FC2ブログ

【考察】念仏の勧めについてⅡ(2)

ここで改めて、七高僧方はなぜ、何のために念仏の一行を勧められたのでしょうか。それは、

願はくはもろもろの行者、おのおのすべからく心を至して往くことを求むべし。また『無量寿経』(上・意)にのたまふがごとし。
「もしわれ成仏せんに、十方の衆生、わが名号を称すること下十声に至るまで、もし生ぜずは、正覚を取らじ」(第十八願)と。かの仏いま現に世にましまして成仏したまへり。まさに知るべし、本誓重願虚しからず、衆生称念すればかならず往生を得。
『往生礼讃』

いま念仏を勧むることは、これ余の種々の妙行を遮するにはあらず。 ただこれ、男女・貴賤、行住坐臥を簡ばず、時処諸縁を論ぜずして、これを修するに難からず、乃至、臨終に往生を願求するに、その便宜を得たるは念仏にはしかじ。
(中略)
いはんやまた、もろもろの聖教のなかに、多く念仏をもつて往生の業となせり。
『往生要集』念仏証拠

それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。『選択本願念仏集』三選の文

等とあるように、浄土に「往く」ため、「往生を得」るためです。「往生を願求」して、「往生の業」としてです。「生死を離れ」、浄土に「生ずる」ためです。つまり、往生のためです。


この世界は迷いの境界であり、自身は煩悩罪業にまつわられて、果てしない過去から今日、そしてこの先未来永劫に至るまで、我々は六道二十五有生を転々して苦悩を離れることができません。ですから、迷いを離れて悟りを開き、清らかな涅槃の境界に至れと教えられているのが仏教です。

その仏教について、聖道門と浄土門という二種類の勝れた教えがあります。

おほよそ一代の教について、この界のうちにして入聖得果するを聖道門と名づく、難行道といへり。「化身土文類」聖浄二門判

一つは、この世で聖者となってさとりを開く聖道門、難行道です。そしてもう一つが、

安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。

浄土に往生してさとりを開く浄土門、易行道です。

この内、聖道門は時は釈尊在世ならびに正法の教え、機は聖者、善人のための教えであり、像末、法滅の時機の衆生には相応しない教えです。現在は末法に当たりますが、時代は釈尊を去ること遥か遠くであり、教えは深くして衆生の理解能力は乏しいため、聖道の諸教は我々には高嶺の花であります。この時機になりますと、教えはあっても如説に修行してさとり得る者は一人もいないと教えられます。

大乗の聖教によるに、まことに二種の勝法を得て、もつて生死を排はざるによる。 ここをもつて火宅を出でず。 何者をか二となす。 一にはいはく聖道、二にはいはく往生浄土なり。
その聖道の一種は、今の時証しがたし。 一には大聖(釈尊)を去ること遥遠なるによる。 二には理は深く解は微なるによる。このゆゑに『大集月蔵経』(意)にのたまはく、「わが末法の時のうちに、億々の衆生、行を起し道を修すれども、いまだ一人として得るものあらず」と。当今は末法にして、現にこれ五濁悪世なり。 ただ浄土の一門のみありて、通入すべき路なり。
このゆゑに『大経』にのたまはく、「もし衆生ありて、たとひ一生悪を造れども、命終の時に臨みて、十念相続してわが名字を称せんに、もし生ぜずは正覚を取らじ」と。
『安楽集』聖浄二門判

対して浄土門は、阿弥陀仏の本願力によって順次に極楽に往生し、浄土にて迷いを離れてさとりを開く教えです。聖道門は険しい陸路を歩いて行くような教えであるから難行道と言われ、浄土門は自らの力に依らず、船に乗って風を受けて水路を進んで行くような教えであるから易行道と言われます。聖浄二門判で言えば、浄土真宗は浄土門、易行道に当たります。

釈尊一代の教えは教理行果を出ないといいます。親鸞聖人は『顕浄土真実教行証文類』を著されましたが、聖道門にしても浄土門にしても、教があり、行を修して、果(証)を得ることは共通です。聖道門の行は諸善万行と言われるようにありとあらゆる善根功徳ですが、浄土門、とりわけ浄土真宗の行は、称名念仏の一行です。それは阿弥陀仏の本願に「念仏の衆生往生せずは我も正覚を成らじ」と誓われているからです。称名は阿弥陀仏が選択された行だからです。念仏は阿弥陀仏の勧めだからです。

行の無い仏教はありません。「ただ信心のみ」とは、キリスト教でも言うことです。親鸞聖人は行の無い仏教を説かれたのではなく、一切の自力を否定されただけです。ですから、七高僧方、親鸞聖人は、生死を離れる(出離する)ため、浄土に往生してさとりを開くために、その往生の行として念仏を勧められたのです。(最初から)報恩の行として念仏を勧められたのではありません。


浄土真宗の目的は、生死を出離すること、浄土に往生し成仏することです。ひいては、仏の大慈大悲をもって一切衆生を救済することです。その教が浄土三部経、中でも『大無量寿経』を根本とする教えであり、その行が称名念仏の一行です。この土台無しに親鸞聖人の教えがあるわけではなく、蓮如上人も、この土台無しに信心正因称名報恩の法義を説かれたのではありません。

ただ親鸞聖人と蓮如上人では、時代背景も異なる上に問題とされていることも随分と違います。それについて、まず親鸞聖人の時代背景や問題を次回以降に追って紹介していきたいと思います。

ともあれ、穢土を厭い、浄土を願うならば、

速やかに迷いの世界を離れ、浄土に往生しようと思ったら、聖道門をさしおき、雑行をなげうち、助業をかたわらにして、専ら称名念仏の一行をつとめよ。仏名を称すれば必ず浄土に生ずることができる。阿弥陀仏が本願にそう誓われているからである。

という法然聖人の教え、それを無我に相承された親鸞聖人の教えに順じて一心に本願をたのみ、一向に称名念仏の一行をつとめましょう。

私が念仏を称えるから往生するのではありません。「念仏する者を往生させる」という本願があるから往生するのです。信心は、上の赤字の内容を深信すること、すなわち、本願の仰せ、善知識方の勧めを仰せの通り受け容れて、身も心もすっかり阿弥陀仏にまかせることです。私達の拠り所は私達の心ではなく、本願であり、本願成就の名号、念仏です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>仏名を称すれば必ず浄土に生ずることができる。阿弥陀仏が本願にそう誓われているからである。

法然聖人のお言葉を聞くと,やっぱり念仏一つと心が打たれます。「順彼仏願故」は説得力があります。お慈悲を感ぜずにはおれません。この喜びはどこから出てくるのでしょう。やはり法縁に触れていくことが大事だと改めて思います。

Re: ヒロ

やはり法然聖人のお言葉には心惹かれる何かがあるのでしょう。親鸞聖人が

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。

智慧光のちからより
 本師源空あらはれて
 浄土真宗をひらきつつ
 選択本願のべたまふ

善導・源信すすむとも
 本師源空ひろめずは
 片州濁世のともがらは
 いかでか真宗をさとらまし

曠劫多生のあひだにも
 出離の強縁しらざりき
 本師源空いまさずは
 このたびむなしくすぎなまし

とまで仰るのも、法然聖人のお徳、お言葉に惹かれたからに違いないと思います。

Abcです

淳心房さん
 及び 他コメンテータさん

お久しぶりです、Abcです。
久々にこちらのサイトを見ましたら、更新されているようですのでうれしさのあまりコメントを寄せさせていただきます。

源空聖人(法然上人)は、「浄土思想」を確立された方で、その影響は幸西上人、証空上人、そして親鸞聖人と広がっています。

代表される言葉としては、「選択本願(選択摂取の本願、王本願)」や「義なきを義とす」
そして言われているように「正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり」であります。

以下にヒロさんへ渡されました『ご和讃』の下し文を記しておきます。
今後とも、よろしくお願いします。


智慧光のちからより 本師源空あらはれて
 浄土真宗をひらきつつ 選択本願のべたまふ


 智慧光(阿弥陀さまの別号 アミダーバを漢訳された別号)のおはたらきにより 本師源空がお生まれになられて
 浄土まことの教えをひらかれて (阿弥陀さまが)選び択られた本願をご説明されました


善導・源信すすむとも 本師源空ひろめずは
 片州濁世のともがらは いかでか真宗をさとらまし


 善導禅師や源信僧都が浄土念仏を勧められたとしても 本師源空が浄土念仏を弘めなかったならば
 この濁世の日本にすむ同行たちは、 どのように「まことの教え」をいただくのだろうか


曠劫多生のあひだにも 出離の強縁しらざりき
 本師源空いまさずは このたびむなしくすぎなまし


 非常に長い間、 阿弥陀さまによる「出離の強縁」を知りませんでした
 本師源空がおられなかったならば 今も虚しく過ぎてしまったことでしょう


ーーー ・ ーーー ・ ーーー
『正像末法和讃』
聖道門のひとはみな 自力の心をむねとして
 他力不思議にいりぬれば 義なきを義とすと信知せり


聖道門のひとは 行者自身の心を基としていますから
 阿弥陀さまの不思議のおん計らいに入られたならば 「行者自身の計らいがないことを 浄土の教えの計らいである」と信じさせていただくのです


「念仏に値われた喜び」は「阿弥陀さまから与えられたよろこび」であります。
また、「念仏を行わせていただくこと」も「念仏を伝え聞かしむること」もまた「阿弥陀さまの御用意された行い」であります。

 「自然法爾」とは、「「法爾」といふは、如来の御ちかひなるがゆゑに、しからしむるを法爾といふ。この法爾は、御ちかひなりけるゆゑに、すべて行者のはからひなきをもちて、このゆゑに他力には義なきを義とすとしるべきなり。「自然」といふは、もとよりしからしむるといふことばなり。」とありますように
 「阿弥陀さまの御誓い」であります。

 「不回向の行願」とは、『歎異抄』第八に「念仏は行者のために非行・非善なり。わがはからひにて行ずるにあらざれば非行といふ。わがはからひにてつくる善にもあらざれば非善といふ。ひとへに他力にして自力をはなれたるゆゑに、行者のためには非行・非善なり」とありますように、

 「行者のためには、わがはからひにて行ずるにあらず、わがはからひにてつくる善にもあらず」
 「行者からすると、自分の計らいで行うことでもなく、自分の計らいで作る善でもない」

といわれています。どうぞ、つづけてお聴聞なされてください。

なもあみだ、なもあみだ
 Abc

少し前、親鸞会のトップと言われる
専任講師の講演会がyoutubeで配信されているということで見てみました。
バカ息子、泉、山崎、吉村という そうそうたるメンバー❓️が話をしていました。みんな歳をとったなと思いつつ、聞いた感想としては、未だにこんなことを
言っているんだなということです。
相変わらず絶対の幸福の連呼、阿弥陀仏の
本願とは全ての人を絶対の幸福に救って
みせるというお約束だからその身にさせていただくまで真剣に聞かせて頂きましょう。そんな話ばかりで念仏の勧めの話は
なく仏願の生起本末の話もなく聴聞で
何を聞かせて頂くかの話もありません
でした。
聞くに耐えず、飛ばし飛ばし聞いていましたが、情けなくなりました。
まあ、異安心の顕徹の受け売りですから
当然といえば当然ですが。
しかしこの人達は何でこうも力みまくって大声で話すのですかね。自分が信心決定
もしてないのに何であれだけ自信たっぷり
に話せるのか、不思議です。何千人の聴衆
を前にしての高揚感なのか、真宗を自己の
金儲けの手段の職業として演技をしている
のか、自分を信心獲得者と勘違いしているのか、顕徹のロボットになり下がってしまったかの何れかと思うのです。しかし
これら幹部講師の話がyoutubeでも実に
ハッキリ良く聞こえるのです。
おそらく、会場の音響効果と録音効果が
抜群に良いのでしょうね。でも会員の皆さん親鸞会の与太話を何千年聞いても
流転輪廻の生死の苦海から出離することは
できません。目的がずれているのですから。

同じくyoutubeに梯実円さんや大峯顯さんの御法話があったので聞きました。
録音が悪かったのか私の耳が悪いのか
聞き取れないところが多々あり非常に
残念でした。



コメント返信

Abc様

ありがとうございます。忙しい日々ですが、何とか更新を続けています。

和讃は仮名交じりで分かり易いです。時折「うん?」と疑問なものもありますが、今は色々と調べたり聞いたり、こうしてコメントを頂けたりすることができるので、その点ネット環境は有難いです。

これからもよろしくお願いします。なもあみだ、なもあみだ、なもあみだ・・・


A1様

最近ではyoutubeでの布教に随分と力を入れているようです。言っていることは高森教ですが、映像と音声だけならクリーンを装えますし、高森教の実態を知らない人は魅力を感じて入会してしまうかもです。

なお、A1さんの耳は悪くないと思います。私も和上方の法話音声を聞くことがありますが、聞き取れないところがあります。個人用として録画録音したものを流していると思われるので、音質が良くないのは致し方ないでしょう。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード