25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重い

後生の一大事が問題にならねば、「雑行」は絶対に分からないという記事が親鸞会公式ホームページにありました。

その中で、親鸞会が受けている非難についてこのように書かれていました。

《非難》
蓮如上人も「雑行(ぞうぎょう)を捨てよ」とは、書かれているが「信仰が進むから、善をしなさい」とは、書いておられないのではないか。
だから、善を勧める親鸞会は間違いであり、善をすれば助かるという諸行往生だ。



一体、これは、どこで受けた非難でしょうか?
まず、それを明らかにして頂きたいと思います。

親鸞会が
・獲信の因縁(宿善)として諸善をせよ
・諸善と獲信はよい関係にある
・善をしなければ信仰は進みませんよ

と獲信と修善を関係づけて教えていることについての批判はありますし、また、親鸞会は「善の勧め」といっているが諸行往生にもなっていないではないか、本当に善をしているのか?という批判もあります。

非難の内容を正確に理解しないと反論もできないでしょう。高森会長もアニメ解説や教学講義で「どんな質問なのかをまず正確に理解しないといけない」といって、質問の内容を繰り返しアシスタントに確認していたことをよく覚えています。


また、この内容は顕真か何かに掲載されていた信心の沙汰がもとになったものと思いますが、サイトをみてみると、

学徒:阿弥陀仏が「救済の要門」として十九願を建てられたのですね。

講師:十九願から二十願へ導き、そして、真実の十八願へ転入させる。
阿弥陀仏が「十方衆生」と誓われたのは、この三願のみです。
この三願によって救う、という三願転入が、私たちを救うための阿弥陀如来の遠大なご計画なのです。すべては、阿弥陀さまのお計らいなのですよ。

学徒:親鸞会を非難する人たちは、それを勝手に計らって、「18願だけでいいんだ」と言うらしいですね。

学徒:「19願は、聖道門の人を浄土門に導くためのものだから、18願の救いを求める人には関係ない」と言っているそうですよ。

学徒:へー、19、20の方便願は、自分には不要とでも思っているのでしょうか?

学徒:方便は卒業したと思っているのかな?

学徒:とんでもないうぬぼれですねえ。

講師:18願だけで素直に聞ける自分だと思っているからでしょう。

学徒:ところがおかしなことに、念仏を称えることは勧めるそうですよ。

学徒:19願は不要だが、20願は必要ということ?

学徒:それじゃあ、二願転入だ。

学徒:阿弥陀仏の19願は、あきらかに「十方衆生」と誓われていますね。阿弥陀仏のお誓いですからね。

講師:その19願をお釈迦さまが開説されたのが、『観無量寿経』ですが、説かれた相手は、悪女の韋提希夫人(イダイケぶにん)です。聖道門の人ではありませんよ。

学徒:また、未来の衆生、つまり私たちのためにも説かれたのが『観無量寿経』の定散二善(善のすすめ)であると教えていただきました。

講師:そうです。また親鸞聖人は19願の御心を、

「至心発願欲生と 十方衆生を方便し、
  衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける」

とおっしゃっています。

学徒:「十方衆生を方便し」というのは重いお言葉ですね。

講師:十方衆生が、阿弥陀仏のお力によって導かれているのですから、無関係な人は一人もありません。

学徒:「19願は聖道門の人にだけ」というのは、明らかにおかしいですね。親鸞聖人のお言葉に反しています。

講師:本願寺の勧学(学者)に、そういうことを言う人がいますから、その受け売りで非難しているのでしょう。非難の論法も、全く同じですから。
  高森先生は、すでに『本願寺なぜ答えぬ』の中で、「仏の正意がわからぬために『方便(仮)は捨てもの』と実行せず、合点だけで、相済みにする本願寺」(p159)と書かれています。
  また、「自力とか、十九願というと、捨家棄欲、自力修行としか考えられぬ、半身不随的理解」(p163)とも、ズバリ見抜かれていますね。

学徒:すごい破邪のお言葉ですね。

学徒:宿善論争は、もう25年前になりますが、いまだに本願寺から返答はありませんね。

講師:25年間も答えられない、という事実は極めて重いものです。
そのへんの有象無象が何を言おうと、本願寺トップの学者集団は、完全に沈黙しています。

学徒:『本願寺なぜ答えぬ』には、「善のすすめ」が、文証で明らかにされているのですからね。

学徒:ところが本願寺は善のすすめを否定しているのですから、末寺の僧侶や浄土真宗の門徒の人が、積極的にやろうとしないのも当然ですね。


と、最近のmixiでのやりとりを意識した内容が加わっています。

そのmixiでの議論のまとめについては、『飛雲 三願転入の議論のまとめ』に書かれていますので参照して下さい。

それにしても、宿善論争はもう25年前になりますが、いまだに『本願寺なぜ答えぬ』には、紅楳英顕著『派外からの異説について』が掲載されていません。

25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重いものです。

その辺の有象無象が何を言おうと、高森会長が、『本願寺なぜ答えぬ』には別の論文を掲載したのです。


親鸞会は非難に対して論点スライドしないで下さい
親鸞会は非難に対して論点スライドしないで下さい(2)
でも書きましたが、教えに絶対の自信があるのならば、

「親鸞聖人の教えに、獲信の因縁としての善の勧めはない」
「獲信の因縁としての善を勧める親鸞会は間違っている」


と親鸞会を非難するものがあると、正確に新聞やホームページに掲載してもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは酷い

とっくに「そのお聖教解釈は誤りだ」と論破された根拠を挙げて、なおも平気な顔をして仏祖の真意をねじ曲げて説くあたり、もはや更正不可能ですね( ̄□ ̄;)

「浄土門の修行は愚痴にかえりて極楽に生まる」教えですが、
どうやら
「S会の修行は狂人と化して無間の火城に沈む」教えのようです。

>Rudel様

会員には、挙げた根拠は根拠になっていないという情報は伏せられているから通用するのでしょう。
外の意見には耳を傾けず会長の説のみを正しいとする、情報的に「鎖国状態」なのがTS会です。「ガラパゴス真宗」だと安心問答にありましたが、正鵠を得た批評と言えましょう。

最も親鸞聖人、蓮如上人のお言葉こそ用いてはいますが、教義内容は真宗から逸脱し、聖道仏教まがいの外道に成り果てています。
そのような教えを自ら信奉し、人にも弘めているのですから、救われずに無常を迎えたならば、それこそ一大事でしょう。
会に疑問を持ち、誤った教義から離れて正しい真宗の教えを聞き、阿弥陀さまに救われる方が一人でも多く現れてほしいと思います。

No title

加筆・修正を加えてみた。

----------------------------

学徒:阿弥陀仏が建立した十九願を善導大師は要門とみられたのですね。

講師:真実の十八願がただちに信じらないものも漏らさず救おうとするために、十九願(聖道門の者)と二十願(自力念仏の者)が設けてある。
阿弥陀仏が「十方衆生」と誓われたのは、この三願のみです。その中で特に、念仏往生という道を選択になり(十八願)、
私たちを救うために回向する、というのが阿弥陀如来の遠大なご計画なのです。すべては、阿弥陀さまのお計らいなのですよ。

学徒:親鸞会の人たちは、それを勝手に計らって、「三願転入が必修なんだ」と言うらしいですね。

学徒:「19願・20願にも十方衆生とあるから、必ず通らねばならない」と言っているそうですよ。

学徒:へー、19、20の方便願の通りのことを、自分たちが行じていると思ってるのでしょうか?

学徒:自力の菩提心を起こしたつもりなのかな?

学徒:とんでもないうぬぼれですねえ。

講師:19願の行を実行できる自分だと思っているからでしょう。

学徒:ところがおかしなことに、自力の菩提心を起こしたり定善をしたり、はしないそうですよ。

学徒:19願は必要だが、19願はやらないということ?

学徒:それじゃあ、一願にすら転入できてない。「19願の入り口にも立ってない」とか言われるわけだ。

学徒:阿弥陀仏の19願は、あきらかに「発菩提心 修諸功徳 至心発願 欲生我国」と誓われていますね。阿弥陀仏のお誓いですからね。

講師:その19願をお釈迦さまが開説されたのが、『観無量寿経』ですが、説かれた相手は、悪女の韋提希夫人(イダイケぶにん)です。
   親鸞聖人はその悪女の韋提希夫人を含めた観経の登場人物を「権化の仁」と呼び、釈迦弥陀の方便によって「凡愚底下のつみひとを
   逆悪もらさぬ誓願に方便引入せしめけり」、と18願に引き入れるためのものであると見ています。

学徒:また、未来の衆生、つまり私たちのために付属してくださったのが『観無量寿経』の「無量寿仏の名を持てとなり」であると教えていただきました。

講師:そうです。また親鸞聖人は19願の御心を、

「至心発願欲生と 十方衆生を方便し、
  衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける」

とおっしゃっています。

学徒:「衆善の仮門」というのは重いお言葉ですね。「念仏こそ真実」とお伝えくださる親鸞聖人のおこころが伝わってきます。

講師:十方衆生が、阿弥陀仏の誓いによって(できぬとわかるまで)衆善の仮門に入れという試練を与えられては、できたとしても「臨終来迎」(現其人前)でしかありません。

学徒:「19願を通らねば救われぬ」というのは、明らかにおかしいですね。親鸞聖人のお言葉に反しています。

講師:親鸞会の会長が、そういうことを言う人ですから、その受け売りで非難しているのでしょう。非難の論法も、全く同じですから。
   親鸞会は、仏の正意がわからぬために権仮方便と善巧方便の違いも判らず『方便(仮)は必ず通らねばならない』と主張します。
   また、「十九願をせよといいながら、捨家棄欲も自力修行もしようとしない、矛盾だらけの解釈」ともズバリ見抜かれてしまっていますね。

学徒:すごい破綻した教義ですね。

学徒:宿善論争は、もう25年前になりますが、いまだに論点をスライドしたまま紅楳氏の論文は会員に隠してます。

講師:25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重いものです。
まあ、親鸞会の有象無象が何を言おうと、本願寺はトップの学者集団から一僧侶に至るまで、完全に相手にしていませんが。

学徒:『本願寺なぜ答えぬ』には、親鸞会の論点スライドのやり口が、文証で明らかにされているのですからね。

学徒:ところが親鸞会はそれ以外の手法で議論はできませんから、会員や講師が積極的に反論しないのも当然ですね。

----------

もっといい表現があるかも。

>名無し様

よく教義の誤りを指摘していると思います。
親鸞会には早く、「獲信の因縁として善を修せよ」と仰った親鸞聖人や蓮如上人のお言葉を提示して頂きたいですね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード