【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(5)ー親鸞会は三願転入の教えと言いながら、一願もまともに説いていません

【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(4)の続きです。本日も、『夢幻界裡の覚醒』阿弥陀仏のお計らいについて、区切って教えの真偽を検証していきたいと思います。


ちなみに、親鸞会では、
19願の教えも説かれなければ、20願の教えも説かれてはいない。
19願で助かるとか、20願で助かる、などとは、
一切、説かれていないからである。
あくまで、高森顕徹先生は、
三願転入で救われる、と教えられている。
すなわち、19願も、20願も、常に、
18願で、自力が廃り他力に帰する、
その一念の真実に向かっての19願、20願
と、教えられているのである。



「親鸞会では、19願の教えも説かれなければ、20願の教えも説かれてはいない。」の理由が、
「19願で助かるとか、20願で助かる、などとは、一切、説かれていないからである。」
というのは意味不明です。19願文を引いて、18願より丁寧に説明しているのに、19願で助かるとは説いていないから19願の教えは説かれていないとは???
こういうのを「観念の遊戯」、「単なる言葉遊び」というのです。

さておき、確かに説法では19願と『観経』の顕説に腰を据えて諸善を勧めていますが、実際には献金と人集めばかり勧めていますから、19願の教えは説かれていないも同然ですね。それに、「至心・発願・欲生」の心や「至誠心・深心・回向発願心」についても話がなされていません。親鸞会が説いている19願は、「19願とはいえない」という意味において、「親鸞会では19願の教えは説かれていない」というのは合っています。

20願はほとんど教えられませんから、これも説かれていないも同然です。

18願も、目的地とか、人生の目的、絶対の幸福、無碍の一道と言われる程度で、ほとんど中身が教えられません。何より、平生の救いが「親鸞会流の善の勧め」によって臨終の救い、果ては遠生の結縁と成り果てています。

ですから、三願転入して救われるとは口ばかりで、中身は空っぽなわけです。三願どころか18願・19願・20願のうちの一願もまともに教えられていないのですから。

「三願転入の教え」などという珍しい教えを考案し、善のできない自分と知らされるために善をやる、雜行が雜行と知らされるために雜行をやる、という流転輪廻の罠に会員を陥れ、金と人を集めるロボットに仕立て上げているのです。

私が阿弥陀仏の救いに向かって進んでいくのではありません。「必ず救う」の仰せが南無阿弥陀仏となって私にはたらいているのです。私は「助けるぞ」を「はい」と頂くばかりです。



19願、20願にとどまっていてはならないからこそ、
19願の行人や20願の行人でさえも
仏智疑惑によって化土往生しかできず、報土往生は叶わないと、
親鸞聖人が、戒められていることも、
高森先生が説かれていることは勿論である。



この人は親鸞会教義もよく理解していませんね。
高森会長は「一切衆生、必堕無間」とカルト的教義を創作し、著書にまで書いています。一切衆生必堕無間ですから、未信の者は必ず無間地獄であり、化土往生は認めないのです。

ちなみに、19願の行者はいるかいないかについて高森会長は、『会報5集』に、

一体、どこに19願相応の修行をしている道俗が真宗に見当たるのか。どこも20願相応の念仏をやっているものがいようか。真宗の道俗はさも易く「あれはまだ19願だ」「あれは20願の人だ」と言っているが、願の上からだけなら言えるかも知れぬが、それに相応した行がともなわない人ばかりだから本当の19願、20願の行者は真宗の道俗には、いないと言ってよいのだ。

と書いています。親鸞会教義における「一切衆生必堕無間」を裏付る傍証として挙げておきます。


ところが、時代が変わり、高森会長は「三願転入の教え」なるものを説くようになりました。そして現在では、誡疑讃の一首を断章して、全く違う意味に変えてしまっています。浄土真宗親鸞会公式ホームページ「雑行捨てよ」と「修善の勧め」に次のように書かれています。

『如来の諸智を疑惑して
 信ぜずながら なをもまた
 罪福ふかく信ぜしめ
 善本修習すぐれたり』 (正像末和讃)

 この『正像末和讃』の意味は、まだ貴方は、阿弥陀仏の本願を疑って[如来の諸智を疑惑して]大信海に入れず、出世の本懐を遂げてはいないがそれでも、聞ける人の滅多にない三世十方を貫く"善因善果・悪因悪果・自因自果"の因果の道理を知らされて、悪因を怖れ善因を求める[罪福ふかく信ぜしめ]身となって、光に向う輝ける人ではないか。

 そのうえ大宇宙の総ての宝が納まる無上の功徳である、南無阿弥陀仏の名号[善本]を称える[修習]身にさせて貰っているのだ。なんと素晴らしいことだろう。


親鸞聖人は信罪福心を誡めておられますから、素晴らしいと誉められた御和讃ではありません。
しかし、会長は「素晴らしいこと」と説いています。
ブログの著者の「仏智疑惑によって化土往生しかできず、報土往生は叶わないと、親鸞聖人が、戒められていることも、高森先生が説かれている」という言葉から、この著者は現在の親鸞会教義にすらも暗いことがうかがえます。

つまり、このブログ著者は、(某)本願寺の僧侶を名乗りながら浄土真宗の本来の教えにも暗く、親鸞会の高森会長を讃えておりながら親鸞会教義にも暗いのです。もしかすると、本当は親鸞会教義のおかしさは分かっているのに、保身のために親鸞会教義を防衛せざるを得なく、苦しい言い訳を繰り返しているのかもしれませんが…

なお、誡疑讃については、『飛雲』誡疑讃について教えてあげて下さい信罪福心は自力であり、19願の勧めではないをご覧下さい。



にもかかわらず、
19願の教えを勧めているから親鸞会は諸行往生である、
などという断言は、もはや、故意であれば悪質、
本当にそう思ってのことならば、無知の骨頂なのである。

19願の教えに固執している親鸞会を「未熟者」と言う者もあるが、
19願の教えに固執するな、と教えられているのである。
むしろ、
因果の道理さえ疎かにしている者こそ、信仰が「未熟」であり、
因果の道理を信じて真面目に18願に向かって教えを聞き求めている人は
はるかに幸せ者なのである。



19願の行信の結果は臨終来迎、化土往生です。だから19願を根拠に善を勧める親鸞会は諸行往生(実際は聖道仏教まがいの外道)だと非難されるのです。本願寺の布教使ならばその位勉強して下さい。

「19願の教えに固執するな、と教えられている」とは会長の発言でしょうか?
重ねて因果の道理、廃悪修善を説き、「王舎城の悲劇」のアニメ、「臨終現前の願により」の御和讃などで19願の教えを強調し、ほとんど19願の解説で終わっていたアニメ解説や教学講義を今でも覚えていますが、それでいて19願の教えに固執するなとは驚きです。

因果の道理を疎かにしているのは親鸞会でしょう。
非難される原因は会長自身、親鸞会自身にあるにも関わらず、「本願寺の陰謀」「真実知らぬ者達の妄言」と嘘をついて縁ばかりを問題にしています。こういうのを
「ナワをうらむ泥棒」
と言うのです。
そうした因果の道理を説いていながら都合が悪いことは認めないのでは、信じていると言えますか?

残念ながら雜行(にもならない悪)を修めているのが会員の実態ですから、18願に向かっているつもりで自分の修めた善(?)や自分自身に向かってしまっています。
そういう者を阿弥陀仏の光明は照摂しません。それに自己をいくら見つめても法を仰がなければ救いはありません。報土を願う人は早く外道の教説から離れ、18願一つ聞いて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード