【ツッコミ】善の勧めと、信心獲得〈雑行を勧める親鸞会〉

本日は、夢幻界裡の覚醒ブログの中、善の勧めと、信心獲得の内容について、親鸞聖人の教えなのか検証していきます。


阿弥陀仏の第18願、19願、20願の、3つの願は、
どれもみな「十方衆生」と誓われている。
教行信証化土巻の「三願転入」のお言葉で、
「親鸞はこの3つの願によって救われた」
とおっしゃる親鸞聖人は、
「三願転入」こそ
”すべての衆生を救う弥陀のお計らい”
と、教えておられる。
弥陀の第19願の相手も「十方衆生」である。
よもや「聖道門の人だけ」などではない。



三願転入のお言葉では、十九願はあくまで「出でて」「離れ」です。つまり、親鸞聖人は、善知識方のお導きによって、十九願を捨てられたのです。十八願による救いを願う人に「まず十九願の善を実行しなさい」と教えられたものではありません。文章を素直に読んでみて下さい。

親鸞聖人は、十九願の行信の結果は化土であること、定散の善は横出であり漸教であること、私達に定散の善はでき難いこと、阿弥陀仏の光明は余の雜業の行者(定散の善に励む行者)を照摂しないことを化身土文類で教えておられます。

これらが踏まえられていれば、「三願転入」こそ”すべての衆生を救う弥陀のお計らい”と説いて献金と人集めに狂奔する高森会長のトリックを見破れると思います。


また、十八願と十九願とでは、同じ「十方衆生」と書かれていても意味が異なっていることが、
『飛雲 [mixi]三願転入議論の解説1』
『飛雲 [mixi]三願転入議論の解説2』
などに書かれていますので参照して下さい。



ところが、
「弥陀の第19願は、
 第18願を聞いても素直に信じることのできない
 ”聖道門の人”だけ浄土門に導く為に
 建立されたものである」
という、お粗末な邪説がある。
騙されること勿れ。

「聖道門の人だけ、浄土門へ導く為に建立されたのが19願」
この邪説が、正しいなら、
「聖道門の人にだけ、第19願が必要」
「聖道門の人がいなかったら、第19願は要らない」
ということになる。
しかし、実際は、
「聖道門の人」よりも、
「弥陀の第19願(要門)」が先にあったのだ。
すなわち、
「十方衆生」が相手の弥陀の第19願(要門)を、
お釈迦様が開かれて「善の勧め」の教えを説かれた。
そのお釈迦様の「善の勧め」の教えを受けて、
それを実行しようとする「聖道門の人」が現れたのである。
 釈迦は要門ひらきつつ
 定散諸機をこしらえて
 正雑二行方便し
 ひとえに専修をすすめしむ
         (高僧和讃)
低レベルな間違いである。
小学生でも、分かる子もあるだろう。
まして、頭が普通の大人であれば、
「聖道門の人だけ、浄土門へ導く為に建立されたのが19願」
などという主張は、
とるに足らない邪説であることが分かって当然である。
第19願は、
聖道門の人があるから建立されたのではなく、
迷えるすべての人があるから、建立されたのだ。
善の勧めは、
迷えるすべての人を相手に、
18願の救いまで導く為に、
必要だからこそ教えられたもの。



ここについては、『飛雲「定散諸機」とは』に書かれているので参照して下さい。

それにしても、低レベルな間違いです。
上のようなことを書いているから、「権仮方便ということを理解していない」と言われるのです。

「18願を求める人に、19願(要門)の行信を勧めるのはおかしい」というのが分かられないならば、

「20願を求める人に、19願(要門)の行信を勧めるのはおかしい」というのはいかがでしょうか?
「20願を求める人に、聖道門の教えを勧めるのはおかしい」というのはいかがですか?
「19願を求める人に、聖道門の教えを勧めるのはおかしい」というのはいかがですか?

親鸞聖人は、聖道門、要門、真門を弘願に導き入れる権仮方便の教説であるとみられました。その権仮方便とは、階層性があるのです。外道の人に聖道門を説いて内道に導き、聖道門での此土入証を断念した人に要門を説いて浄土門に導き、要門の行信に堪えられないものに真門を説いて念仏一行に導き、ついには弘願に転入せしめられるのです。

このことが分かれば、
「18願を求める人に、19願(要門)の行信を勧めるのはおかしい」
とか
「18願を求める人に、20願(真門)の行信を勧めるのはおかしい」
とか
「20願を求める人に、19願(要門)の行信を勧めるのはおかしい」
などのことが理解できると思います。

既に浄土門に入っている人(例えば、18願や20願を求める人)に対して、「欣慕浄土の善根」である要門の行信を勧め、浄土門に導く必要はありません。既に大学に入学している学生に、大学に合格しなさいと導く必要がないのと同じです。


そして、あくまで善の勧めに固執する自称本願寺布教使サン。以下は破綻した親鸞会教義を曝け出しています。



「雑行を捨ててこそ救われる」のは、
迷えるすべての人である。
聖道門仏教をやっている人だけではない。
救いを求めて諸善に励む(雑行)
というプロセスを通らずして
第18願に救われる人など一人もない、ということだ。



では、親鸞聖人の教えには雜行の勧めがあるのですね?
こんな浄土真宗とは似ても似つかぬ外道の教えを未だに聞いている方々が可哀想でなりません。



「雑行を捨てる」とは、
弥陀の救いを求めてやる善を
自分の意識で否定するのと、ワケが違う。
18願に転入する時に、はじめて、
雑行が廃るのである。
浄土門の人でも
弥陀の18願に転入するまでは、
雑行は廃っていないのだ。



そうです。自分の意志で雜行は捨てられるものではありません。阿弥陀仏に奪い取られてなくなります。
ただ、その雜行が廃るまでに雜行をせよという珍説は浄土真宗にはありません。
本願寺の布教使を名乗るからには、お聖教に真剣に取り組んで頂かないと困ります。



「善の勧めと、信心獲得とは、無関係だ」
などの邪説は、速やかに廃捨すべきである。



修善と信心獲得が関係あるとなると、信心獲得に何らかの形(善のできない自分と知らされるなど)で修善が関わることになり、善をしなければ信心獲得できない、善をしていけば信心獲得できる、ということになります。
一方、修善と信心獲得が関係ないとなると、往生・獲信のための善の勧めはあるはずがなく、善知識方が繰り返し「雜行を捨てよ」と言われることも素直に受けとめることができます。
「善の勧めと、信心獲得とは、よい関係だ」などの邪説こそ、速やかに廃捨すべきです。

正本堂の後も次々に財施が募られ、壁画や絵画、弁当屋など、仏法と関係ないものにまでお金が集められました。聞法ドメインと言って、富山で行事がなければ用事のない箱物が次々建設されてきました。それも、「後生の一大事の解決のために、精一杯財施させて頂きましょう」との呼び掛けの元に・・・
善を勧める背景には、高森会長の深い欲望が渦巻いていることを知らねばなりません。



以上、トンデモ理論を連発された、自称「本願寺布教使」のブログへのツッコミでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード