【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(7)ー「廃悪修善の教え」と阿弥陀仏の救いを関係づける心が信罪福心であり、自力の心です

【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい(6)の続きです。本日も、『夢幻界裡の覚醒』阿弥陀仏のお計らいについて、区切って教えの真偽を検証していきたいと思います。


大学生ならば、授業を受けて当然である。
いちいち、授業は、受けるものですよ、と言わなくても、
受けて当然なのである。
しかし、それでも受けようとしない学生がいたら、
授業は受けなければなりませんよ、と教えてあげねばならない。

仏教を信じている、というならば、
その時点で、因果の道理を信じているのである。
阿弥陀仏の本願一つを説かれた仏教が、
因果の道理を根幹とされているのだから、
そこから出てくる、「廃悪修善の教え」と阿弥陀仏の救いと、
無関係であるはずがない。

親鸞聖人が、わざわざ、「善をしなさいよ」という言い方をなされずとも
大学生ならば、授業を受けているのが大前提であるのと同じように、
仏教(内道)を信じているのならば、因果の道理を信じていることが大前提。
それなのに、因果の道理は、未熟者が相手であって、
すでに阿弥陀仏の救いを求めはじめた人には、
因果の道理は信仰とは関係ない、
すなわち、阿弥陀仏の救いを求める上では因果の道理を信じる必要はない、
などという未熟者がいれば、
大前提の授業を受けようとしない大学生に、授業は受けねばなりませんよ、
と言うが如くに、
仏教を信じるということは、因果の道理を信じるということですよ、
と教えてあげることが、間違いであろうはずがないのである。

高森顕徹先生は、まさに、そういう適切な説き方をなされているのだ。



「廃悪修善の教え」と阿弥陀仏の救いと、無関係であるはずがない。
この考えが「信罪福心」です。因果の道理からは、こうとしか思えません。
しかし、「廃悪修善の教え」と阿弥陀仏の救いに関係があるとすれば、悪を廃して善を修めなければ助からないということになります。これは、弥陀の本願(18願)ではありません。

阿弥陀仏の救いは、因果の道理からはとても考えられない救いなのです。


弥陀超世の大願、十悪・五逆・四重・謗法の機のためなれば、かの願力の強盛なるに、よこさまに超截せられたてまつりて、三途の苦因をながくたちて猛火洞燃の業果をとどめられたてまつること、おほきに因果の道理にそむけり。もし深信因果の機たるべくんば、植うるところの悪因のひかんところは悪果なるべければ、たとひ弥陀の本願を信ずといふとも、その願力はいたづらごとにて、念仏の衆生、三途に堕在すべきをや。もししかりといはば、弥陀五劫思惟の本願も、釈尊無虚妄の金言も、諸仏誠諦の証誠も、いたづらごとなるべきにや。おほよそ他力の一門においては、釈尊一代の説教にいまだその例なき通途の性相をはなれたる言語道断の不思議なりといふは、凡夫の報土に生るるといふをもつてなり。もし因果相順の理にまかせば、釈迦・弥陀・諸仏の御ほねをりたる他力の別途むなしくなりぬべし。そのゆゑは、たすけましまさんとする十方衆生たる凡夫、因果相順の理に封ぜられて、別願所成の報土に凡夫生るべからざるゆゑなり。いま報土得生の機にあたへまします仏智の一念は、すなはち仏因なり。かの仏因にひかれてうるところの定聚の位、滅度に至るといふは、すなはち仏果なり。この仏因仏果においては、他力より成ずれば、さらに凡夫のちからにてみだすべきにあらず、また撥無すべきにあらず。(改邪鈔)

現代語訳:『親鸞会教義の誤り 親鸞会は諸行往生8』より

しかしそうではあっても、いつの世の仏にも見ることができない阿弥陀仏の大願は、十悪・五逆・四重・謗法などの罪を犯すひとのためであるから、阿弥陀仏の願の絶大なはたらきをもって一切の因果を断ち切られ、三つの悪道に堕ちて受ける苦の原因を永遠に断たれて、もえさかる猛火ののようにはげしい悪業の果報を受けないですむならば、それははなはだしく因果の道理に背くわけである。もし「深く因果を信ずる」ものであるためには、前世に植えた悪因が引くものは、悪果でなければならないから、たとい阿弥陀仏の本願を信ずるとしても、そのときは阿弥陀仏の誓いのはたらきも役に立たないし、念仏のひとも三つの悪道に堕ちなければならないのではないか。もしそうだとすれば、阿弥陀仏が五劫という長いあいだ熟思を重ねた末に立てられた本願も、釈尊が真実を示された金言も、諸仏が誠をつくして示された証明も、無意味とならなければならないのだろうか。おおよそ他力の教えは、釈尊一代の説法に一度も例がない、通常一般の聖道門の教えとはまったく別のものであって、言語を超絶した、思惟のとどかないものである、といわれるが、それは、愚かなひとが真実の浄土に生れるということから、そういわれるのである。もし因果は相互にめぐりあうという道理にしたがうならば、釈尊と阿弥陀仏と諸仏が骨折られた、他力という、勝れた浄土への特別な教えも空しくなってしまうだろう。その理由は、お助けになろうとする目当てである、生をうけたすべてのものが、因果は相互にめぐりあうという道理にとじこめられて、独自の誓いによってつくられた真実の浄土に生れることができないからである。いま、真実の浄土に生れる素質をもったものにお与えになる、仏の智慧のたまものとしての信心は、すなわち仏になるための原因であり、この仏になるための原因に引かれて得るところの、浄土に生れることを約束された境界から、涅槃の境界に到るのは、すなわち仏となった結果である。


自力では絶対に生死を離れることのできない私ではあるけれども、阿弥陀仏の本願力が強盛なので、よこさまに五道、六道という悪趣を超截させられるのです。この本願力を疑う心一つで生死に止まりますから、親鸞聖人は、

生死輪転の家に還来ることは、決するに疑情をもつて所止とす(正信偈)

と教えられているのです。

日常生活で悪を慎み善に心がける姿勢は勿論大事です。というか、仏法を聞かなくても多くの人は心がけていらっしゃいます。
しかし、獲信目指して善をやれというのは、雜行を勧めているのですからよろしくありません。そんなに廃悪修善を強調したいなら、「往生・獲信とは無関係ですが」と断った上で勧めて頂きたいと思います。



善の勧めを否定する者達は、
結局は、因果の道理を信じておらず、
因果の道理を信じることを、信仰と切り離してさえいるから、
無論、後生の一大事など知るよしもない。
しかるに「頭だけ」でお聖教を読むから、
そういうお粗末なことにしか、ならないのである。

後生の一大事で苦しんだこともなければ、それが抜かれたこともないから、
親鸞聖人の「機の深信」のお言葉を盾に、
煩悩は変わらない、ということを、
「信心決定しても、劇的な変化などない」などと、
致命的な誤解を、堂々と述べたもうのである。

あわれ至極。

騙されることなかれ。

まことの信心決定の道は、困難な道であるが、
今のチャンスを逃しては、万劫に後悔をのこすことになるであろう。
気がついた人から、声をかけていってもらいたい。



「獲信の因縁としての」善の勧めは否定しています。そういう文証がありませんし、親鸞聖人は、私の行った善では報土往生できないと教えられていますから。
一々面倒かも知れませんが、「往生・獲信のために」という一言を加えて頂かないと、日常生活における善まで否定しているように受け取られますので、お願いしたい所です。

こう言っている本人さんは「後生の一大事で苦しんだこと、それが抜かれたこと、信心決定して劇的な変化」がおありなんでしょうね。どの位苦しみ、それが抜かれてどんな劇的ビフォーアフターを体験したのかお聞きしたいと思います。あ、でも個人的な体験を語ってはいけないんでしたね。

親鸞会では高森会長の珍釈が全てですから、お聖教に素直に解釈する人には決まって「頭だけ」「観念の遊戯だ」「後生の一大事が分かっていない」としか言うことができません。根拠も断章したトンチンカンなものばかりです。
しかし会員は「一向専念高森会長」になっているので、珍釈も深い御心で通ってしまいます。御文章も聖人一流の章以外は読ませないような指示が来た時点でおかしいと気付いてもらいたい所です。真宗聖典を用いることもなくなってきているようですね。なぜそんな状態になってしまったのかというと、普通に読んだら親鸞聖人の教えと違うことがバレてしまうからでしょう。
親鸞会教義は、終始盗作と断章で溢れています。詭弁に騙されず、気がついた人から本当にこのままでよいのか調べてもらいたいと願います。



以上、長くなりましたが、「【ツッコミ】阿弥陀仏のお計らい」は終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出離の縁あることなしと知るために、精一杯善に励まねばならぬと主張する人には次の文証を

三心を知らずとも念仏だに申さばそらに三心は具足して極楽には生ずべし(後世物語聞書)

当然、この三心の中には、深心(=深信)すなわち二種深信も含まれます。
もし、最初にあげた主張が真であるならば、親鸞聖人が後世物語聞書の拝読を門弟に勧めるはずがありません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード