『真宗の信心』(加茂仰順師)より

昨日、元S会会員さんより、加茂和上のお言葉を教えて頂きました(^^)v

とても素晴らしい内容なので、皆さんにも紹介させて頂きます。

今回は、加茂仰順師『真宗の信心』(探究社)のp.70~p.73より引用の内、前半部分です。




10
それで根本の暗闇を取り除くために、この自分の力ですることになれば三僧祇百大劫の修行をせねばなりません。

それはどのくらいのながいことかというに、一仏から一仏までの出世の間が、五十六億七千万年かかります。

そしてこの番々出世の仏の数を、七万五千体の仏に値うて修行をしたのが一大阿僧祇劫です。二大阿僧祇劫目では七万六千体、三大阿僧祇劫目では七万七千体、合わせて二十二万八千体の諸仏の出世に偶うて修行をしなければ、根源の暗闇は除かれません。これが除かれねば仏果は得られません。

これほどむつかしいことであればこそ、法蔵菩薩の智慧でもってして、どうして暗闇を除いてやろうかと御思案ばかりが五劫の間、そしてそれを実現さすための願行に永劫の間かからせられ、出来上がったのがいまのお助けの南無阿弥陀仏です。

しかしそれも臨終まぎわではない、平生業成の名号のお助けのいわれをはやくいただかねばなりません。

平生業成とは平生のとき往生の業が成弁するということで、平生とはたった今ということ、往生の業事とはお浄土参りの業因ということ、成弁とはかたづくということです。

それが体も元気でたしかなたった今、助かることにきまりをつけて下さるお助けということです。

ところが、そこのところを聞き損って生きているうちに信心を頂いておかないと、死んでから地獄におちてゆくからとするならば、真宗の信心は死なねば助からないようになります。

そんななまぬるいお助けではありません。生きている今、助かる信心ですから、信心をいただいて死ぬるまでは浄土の道中です。死んだときは浄土へ参ったときです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

淳心房さま
>ところが、そこのところを聞き損って生きているうち>>に信心を頂いておかないと、死んでから地獄におち>てゆくからとするならば、真宗の信心は死なねば助>からないようになります。

ここの所が意味がわからないのですが、
詳しく説明いただけないでしょうか?
『生きているうちに信心を頂いておかないと、死んでから地獄におちてゆくから』という考えは
誤りなのでしょうか?
名号のお助けのいわれをはやくいただくと
いうことと、生きているうちに信心を頂くとは
意味がちがうということでしょうか?

> -様

コメント有難うございますm(__)m

加茂和上のお言葉ですので、私ごときがあれこれ言える立場ではありませんが、愚見を述べさせて頂きます。

阿弥陀仏の救いは平生業成、只今の救いです。
それに対して「生きているうちに」とは、「これから死ぬまでのいつか」ということです。
救いを先延ばしにしているのです。これでは平生業成になりません。
只今聞かせて頂くのです。

次に、『生きているうちに信心を頂いておかないと、死んでから地獄におちてゆくから』仏法を聞くのは誤りです。
これでは、「死んでから地獄におちてゆく」私が先手で、「その私を助ける」阿弥陀仏が後手に回っています。
よく「先手の法を聞く」ということが話題になりますが、如来が先手で私は後手です。
如来が「そのまま助ける」と仰っているのをそのまま受け入れる、これが真宗の信心です。
如来が問題にされた自己を、如来が助けて下さる。
私はと言えば、如来にお任せするしかありません。

それを、私の方であれこれ計らいを挟むから「そのまま助ける」本願を受け入れられないのです。
この計らいを自力の心と申します。
「私の後生を何とかして下さい」とお願いにかかるのも自力です。
「何とかして下さい」といいながら、少しも後生を問題にもしていないのが私の実態なのです。
如来はそんなことはとうにお見抜きで、「そのまま助ける」とお喚びづくめなのです。
そういう本願のいわれを聞くのが信です。
どうか本願を聞いて下さい。

最後に、「名号のお助けのいわれをはやくいただく」ことと、「生きているうちに信心を頂く」ことは違うのかというご質問ですが、今までのところを読んで頂いたならお分かりと思いますが、違います。
「名号のお助けのいわれをはやくいただく」というのは、体も元気でたしかなたった今いただくのです。
ところが「生きているうちに信心を頂く」となると、これから死ぬまでのいつかいただくということになり、平生業成になりません。

「只今、ここにいる、この私」を助ける本願です。
「この私」を除いて本願は存在しないのです。
どうか只今の救いに遇って頂きたいと思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード