25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重い(2)

先日の記事25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重いコメントを頂きました。有り難うございました。


少し改変して記事にしてみました。


以下は元学徒と浄土真宗の人のやりとりです。

元学徒:阿弥陀仏が建立した十九願の行信によりて、「浄土の要門、方便権仮を顕開す」(化身土文類)と、親鸞聖人はみられたのですね。

真宗の人:真実の18願がただちに信じらないものも漏らさず救おうとするために、19願(自力諸善の者)と20願(自力念仏の者)が設けてある。
阿弥陀仏が「十方衆生」と誓われたのは、この三願のみです。その中で特に、念仏往生という道を選択になり(18願)、
私たちを救うために回向する、というのが阿弥陀如来の遠大なご計画なのです。すべては、阿弥陀さまのお計らいなのですよ。

元学徒:親鸞会の人たちは、それを勝手に計らって、「三願転入が必修なんだ」と言うのです。

元学徒:「19願・20願にも十方衆生とあるから、必ず通らねばならない」と言います。

真宗の人:へー、19、20の方便願の通りのことを、自分たちが行じていると思ってるのでしょうか?

真宗の人:自力の菩提心を起こしたつもりなのかな?

真宗の人:とんでもないうぬぼれですねえ。

真宗の人:19願の行を実行できる自分だと思っているからでしょう。

元学徒:ところがおかしなことに、自力の菩提心を起こしたり定善をしたり、はしないのです。

真宗の人:19願は必要だが、19願はやらないということ?

真宗の人:それじゃあ、一願にすら入れていない。「19願の入り口にも立ってない」とか言われるわけだ。

元学徒:阿弥陀仏の19願は、あきらかに「発菩提心 修諸功徳 至心発願 欲生我国」と誓われていますね。阿弥陀仏のお誓いですからね。

真宗の人:その19願をお釈迦さまが開説されたのが、『観無量寿経』ですが、説かれた相手は、悪女の韋提希夫人(イダイケぶにん)です。
 親鸞聖人はその悪女の韋提希夫人を含めた観経の登場人物を「権化の仁」と呼び、釈迦弥陀の方便によって「凡愚底下のつみひとを逆悪もらさぬ誓願に方便引入せしめけり」、と18願に引き入れるためのものであると見られています。

元学徒:また、未来の衆生、つまり私たちのために付属してくださったのが『観無量寿経』の「無量寿仏の名を持てとなり」であると教えていただきました。

真宗の人:そうです。また親鸞聖人は19願の御心を、

「至心発願欲生と 十方衆生を方便し、
  衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける」

とおっしゃっています。

元学徒:「衆善の仮門」というのは重いお言葉ですね。「念仏こそ真実」とお伝えくださる親鸞聖人のおこころが伝わってきます。

真宗の人:十方衆生が、阿弥陀仏の誓いによって(できぬとわかるまで)衆善の仮門に入れという試練を与えられては、できたとしても「臨終来迎」(現其人前)でしかありません。

元学徒:「19願を通らねば救われぬ」というのは、明らかにおかしいですね。親鸞聖人のお言葉に反しています。

真宗の人:親鸞会の会長が、そういうことを言う人ですから、その受け売りで非難しているのでしょう。非難の論法も、全く同じですから。
   親鸞会は、仏の正意がわからぬために、『方便(仮)は必ず通らねばならない』と主張します。権仮方便の意味も知らず、権仮方便と善巧方便の違いも判っていません。
   また、「19願をせよといいながら、発菩提心も自力修行もしようとしない、(善になっているかどうか分からない)活動はしているが至心発願欲生我国の心もない、矛盾だらけの解釈」ともズバリ見抜かれてしまっていますね。

元学徒:すごい破綻した教義ですね。

元学徒:宿善論争は、もう25年前になりますが、いまだに論点をスライドしたまま紅楳氏の論文は会員に隠してます。

真宗の人:25年間も論点スライドをしている、という事実は極めて重いものです。
まあ、親鸞会の有象無象が何を言おうと、本願寺はトップの学者集団から一僧侶に至るまで、完全に相手にしていませんが。
元学徒:『本願寺なぜ答えぬ』には、親鸞会の論点スライドのやり口が、文証で明らかにされているのですからね。

元学徒:ところが親鸞会はそれ以外の手法で議論はできませんから、会員や講師が積極的に反論しないのも当然ですね。




さて、現在mixi 信仰と対話 トピック*「三願転入」議論継続トピック*の中で、「よね」という会員が反論をしようとしています。お題は、

1、「一切衆生必堕無間」という教義
2、善知識には無条件服従しなければならないという教義
3、三願転入、宿善という名目で、異常な献金、違法なまでの勧誘活動を正統化させる教義


の中、1についての議論です。よねさんがどのような理論で「一切衆生必堕無間」という教義を正当化するのか、それに対して周囲はどう対話していくのか、興味深く見守りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード