またしても地元座談会

先日、降誕会では、

・二千畳は南無阿弥陀仏を取引する場所
・一座の二千畳の聞法にご縁がないのは何千万の損失である


という話があったことを聞きました。


「取引」ということについては、弥陀の救いは取引ではありませんにて書いた通り、本願力回向のご法義に反する邪説です。

後者については、インフルエンザや大雪で説く者自身が法話を中止にし、会員に何千万もの損失をさせておいて、それはないだろうという発言です。
また、富山にいる会員さえ本部に集結させずに中継地で座談会を聞かせたり、二千畳結集が地元座談会に変わったりと、二千畳で聞かせなくするようなことが度々あったと聞いています。
そして今週末の二千畳結集行事も、コロコロ変わる方針で地元座談会に変更になったということです。



なぜ一座の二千畳の聞法にご縁がないことを「何千万の損失」などと言ってものすごくこだわっておきながら、1ヶ月もしない間に、二千畳結集行事をまたしても地元中継地での座談会に変更するのでしょうか?

それは、会長の目的が、会員に信を取らせることではなく、参詣者を多くしてお布施を取ることだからでしょう。自分や自分の立ち上げた会、そして一族の繁栄が最大の関心事であり、会員の信心決定には無関心であることを、会員の皆さんは知るべきです。

最近テレビ座談会では、直接聞いている講師部員にディスカッションさせて、会長がそれらを否定して話をまとめる程度だと聞いています。間の抜けた話に失望を禁じえない会員さんの感想が寄せられています。

会員の皆さんは、詮も間も抜けた話を聞いて、真宗を破壊する発言に感動などしている場合ではありません。これ以上、時間、体力、金銭を投じる前に、深い欲望に利用されているだけだということに気づいて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード