【ツッコミ】七大経⑫-11(凡愚低下の罪人の全人類に善ができるのか、できないのか)ー諸仏方、善知識方は化土往生を勧めていません(2)

【ツッコミ】七大経⑫-11(凡愚低下の罪人の全人類に善ができるのか、できないのか)ー諸仏方、善知識方は化土往生を勧めていません(1)の続きです。

御和讃については、『正像末和讃』に23首も仏智疑惑を誡める御和讃(誡疑讃)を詠んでおられます。『飛雲』誡疑讃について教えてあげて下さいに全ての誡疑讃と現代語訳が載っていますので引用します。


不了仏智のしるしには 如来の諸智を疑惑して
 罪福信じ善本を たのめば辺地にとまるなり
(訳)
仏の智慧を明らかにさとらない証拠として、如来のいろいろな智慧を疑い、
善悪の因果のみを信じ、自力念仏の功徳を頼みにするので、浄土の片隅の方便化土に止まるのです。


仏智の不思議をうたがひて 自力の称念このむゆゑ
 辺地懈慢にとどまりて 仏恩報ずるこころなし
(訳)
仏の智慧の想いや言葉に尽くせない不思議の本願を疑って、自力の念仏を好む者は、
浄土の片隅や慢心の世界に止まって、仏のご恩を報謝する心がおこらないのです。


罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて
 疑城胎宮にとどまれば 三宝にはなれたてまつる
(訳)
善悪の因果を信じる行者は、仏の智慧の言葉に尽くせないほど不思議の本願を疑って
疑城胎宮に止まるので、真実報土の仏・法・僧から離れてしまうのです。


仏智疑惑のつみにより 懈慢辺地にとまるなり
 疑惑のつみのふかきゆゑ 年歳劫数をふるととく
(訳)
仏の智慧や本願を疑う罪により、懈慢界や浄土の辺地に止まるのです。
疑う罪の深さにより、この場所で長い長い間むなしく過ごすのだと、釈尊はお説きなさったのです。


転輪皇の王子の 皇につみをうるゆゑに
 金鎖をもちてつなぎつつ 牢獄にいるがごとくなり
(訳)
自力の念仏の行者が化土に止まるのは、まるで転輪聖王の王子が聖王に背そむいた罪により、
金の鎖でつながれて牢獄に閉じこめられるようなものなのです。


自力称名のひとはみな 如来の本願信ぜねば
 うたがふつみのふかきゆゑ 七宝の獄にぞいましむる
(訳)
自分をたのんで称名する人は、如来の本願を信じないので、
その疑いの罪が深いから、七宝で飾られた疑城胎宮に閉じこめられるのです。


信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も
 如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし
(訳)
仏智を疑う自力の念仏の行者でも、他力信心の人に劣らないように救おうとしてくださる
如来の大悲のご恩を思い知って、他力の称名念仏に励みましょう。


自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば
 自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける
(訳)
自分の力で善行を積み浄土往生を願う人はみんな、言葉に尽くせない仏智の本願を疑うので、
善悪因果の道理に従って自分が作った原因を身に受けて、七宝で飾られた疑城胎宮に止められるのです。


仏智不思議をうたがひて 善本・徳本たのむひと
 辺地懈慢にうまるれば 大慈大悲はえざりけり
(訳)
仏智不思議の本願を疑って、念仏する功徳によって浄土に往生しようとする自力の人は、
浄土の片隅や懈慢界に生まれるので、阿弥陀如来の救いの大慈もいただけないのです。


本願疑惑の行者には 含花未出のひともあり
 或生辺地ときらひつつ 或堕宮胎とすてらるる
(訳)
本願を疑う行者には、化土の蓮華の花に包まれて出られない人もいます。
あるいは浄土の片隅に生まれる者と嫌われ、あるいは疑城胎宮に堕ちる者として捨てられるのです。


如来の諸智を疑惑して 信ぜずながらなほもまた
 罪福ふかく信ぜしめ 善本修習すぐれたり
(訳)
如来のいろいろな智慧を疑って、他力の念仏を信じることができないまま、
やはり善悪因果の道理のみを信じ、自力念仏がすぐれていると励んでいる者がいるのです。


仏智を疑惑するゆゑに 胎生のものは智慧もなし
 胎宮にかならずうまるるを 牢獄にいるとたとへたり
(訳)
仏の智慧の本願を疑うので、母の体内のような方便化土に生まれる者は、智慧をいただくこともありません。疑城胎宮に生まれることを牢獄に閉じこめられていると譬えたのです。


七宝の宮殿にうまれては 五百歳のとしをへて
 三宝を見聞せざるゆゑ 有情利益はさらになし
(訳)
七宝で飾られた疑城胎宮に生まれると、五百年もの間閉じこめられて
真実報土の三宝を見聞きすることがないので、この世に還相して人びとを救うことは全くできないのです。


辺地七宝の宮殿に 五百歳までいでずして
 みづから過咎をなさしめて もろもろの厄をうくるなり
(訳)
浄土の片隅の七宝で飾られた疑城胎宮にいて、五百年もの間そこから出られないで、
自分がおこした疑いなどのとがや罪によっていろいろな厄を受け、不安で危険な状態にいるのです。


罪福ふかく信じつつ 善本修習するひとは
 疑心の善人なるゆゑに 方便化土にとまるなり
(訳)
善悪因果の道理を深く信じて、自力念仏に励んでいる人は、
本願を疑う善人なので、真実の浄土ではなく、方便化土に止まるのです。


弥陀の本願信ぜねば 疑惑を帯してうまれつつ
 はなはすなはちひらけねば 胎に処するにたとへたり
(訳)
阿弥陀如来の本願を信じないので、心に疑いを持ち続けたまま往生はしますが、
往生した所の蓮華の花のつぼみはすぐには開かないので、母の体内にまだいるのと同じだと譬えたのです。


ときに慈氏菩薩の 世尊にまうしたまひけり
 何因何縁いかなれば 胎生・化生となづけたる
(訳)
ある時弥勒菩薩は釈尊に
「どのような因縁によって、往生を胎生・化生と区別して名付けられたのですか」と申し上げました。


如来慈氏にのたまはく 疑惑の心をもちながら
 善本修するをたのみにて 胎生辺地にとどまれり
(訳)
釈尊は弥勒菩薩に、「本願を疑う心を持ったまま
自力の念仏を励んで、その功徳で往生しようとするために胎生するのであり、方便化土の辺地に止まっているのだ」とお答えになった。


仏智疑惑のつみゆゑに 五百歳まで牢獄に
 かたくいましめおはします これを胎生とときたまふ
(訳)
釈尊は、「仏の智慧の本願を疑う罪により、五百年もの間、牢獄に
厳しく捕らえられている。これを胎生というのだ」とお説きなさったのです。


仏智不思議をうたがひて 罪福信ずる有情は
 宮殿にかならずうまるれば 胎生のものとときたまふ
(訳)
仏智不思議の本願を疑って、念仏する功徳によって浄土に往生しようとする自力の人は、
浄土の片隅や懈慢界に生まれるので、阿弥陀如来の救いの大慈もいただけないのです。


自力の心をむねとして 不思議の仏智をたのまねば
 胎宮にうまれて五百歳 三宝の慈悲にはなれたり
(訳)
自力往生の心を最高のよりどころとして、想いや言葉に尽くせない仏の智慧の本願のはたらきを信じないので、
方便化土の疑城胎宮に生まれて五百年もの間、阿弥陀如来の三宝の慈悲から離れ、閉ざされているのです。


仏智の不思議を疑惑して 罪福信じ善本を
 修して浄土をねがふをば 胎生といふとときたまふ
(訳)
釈尊は、「仏智不思議の本願を疑って、善悪因果の道理を信じて、自力の称名によって
浄土に生まれたいと願う者を、胎生の者というのだ」とお説きなさったのです。


仏智うたがふつみふかし この心おもひしるならば
 くゆるこころをむねとして 仏智の不思議をたのむべし
(訳)
仏の智慧の本願を疑う罪はたいへん深い。疑う心の罪の深さを思い知るならば、
それを悔いる心でもって、仏の智慧の想いや言葉に尽くせない不思議の本願におまかせしましょう。



いかがでしょうか。
「この善ができれば化土往生できるからやりなさい」
「この念仏を称えたなら化土往生できるから称えなさい」
などと言って19願の自力諸善、20願の自力念仏を勧めておられるどころか、誡めておられることがお分かり頂けるでしょうか。

「では釈尊は何のために定散二善などの諸善を説かれたのか。我々にやらせるためではないのか」と会員は質問しそうですから、法然聖人の御言葉で答えておきます。

定散を説くことは、念仏の余善に超過したることを顕さんがためなり。もし定散なくは、なんぞ念仏のことに秀でたることを顕さんや。(念仏付属章)

定散二善を説かれたのは、念仏が諸善に超え勝れていることを顕すためだと教えられています。他にも親鸞会にとって都合の悪いことを法然聖人は教えられていますので、詳しくは【再掲】法然聖人のお言葉を参照下さい。

文証に依らず、「高森会長の体験、高森会長の言葉を根拠に親鸞聖人のお言葉を平気で捻じ曲げてゆく輩」の集団が親鸞会です。体験至上の異安心とは、彼らの事を言うのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード