《新宗教》浄土真宗親鸞会

浄土真宗親鸞会は、新宗教というより伝統仏教に、こんな内容がありました。


たとえ歴史は古くても、その団体が
「本尊は伝統的なものから、別のものに替えます」と
言いだしたり、
「開祖は、○○をするなと言われたけれど、これからは大いに○○をしましょう」
と方針を変更したら、それはもはや《新宗教と化した》と言っていいのではないでしょうか。



本願寺を《新宗教と化した》と言いたいのでしょうが、実は《新宗教》とは親鸞会のようなものであるということに、親鸞会.NETの著者は気づいているでしょうか?

親鸞会の本尊は、「愚禿釈親鸞」と書かれているのをぶった切って「親鸞」だけ「南無阿弥陀仏」の左横にコピペした、張り合わせのコラージュ本尊です。しかも、下付される本尊は見る者が見たら素材も実にお粗末なものであると一発でわかるとのことです。
私は会員時代、ついたてに掛けておつとめをしていましたが、すぐに紐の糊がとれてしまい、何度も塗っては剥がれ塗っては剥がれを繰り返していました。一番大事と言われる本尊にそのような細工をしたり、本尊がお粗末な材質のものであったりするのでは、親鸞会ではポーズだけで実際はそれほど大事に思っていないのではないかと感じられます。このような事実を知らない会員さんが知った時どう感じるだろうかと、少しは考えていただきたいものです。少なくとも私は事実を知った時とてもショックでした。


さらに、

浄土真宗親鸞会は
「親鸞聖人の教えを正確にお伝えする」
ことを唯一の目的としています。


と書いていますが、口で言うだけなら誰でも言えます。浄土真宗親鸞会が、本当に親鸞聖人の教えを正確にお伝えしているのかどうかをよく吟味しなければなりません。

当ブログをはじめ、
『親鸞会教義の誤り』
『飛雲』
『元会員から見た浄土真宗親鸞会』
『親鸞会教学を検証する』
などで、親鸞会教義の誤りが指摘されています。

これらの批判に正面から答えてから、「親鸞聖人の教えを正確にお伝えしています」といってもらいたいものです。


誤りの一例を挙げると、親鸞会の善の勧めは、雑行の勧めです。会員は自分のやった善が、信心獲得するのに、報土往生するのに何らかの形で役に立つと思っているからです。そんな自力の心でやる善を「雑行」と言われ、親鸞聖人は捨てよと教えられています。

「本尊は伝統的なものから、コラージュ本尊に替えます」
「開祖は、雑行をするなと言われたけれど、これからは大いに雑行をしましょう」

親鸞会はこのように言っているようなものですから、まさに《新宗教》です。

こんな《新宗教》を「唯一にして真実の宗教」と信じていた自分が恥ずかしいし、未だそう信じている会員の皆さんが哀れでなりません。





(補足)

親鸞会ブログ・ポータルナビに淀川コナンさんが既に私の言いたいことを仰っていましたので、引用します。


>浄土真宗親鸞会は、新宗教というより伝統仏教 

残念ながら、世間一般はそう思っていないみたいですね。
学研発刊の「新宗教の本」にしっかりと親鸞会の事が紹介されていますね。
親鸞会が新宗教ではない、と主張するならば、学研にクレームを付けなければなりませんね。

>たとえ歴史は古くても、その団体が
「本尊は伝統的なものから、別のものに替えます」と
言いだしたり、
「開祖は、○○をするなと言われたけれど、これからは大いに○○をしましょう」
と方針を変更したら、それはもはや《新宗教と化した》と言っていいのではないでしょうか。


まさしく親鸞会そのものではないですか。
ご本尊は伝統的なものから、親鸞会オリジナルの『コピー&ペースト』に替えていますね。
「開祖親鸞聖人は『獲信の為の善』をするなと言われたけれど、これからは大いに『獲信の為の善』をしましょう」
と方針を変更して、金集め人集めを勧めていますね。

>それはもはや《新宗教と化した》と言っていいのではないでしょうか。

よく分かっているではないですか。

>逆に、宗教法人の登録年月日は、新しくても
「教えに忠実に。開祖が教えられたとおりにお伝えしていこう」
としている集まりならば、それは伝統的な宗教になるでしょう。

親鸞会は歴史は50年程ありますが、親鸞聖人のみ教えをねじ曲げていますので、新宗教と呼ぶのもふさわしくないですね。
カルトと呼びましょう。

淀川コナン|1|2010-06-30 22:55
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード