ様

浄土宗は法然聖人を開祖としながらも、その派祖毎の教えでありますね。
浄土真宗も、親鸞聖人を開祖としながらも、現在は覚如上人や蓮如上人の信因称報説だけによって他宗との違い目ばかりを強調して訴えるようなことが行われているように感じます。
それが行き過ぎて、己の欲望と相俟ってできたのが高森教でしょう。

浄土真宗は生死を出離し往生成仏することを目的とすること。その往生の行としての称名念仏。こういった土台があっての親鸞聖人の教えであり、覚如上人、蓮如上人の教えであること。念仏往生を離れた信心正因もないし、信心正因といっても決して念仏往生の法義を否定するものではないこと。こういったことがもっともっと説かれたらいいのにと思います。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

No title

わかりやすく説明いただき有難うございます。

念仏は、第17願成就の諸仏称賛の名号、私の口からあふれる名号を聞いた信心が救いの法ですね。

親鸞会も、信心だけを強調しますね。浄土の救いをもっと広く受け取ったらよいと個人的にはおもいます。

Re: a様

親鸞会も少しずつ変わってきたとは言え、やはり念仏は信心のオマケです。また、会員が求めているのが絶対の幸福という現世利益、驚天動地の体験であり、そういうものを信心と思っているため、まず邪義の染み抜きをしないと浄土の救いを受け取ることは難しいのではと感じます。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード