親鸞会は「雑行雑修の人製造の宗教」!?

本日は『唯信鈔文意』から学びたいと思います。


「具三心者必生彼国」(観経)といふは、三心を具すればかならずかの国に生るとなり。しかれば善導は、「具此三心 必得往生也 若少一心 即不得生」(礼讃)とのたまへり。「具此三心」といふは、三つの心を具すべしとなり。「必得往生」といふは、「必」はかならずといふ、「得」はうるといふ、うるといふは往生をうるとなり。
「若少一心」といふは、「若」はもしといふ、ごとしといふ、「少」はかくるといふ、すくなしといふ。一心かけぬれば生れずといふなり。一心かくるといふは信心のかくるなり、信心かくといふは、本願真実の三信心のかくるなり。『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり。このゆゑに『大経』の三信心をえざるをば一心かくると申すなり。この一心かけぬれば真の報土に生れずといふなり。『観経』の三心は定散二機の心なり、定散二善を回して、『大経』の三信をえんとねがふ方便の深心と至誠心としるべし。真実の三信心をえざれば、「即不得生」といふなり。「即」はすなはちといふ、「不得生」といふは、生るることをえずといふなり。三信かけぬるゆゑにすなはち報土に生れずとなり。雑行雑修して定機・散機の人、他力の信心かけたるゆゑに、多生曠劫をへて他力の一心をえてのちに真実報土に生るべきゆゑに、すなはち生れずといふなり。もし胎生辺地に生れても五百歳をへ、あるいは億千万衆のなかに、ときにまれに一人、真の報土にはすすむとみえたり。三信をえんことをよくよくこころえねがふべきなり。



御文を読まれたらお分かりのように、ここは『観経』の上品上生に説かれている「具三心者必生彼国」の文についてです。
そして、善導大師の「具此三心 必得往生也 若少一心 即不得生」(礼讃)の文を引かれ、その解説をしておられます。

この中で聖人は、一心(本願真実の三信心)を得た人は必ず真実報土の往生を遂げ、この一心が欠けたならば真実報土に生まれることはできないと仰っています。
本願真実の三信心とは至心・信楽・欲生のことですが、これらは名号のはたらきによって衆生に開き起こる信心です。「助けるぞ」の仰せが南無阿弥陀仏となって既に私達に届いていますから、それを聞くのが即ち信です。聞くのにどうしらもこうしたらもなく、そのまま、仰せの通りお聞きするのです。

さて、雑行雑修の人は報土には生まれられず、報土に往けるのは極めて稀ですから、

真実の三信心をえざれば、「即不得生」といふなり。「即」はすなはちといふ、「不得生」といふは、生るることをえずといふなり。三信かけぬるゆゑにすなはち報土に生れずとなり。雑行雑修して定機・散機の人、他力の信心かけたるゆゑに、多生曠劫をへて他力の一心をえてのちに真実報土に生るべきゆゑに、すなはち生れずといふなり。もし胎生辺地に生れても五百歳をへ、あるいは億千万衆のなかに、ときにまれに一人、真の報土にはすすむとみえたり。

と誡められています。

雑行雑修の人とは、簡単に言うと阿弥陀仏の救いを求めて諸善に励み、その善根功徳をもって浄土に往生しようという人のことです。
ですから『観経』顕説を根拠に、「善をしなければ信仰は進みませんよ」などと言って定善・散善を勧めるのは、雑行雑修の人になれと言っているようなものです。聞く側は、阿弥陀仏に救われたいと思って善をやり、自分の修めた善が何らかの形で救われるための役に立つと考えているからです。
親鸞会会員の方は、善があるいは宿善になると考え、あるいは横の道を進んで縦の線までたどり着くための手段と考え、あるいは善のできない己と知らされ自力が廃る方便の善と考えてはいませんか? もし、自分の修めた善が救いとは全く関係ないと思えず、少しでもこのような思いがあるのなら、それは自分の修めた善が何らかの形で救われるための役に立つと考えているということです。
そういう考えで諸善に励んでいる人を雑行雑修の人と言いますから、親鸞会は一応教義上は「雑行雑修の人製造の宗教」と言えるかもしれません。実際はもっとひどいのですが、親鸞聖人の教えと全く違うことが分かって頂ければOKです。

救われるために19願の善をせよという教説は浄土真宗にはありません。そのような邪説は捨て去り、本願を聞いて直ちに本願真実の三信心を得、真実報土の往生を遂げる身となって頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HNが思い浮かばないので443で失礼します。
ご無沙汰しています。

今回の記事ですが、興味深く読ませていただきました。

『唯信鈔文意』において、

>。『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり。

>『観経』の三心は定散二機の心なり、定散二善を回して、『大経』の三信をえんとねがふ方便の深心と至誠心としるべし。

というお聖教の文章と、

>定善・散善を勧めるのは、雑行雑修の人になれと言っているようなものです。

という言葉の関係がよくわからないのですが、どう理解したらよいか教えてください。

No title

443 様

ここは、解説がないと誤解を招くところです。
すでに
「飛雲」他力の三信をえんことをよくよくこころえねがふべきなり
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-c13c.html
で説明されていますので、そちらを読まれることをお勧めします。

簡単に解説をすれば、

「『観経』の三心をえてのちに」
=「雑行雑修して定機・散機の人、他力の信心かけたるゆゑに、多生曠劫をへて」
=「もし胎生辺地に生れても五百歳をへ」

「『大経』の三信心をうるを一心をうる」
=「他力の一心をえてのちに真実報土に生る」
=「あるいは億千万衆のなかに、ときにまれに一人、真の報土にはすすむとみえたり」

つまり、『観経』の善(雑行雑修)をすることは、方便で自力の信心であるから、方便の化土にしか往けず、化土で他力の信心を賜わって、報土に往くということです。しかし、それは極めて稀であるから、

「(他力の)三信をえんことをよくよくこころえねがふべきなり」

と親鸞聖人は仰っているのです。

>443様

お久しぶりです。
以前は、どのコメントを下さった方でしょうか?


さて、お尋ねの疑問にお答え致します。

まず、『唯信鈔文意』のお言葉の全体の意味を確認したいと思います。
『大経』の三信心と『観経』の三心を繰り返し比較されて、「『観経』の三心では報土に往生することはできない。だから、『大経』の三信すなわち他力の一心をえて、報土往生を遂げなさい」と教えられたお言葉です。

お尋ねの部分は、

『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり。このゆゑに『大経』の三信心をえざるをば一心かくると申すなり。この一心かけぬれば真の報土に生れずといふなり。『観経』の三心は定散二機の心なり、定散二善を回して、『大経』の三信をえんとねがふ方便の深心と至誠心としるべし。

の最初の一文と最後の一文ですが、意味は、

『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をえることを「一心をうる」というのである。こうした理由から『大経』の三信心をえないことを「一心が欠ける」というのである。この一心が欠ければ、真の報土に生れることはできないというのである。『観経』の三心は定善・散善を修める人の自力の心だが、定散の二善をひるがえし捨てて、『大経』の三信をえさせようと願う方便の深心と至誠心であると知るべきである。

となります。

「定散二善を回して」の「回して」とは「ひるがえし捨てて」ということです。廃捨すべきものとして教えられているので、『観経』の三心・それと組み合う定散二善は、未熟な機を導くための権仮方便の教説ということです。

親鸞聖人はまた、『観経』の三心(自力の三心)について、「ひるがへし」とも言われているところもあります。

定散諸機各別の
自力の三心ひるがへし
如来利他の信心に
通入せんとねがふべし
(浄土和讃)

この「ひるがへし」も捨ててということです。

このことも踏まえると、「『観経』の三心では報土に往生することはできない。だから、『観経』の三心、それと組み合った定散の二善をすてて、他力の一心をえて、報土往生を遂げなさい」と親鸞聖人が教えられていることがお分かり頂けると思います。


次に、「定善・散善を勧めるのは、雑行雑修の人になれと言っているようなものです」についてですが、これは本文を読んで頂ければ分かると思います。「雑行雑修の人とは、簡単に言うと阿弥陀仏の救いを求めて諸善に励み、その善根功徳をもって浄土に往生しようという人のことです。ですから『観経』顕説を根拠に、「善をしなければ信仰は進みませんよ」などと言って定善・散善を勧めるのは、雑行雑修の人になれと言っているようなものです」と続く文章です。
つまり、『唯信鈔文意』で親鸞聖人が「定散二善を回して」と教えられている定散二善を勧めるのは、親鸞聖人の御心には合わないし、「雑行雑修の人になれと言っているようなものだ」ということを言いたかった訳です。



釈尊は様々な人を本願一乗に導くために権仮方便の教えを説かれました。しかし既に親鸞聖人の教えに遇い、本願一乗の救いを聞信する私達です。自力の三心で行ずる定散二善は往生行としての諸善万行ですから、それらは真宗では雑行と名付けて嫌われているのは御承知かと思います。
親鸞聖人のお勧めに従い、諸行による往生を願うのではなく、本願を信じ念仏申して往生する道を歩ませて頂くのが親鸞聖人を祖師と仰ぐ私達だと思いますが、如何でしょうか。

No title

飛雲のサイトの当該記事を読みましたが難しく、完全に理解できたとはいいがたいです。

言われていることは、

「雑行雑修して定機・散機の人、他力の信心かけたるゆゑに、多生曠劫をへて他力の一心をえてのちに真実報土に生る」

ということですか?
化土へ往生してから長い時間ののち、報土に往生できるということ・・・?


以前コメントしたのは、このブログが出来てまもなくのことです。
三心と三信はまったく違うということなんですね。今まで知りませんでした。
三心も三信も他力のものだという理解は間違いだったんですね。

>443様

「雑行雑修して定機・散機の人、他力の信心かけたるゆゑに、多生曠劫をへて他力の一心をえてのちに真実報土に生る」

ということですか?
化土へ往生してから長い時間ののち、報土に往生できるということ・・・?



そうです。雑行雑修の人は、往生できたとしても化土です。化土に往生して、長い時間ののち、報土に往生できるということです。

だから、他力の信心をえて報土往生を遂げなさいと勧められているのです。


三心と三信はまったく違うということなんですね。今まで知りませんでした。
三心も三信も他力のものだという理解は間違いだったんですね。



そうです。
このお言葉の場合は、
・三心→自力
・三信→他力
です。

また分からないことがあればコメントして下さい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード