【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(6)ー釈迦の一切経を反古にしているのは親鸞会批判者? それとも親鸞会?

【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(5)の続きです。本日も、『夢幻界裡の覚醒』阿弥陀仏のお計らいについて、区切って教えの真偽を検証していきたいと思います。


蓮如上人が、

「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて」
と、領解文で言われていることも、
間違いなく、「三願転入」を表わされたものである。



違います。領解文の

もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて、一心に阿弥陀如来、われらが今度の一大事の後生、御たすけ候へとたのみまうして候ふ

は、「捨自帰他」をあらわされたものです。言葉を換えれば、一念の信心の相を教えられたお言葉ということです。御一代記聞書には、

聖人(親鸞)の御流はたのむ一念のところ肝要なり。ゆゑに、たのむといふことをば代々あそばしおかれ候へども、くはしくなにとたのめといふことをしらざりき。しかれば、前々住上人の御代に、御文を御作り候ひて、「雑行をすてて、後生たすけたまへと一心に弥陀をたのめ」と、あきらかにしらせられ候ふ。しかれば、御再興の上人にてましますものなり。

と、蓮如上人が「たのむ一念のところ肝要なり」の「たのむ」ということについて、「雑行をすてて、後生たすけたまへと一心に弥陀をたのめ」と明らかにして下されたことが教えられています。これが一念の信心の相です。

この一念は、本願成就文の中の「一念」であり、親鸞聖人は、

「一念」といふは、信心二心なきがゆゑに一念といふ。これを一心と名づく。一心はすなはち清浄報土の真因なり。(教行証文類信文類)

と教えられました。どこにも三願転入の意味はありません。



「雑行を捨てよ」とは、
「雑行」をしている者にのみ、言われている。
信心決定は、
「必ず」「一念で」「雑行を捨てて」こそ、
信心決定するのである。

「雑行」をしている状態、
すなわち、「往生の資助として善に励む状態」を
必ず通るということである。
これは、善の勧めがある、という根拠である。



では、信心決定のために雜行を勧められた親鸞聖人や蓮如上人のお言葉を提示して下さい。いくら貴方が最もらしいことを申されても、経典やお聖教にないことでは仏教、浄土真宗ではありません。

もう一ついいますと、阿弥陀仏に救われるのは一念だが、そこまでは「19願・20願の実行」という道を経なければならないのなら、それは結局一念ではないということです。今ではない、未来の救いを求めているのでは、平生業成の教えとは言えません。今聞いて今救われる教えだからこそ平生業成と言われるのです。



タバコをやめろ、ということは、タバコを勧めてからやめよ、
などということにはならないのだから、
雑行をすてよ、ということは、善を勧めている根拠にならない、
という、的外れなことを言う者もいる。

お粗末至極である。

まず、雑行とは何か、分かっていない。
雑行とは、ただ、善のことではなく、
あくまでも、自力の心でやる善のことである。

善の実践なくして、雑行はない。
雑行がない者に、雑行が廃ることもない。
雑行が一念で廃ることのない人に、信心決定は金輪際ない。



この人はよく親鸞会非難を分析していますね。『飛雲』諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふの中に高森会長の詭弁に対して書かれています。

覚せい剤をやめるようにいうのは、覚せい剤をしている人に対してと、今後手を出す人がいるかもしれないから警告しているのです。覚せい剤をやっていない人に覚せい剤を試してからやめろと言われているのではありませんね。

飲酒運転をやめるようにいうのは、未だに飲酒運転をしている人に対してと、今後飲酒運転をする人が現われないようにするためです。飲酒運転をしたことがない人に対しても、今後もしないようにということですね。

自殺をやめるようにいうのは、自殺した人に対してでないのは明らかで、今後自殺をする人が現われないようにしようというものです。

雑行を捨てよといわれているのは、雑行をしている人(聖道門や19願を信じている人)に対してと、18願での救いを求めていながら善に縋ろうとしないように誡るためです。雑行をさせてから雑行を捨てよという頓珍漢な話ではないです。


まことに上記の通りです。
雜行については、正助二行を除いて以外を悉く雜行と教えられています。善に励まなければ分からないというものではありません。なお、浄土往生する教えなのですから、「浄土を願生して」というのは当然です。

それにこの人の論理は、

1、善の実践→2、雑行が出てくる→3、雑行が一念で廃る→4、信心決定

ということですから、善の実践が何らかの形で信心決定に作用するということで、諸行往生決定ですね。「親鸞会では諸行往生など説いていない」とどれだけ強弁していても、獲信の因縁として諸善を勧める時点で諸行往生なのです。実態は、献金と新規入会者獲得の活動が推進されているだけですが・・・



そもそも仏教は、因果の道理が根幹であり、
そこからは、100%、善の勧めが出てくる。

親鸞聖人が、「善をせよ」という言い方をされなかったのは、
諸行往生の教えと誤解されるからであろう。
だからといって、信仰と関係のある善の勧めはない、
などという、勝手な、都合のよい、誤解をしている者ばかりなのである。

倫理道徳上の善の勧めだけ、肯定し、
求信過程の善の勧めを否定するのは、
釈迦の一切経を反故にする恐るべき謗法の心である。



獲信の因縁としての善の勧めなどという、勝手な、都合のよい、誤解をしている者が高森会長なのです。
求信過程の善の勧めとは、獲信の因縁としての善の勧めということでしょうが、その根拠があるなら提示して頂きたいものです。

それ一向専修の念仏は、決定往生の肝心なり。これすなはち『大経』(上)のなかに弥陀如来の四十八願を説くなかに、第十八の願に念仏の信心をすすめて諸行を説かず、「乃至十念の行者かならず往生を得べし」と説けるゆゑなり。しかのみならず、おなじき『経』(下)の三輩往生の文に、みな通じて「一向専念無量寿仏」と説きて、「一向にもつぱら無量寿仏を念ぜよ」といへり。「一向」といふはひとつにむかふといふ、ただ念仏の一行にむかへとなり。「専念」といふはもつぱら念ぜよといふ、ひとへに弥陀一仏を念じたてまつるほかに二つをならぶることなかれとなり。

これによりて、唐土(中国)の高祖善導和尚は、正行と雑行とをたてて、雑行をすてて正行に帰すべきことわりをあかし、正業と助業とをわかちて、助業をさしおきて正業をもつぱらにすべき義を判ぜり。ここにわが朝の善知識黒谷の源空聖人、かたじけなく如来のつかひとして末代片州の衆生を教化したまふ。そののぶるところ釈尊の誠説にまかせ、そのひろむるところもつぱら高祖(善導)の解釈をまもる。かの聖人(源空)のつくりたまへる『選択集』にいはく、「速欲離生死 二種勝法中 且閣聖道門 選入浄土門 欲入浄土門 正雑二行中 且抛諸雑行 選応帰正行 欲修於正行 正助二業中 猶傍於助業 選応専正定 正定之業者 即是称仏名 称名必得生 依仏本願故」といへり。この文のこころは、「すみやかに生死をはなれんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業をかたはらにして、選んで正定をもつぱらにすべし。正定の業といふはすなはちこれ仏名を称するなり。
名を称すればかならず生るることを得。仏の本願によるがゆゑに」となり。すでに南無阿弥陀仏をもつて正定の業と名づく。「正定の業」といふは、まさしく定まるたねといふこころなり。これすなはち往生のまさしく定まるたねは念仏の一行なりとなり。自余の一切の行は往生のために定まれるたねにあらずときこえたり。しかれば、決定往生のこころざしあらんひとは、念仏の一行をもつぱらにして、専修専念・一向一心なるべきこと、祖師の解釈はなはだあきらかなるものをや。

しかるにこのごろ浄土の一宗において、面々に義をたて行を論ずる家々、みなかの黒谷(源空)の流にあらずといふことなし。しかれども、解行みなおなじからず。おのおの真仮をあらそひ、たがひに邪正を論ず。まことに是非をわきまへがたしといへども、つらつらその正意をうかがふに、もろもろの雑行をゆるし諸行の往生を談ずる義、とほくは善導和尚の解釈にそむき、ちかくは源空聖人の本意にかなひがたきものをや。しかるにわが親鸞聖人の一義は、凡夫のまめやかに生死をはなるべきをしへ、衆生のすみやかに往生をとぐべきすすめなり。そのゆゑは、ひとへにもろもろの雑行を抛てて、もつぱら一向専修の一行をつとむるゆゑなり。これすなはち余の一切の行はみなとりどりにめでたけれども、弥陀の本願にあらず、釈尊付属の教にあらず、諸仏証誠の法にあらず。念仏の一行はこれ弥陀選択の本願なり、釈尊付属の行なり、諸仏証誠の法なればなり。釈迦・弥陀および十方の諸仏の御こころにしたがひて念仏を信ぜんひと、かならず往生の大益を得べしといふこと、疑あるべからず。かくのごとく一向に行じ、一心に修すること、わが流のごとくなるはなし。さればこの流に
帰して修行せんひと、ことごとく決定往生の行者なるべし。(浄土真要鈔)


親鸞聖人が、「善をせよ」という言い方をされなかったのは、修善と獲信が無関係だからです。これが不可思議の仏智を疑っている人、善悪因果の道理を18願の救いと結びつけている人(修善と獲信によい関係があると思っている人)にはとても受け付けられません。だから法然門下は聖道門の学僧から非難攻撃されたのです。そうまでして法然・親鸞両聖人が明らかにされた選択本願念仏の教えを、雜行を勧めて公然と蹂躙、破壊しているのが親鸞会です。釈迦の一切経を反古にしているのはどちらなのか、祖師の解釈甚だ明なるものをやです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

法然、親鸞の両聖人が19願の行信を勧められていたのであれば、
「19願も本願であるが、なぜ18願だけをことさらに勧めるのか?」
と明恵上人から物言いが付くことも無いでしょうに……。というか、興福寺の奏状の超々劣化版ですよ、かの会の言ってることは……。

>名無し様

仰る通りと思います。

興福寺の奏状では、法然聖人が菩提心まで否定しているような教え方をされていたため、「発菩提心」とある19願は本願ではないのかという非難が上がっています。しかし親鸞会は、善を勧める根拠が欲しくて19願を担ぎ上げています。

善に固執し、雑行の勧めを説く親鸞会は教義上他流になるでしょう。

一つ前のコメントに関連

『摧邪輪』の中で、「菩提心」について指摘がされていたとのことです。勘違いをし、失礼しました。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード