漸教を勧める親鸞会

昨日の記事【ツッコミ】信仰の幼稚園コメントを頂きました。有難うございました。
大変鋭いご指摘だと思いますので、記事にして皆様にお知らせします。


>18願の救いは、一念だが、
>十方衆生を、その一念まで導かれるのに、
>大変な時間がかかっている御苦労を知らない。

救いに出遇った者が「計り知れないほど昔から私を救おうとして下さったんだなあ」という意味で
「この一念まで導かれるのに大変な時間をかけて苦労させてしまった」と味わうのは別におかしなことではないが、親鸞会は違う。

親鸞会は、救いに出遇っていないものに
「一念の救いに到達するまでに大変な時間をかけて励まなければならない、阿弥陀仏はそのように要求しているんだ」
という意味で「救われるまでには大変時間がかかる」教義を打ち立てているのだ
つまり、この講師は自ら率先して
「浄土真宗は頓教ではない=救われるまでには大変時間がかかるのだ」という
親鸞聖人とは真逆の教えをえらそうな口調で大上段から宣言している。

親鸞聖人は「愚禿鈔」で、漸教とは

     一には難行道 聖道権教、法相等、歴劫修行の教なり。
     二には易行道 浄土の要門、『無量寿仏観経』の意、定散・三福・九品の教なり。

とお示しだ。「浄土の要門」「定散・三福」は漸教
「18願の救いは一念だから頓教だ」などと主張するかもしれないが、
このブログの管理人自身が「定散二善の門を通って大寶海へ」などという記事を書いているのだから
トータルでかかる時間は「漸教で費やす時間+頓教で費やす時間」であり
時間のかかる教え、つまり漸教であることを一生懸命主張してるだけ。

> 親鸞会は、
> 「三願転入の教え」として、
> 善を勧めているが、
> そんなことをしていたら、
> 次の瞬間死ぬかもしれない命一刹那につづまる人は、
> 間に合わないではないか。
> そんな時間のかかることを勧めるのは間違いだ。
> そんな善にこだわらせるのは、助からなくさせているのだ。
> 早くそんな教えを捨てて、
> 一念で救う、18願だけを信じればよいのだ。

>と非難する者がいる。それに騙される者もいる。

この講師もまた、何も分かってないようだったから安心した
この批判を外部からのものと思ってる間は親鸞会は何も変わらないだろう。

これは他でもない、真剣に救いを求める会員が抱く疑問だ。
善をして、●●と知らされるまで励まねば・・・とある一方で
生きている間に救われること=平生業成(=未信のままでは堕地獄)が強調される。
「次の瞬間死ぬかもしれない命一刹那につづまる人」とは自分かもしれない、
自分は「間に合わない」かもしれない・・・
親鸞会一色で真剣に救いを求める人ほど焦るのは当然である。

いろんなブログを立ち上げてはその都度「管理人のキャラ」を変えてご苦労なことだが
会員を献金マシーンのように煽って真剣な救いを求めさせておきながら、
救われない会員の焦りの声を「外部からの批判」みたいな主張でごまかしている。
会長が生きている間はこのままなんだろうなぁ。
こうやって救われないことへの焦りと疑問を募らせる会員が増えていくのだろう。




ところで昨日、今日で親鸞会では「親鸞聖人降誕会(F館落慶法要)」をしているはずですが、また懲りもせず只今の救いと関係ない19願の話を延々としているのではないかと推測しています。「雜行をなげすてて」の辺りで、雜行を雜行と知らせるために阿弥陀仏は19願を建てられたとか話をしてそうです。
会員の方は秘密コメントでもいいので、どんな話があったかなるべく正確に教えて頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード