我々の善は往生の因種でもなければ、縦の線まで進む手がかりでもありません

「我々の善によって阿弥陀仏に救われるのではないが、横の道を進んで(信仰が進んで)縦の線までたどり着くには善をしなければならない」
「精一杯善をやることで信仰が進み、金輪際善のできない自分と知らされた時、願に相応する」

こういう考えは、
・獲信までは善が必要
・進んでいない現時点は助からない
・今から未来の救いに向かって求めていく
ということですから誤りです。

我々の善は往生の因種でないばかりか、縦の線まで進む手がかりともなりません。それに、只今救う本願をこちらで計らって、勝手に未来求めていった先の救いにしてしまっています。

間違いやすい説き方の上、本来ないはずの獲信までの道程を設け、無理矢理会員をその道程に当てはめているのが親鸞会です。まさに「信前の体験至上主義」です。

私達が阿弥陀仏に救われるために、今から善をやって信仰とやらを進める必要はありません。
只今「助けるぞー」の如来の仰せをそのまま聞き受ける、それがすなわち信です。信とは無疑心のことで、阿弥陀仏が与えて下される信楽です。これだけです。これで往生は一定です。
それから命長らえて称える称名は御恩報謝と心得て、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と申すばかりです。

あまりに簡単なので信じられなかったり、方法論に捕われて自己ばかり問題にされる方があります。
しかし阿弥陀仏は信じてこいとは言われません。善のできない自分と知らされてこいとも言われません。我が名を聞けよと仰せです。私は仰せの通り、ただただ本願の仰せを聞くばかりです。

「縦の一念まで進むには善が必要」という信心は投げ捨てて、只今無条件で救う本願を聞いてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

十劫の昔からの、南無阿弥陀仏=そのまま助ける のお呼び声におまかせする一つですよね。

そのまま救ってくださるならそのまま救われる以外にないわけで、これほど確かなものはありませんね。

南無阿弥陀仏

>Rudel様

仰る通りです。南無阿弥陀仏の勅命にそのまま順ったのです。南無阿弥陀仏ほどたのもしく、また確かなものはありません。

それを「自惚れているから善のできない自分と知らされなければならない」なんかというのは、その発言自体自惚れのド天井というものです。仏の教説、親鸞聖人の教えよりも、自分が「善のできない者」と知らされたかどうか、という自覚を重視しているのです。

「我々に往生行としての善はできない」
これが仏の教説であり、親鸞聖人の教えです。
なればこそ、極重の悪人は唯弥陀を称せよと勧励され、本願を信じ念仏せよと教えられるのです。
善のできない自分をそのまま助ける本願を、親鸞会の皆さんにも早く聞いて頂きたいと思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード