なぜ会員はあんなに熱心に求めているのに、誰も助からないのか?

【質問】
なぜ会員はあんなに熱心に求めているのに、誰も助からないのでしょうか?



【回答】
説く側の問題からいうと、親鸞会では、仏願の生起・本末が説かれていないから、つまり十八願が正しく説かれていないからです。


これが全てなのですが、会員の熱心な活動についての質問なので、それについて答えたいと思います。


会員は、一言でいいますと、雜行やりまくり、自力の押しまかせです。
親鸞会の会員は何を熱心にやっているのかと言うと、主に聴聞、おつとめ、そして財施と破邪顕正です。
ところが、聴聞と言っても因果の道理や十九願を聞くことは真宗で聴聞とは言いません。仏願の生起・本末、南無阿弥陀仏のいわれ、十八願のこころを聞くのが聴聞です。しかし、最初に書いたように、肝心、要の十八願が正しく説かれていないのでは、正しく聞くこともまた難しです。
おつとめは、「善をしなければ信仰は進みません」という親鸞会のバイアスがかかっている状態でするので、本来は阿弥陀仏のお助けを聞かせて頂くものが、自力回向の行となってしまっています。更に、親鸞会教義のバイアスがかかった状態で正信偈・御文章を拝読するので、間違った理解で読んでしまうことも問題です。
財施と破邪顕正は、獲信の因縁として修せよと教えられた行ではありません。それどころか、正しい意味でのこうした行いも、獲信のため、往生のためになるだろうとやっていては雜行と嫌われ、捨てよと教えられます。


会員が勧められる活動に熱心なのは、熱心に求道していった結果に救いがあると思っているからです。自分の熱心さ、真剣さを間に合わせようとしています。
そんなものは全く間に合わないことを如来はとっくにご承知で、そのまま救う本願を建立されました。その本願は南無阿弥陀仏となって私に回向されているので、私としては本願を計らいなく聞き受けるのみです。

活動は一生懸命、熱心に取り組んでいても、方向が間違っています。往生、獲信のために念仏以外の行を修める者を「余の雜業の行者」と親鸞聖人は仰せですが、どれだけやろうと阿弥陀仏の光明はそういった人を照摂しないのです。
会員の皆さんも、早く誤りに気付いて邪説から離れ去り、念仏一行をふたごころなくもっぱら修する行者になって頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不思議な夢をみたことが ありますか

 不思議な夢(霊夢)をみたことが ありますか?

諸仏 菩薩 阿弥陀様 高僧 の夢 

どんな夢でしたか?

No title

ある会員に(会員歴7年教学7号) 「信心決定を リアルに思えますか?」と 
尋ねたら「そう思えないから聴聞し 活動してます」と答えました。

又、ベテラン幹部に 「ただ今の救いと思えますか?」
と尋ねたら 「もっと教学して聴聞して宿善厚くなったら、ただ今の救いと思えて、
信心決定もすぐだと思う」と 答えました。

ただ今の救いと聞いて知っていても、
「三願転入」「善をして信仰を進む」「縦と横の線」
これらで 本音は「阿弥陀仏の本願力でただ今救われる」と 「信じるため」
の 信仰で 「救い」は、ずーとずーと先にあります。いや、
真宗を信じるための宗教、宿善厚くしたい宗教 みたいなもんですね。

今日会長は「念仏いらん」と言い「助かるに念仏いらん」と言いなおしました。
本当に浄土真宗ではありません。
文章下手ですみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

  
  もろこし我かてうにもろゝの智者達の
  さたし申さるヽ観念の念ニモ非ス 又学文をして
  念の心を悟リテ申念仏ニモ非ス たヽ往生極楽のためニハ
  南無阿弥陀仏と申て 疑なく往生スルソト思とりテ
  申外ニハ別ノ子さい候ハす 但三心四修と申事の候ハ
  皆決定して南無阿弥陀仏にて往生スルソト
  思フ内ニ籠リ候也 此外ニおくふかき事を存せハ
  二尊ノあはれみニハツレ 本願ニもれ候へし 念仏ヲ
  信せン人ハ たとひ一代ノ法ヲ能々学ストモ 一文不知ノ
  愚とんの身ニナシテ 尼入道ノ無ちノともからニ
  同しテ ちしやノふるまいヲせすして 只一かうに念仏
  すへし 為証以両手印
   浄土宗ノ安心起行 此一紙二至極せり 源空カ
   所存此外ニ全ク別義を存せス 滅後ノ
   邪義ヲふせかんか為メニ所存を記し畢

「善の勧め」とやらは「奥深き」ことには入らないんだろうね、親鸞会的には。

>三福、三輩・九品、自力仮門なり様

残念ながら、そのような尊い夢は見たことがありません。三福、三輩・九品、自力仮門なり様はおありですか?

>ため息様

会員さんの返答は本当にため息ものですね・・・
只今の救いに遇うためにもっと教学して聴聞して宿善厚くなっていかねばならないのなら、それは只今の救いではないということです。只今救われるからこそ只今の救いと言われるのに、そうは毛頭思えないような説法を聞かされている会員さんには、早く気がついてもらいたいです。


ところで、

>今日会長は「念仏いらん」と言い「助かるに念仏いらん」と言いなおしました。

というのは本当ですか?
念仏(南無阿弥陀仏)で助かる教えが根本的に破壊され、「三願転入の教え」とやらにも反しますが、誰かご存知の方は本当にこのような説法をしたのか、教えて頂きたく思います。

>名無し様

当然ですよ。「善の勧め」と称して強制的にでも献金と勧誘をしないと、組織が潰れるのは目に見えています。己の都合で真実をねじ曲げている張本人が親鸞会ということですね。

No title

※ 学校の教科書に 「念仏称えたらだれでも極楽に行ける」と
教えたのが 親鸞聖人
それは誤解である。迷信です。

誤解を正す限りなく重い親鸞聖人のお言葉
ただ信心を要とす
涅槃の真因は唯信心
正定の因は唯信心
…等
ただ念仏を要とす の お言葉は無い

「念仏はいらん こう言うと 聞きぞこなうか 助かるには念仏いらん」※


信前の念仏はきらいみたいですね。

三帖目二通の  されば、世間に沙汰するところの念仏といふは、
ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称ふれば助かる様に皆人の思へり
それは覚束なきことなり。」
この 蓮如上人のお言葉に つながっているみたいです。

>ため息様

情報お寄せ頂き有難うございます。
念仏は勧めないのになぜ諸善は勧めるのか、この辺りに、皆さん疑問をもって頂きたいですね。

阿弥陀様の夢をみました

>三福、三輩・九品、自力仮門なり様はおありですか?

阿弥陀様の夢をみました
あまりにも光明が、強く 明るく、まぶしいので
お姿を見ることは、叶いませんでした
しかし、光明の向こうにおられることは、感じました
「精進するように」と言葉をかけていただきました

虚夢 か 霊夢 か知りませんけど
大変嬉しかったです

>三福、三輩・九品、自力仮門なり様

何とも不思議な夢ですね。あらゆる形で、阿弥陀さまは衆生を助けんとされていることが伺えます。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード