またF館財施…

親鸞会では、これまで4回F館の財施が募られてきましたが、今度はF館のお仏壇の財施が募られているようです。何回も募り直しの上、名目を変えてまたF館財施とは、苦しい親鸞会の財政事情が伝わってきます。

こうした財施が募られる度、親鸞会では「後生は一大事の解決のために精一杯させて頂きましょう」と呼び掛けていますが、財施と救いが関係あるかのように話すところがずるいです。
地獄の沙汰も金次第と言うか、凄まじいまでの金銭欲を見せつけられる思いです。

大分ベテランの会員が減って、苦しい親鸞会サン。その分、今いる会員の負担が増しているでしょう。しかしあまり会員にせびってばかりいると、「おかしい」と思って調べだす人が止まらなくなりますよ。
そうも言ってられないほど財政は逼迫しているのかも知れませんが、これみな因果の道理、狂いはありません。いつも聞いている通りです。
会員の皆さんは、いつまでも親鸞会の金銭欲に振り回されている場合ではありません。無常も迫っていますし、いくら財施しても獲信のもといとはなりません。親鸞会の外には素晴らしい先生が沢山いらっしゃいますから、勇気を出して一歩を踏み出して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード