会員の皆さん、同朋の里にダムは本当に必要ですか?

『飛雲』

に紹介されていましたが、同朋の里第3期工事の説明が以下で聞けます。

ダムでも何でも造ってチョーダイ1
ダムでも何でも造ってチョーダイ2
ダムでも何でも造ってチョーダイ3


音声を聞くところによると、同朋の里は47000坪で、まだF館の山手の方に25000坪の森林があり、今度はそこを開発するようです。
気軽に散策してもらいたいという御心(?)で、手すりや階段付きの遊歩道が網の目のように設けられ、休憩所のあずまや(9,5坪20帖)、トイレ数か所(遊歩道周り)も造られます。
また、本部会館⇔同朋の里の往復に使うシャトルバス用車庫(200畳)、バス待機場(サンキュー前に50台のバスが停められる駐車場(2000坪))もできるとのことです。
そして第3期工事の目玉がダムです。横幅55メートル、奥行き90メートル、高さ10,5メートル、最大水深4,8メートルというかなりの大きさで、ダンプ1800台分の土を盛り、セメントを混ぜて建設します。更にダムの上にも幅4メートルの遊歩道を造るそうです。
屋形船に乗って信心の沙汰なんてことも?と話しています。


会員の皆さん、同朋の里にダムは本当に必要ですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親鸞会の崩壊を早めるためには、こうしたバカげた開発をもっとしてもらったほうがいい。建設、維持費が負担になるし、カネ集めに不審を感じて離脱する人が増える。
大型工事で地元に雇用が創出されるし、どんどん工事したらいい。

No title

録音聞きましたが、募財をするときには既に工事が完了に近づいているということに驚かされます。
不快感を持っている会員も少なくないはずです。
ダムの目的も不明ですが、何でバスに車庫が必要なのか全く不明です。

上層部が、世の中の趨勢や構成員の心情を感じ取る嗅覚を失った組織は終わりですね。
会の指導者たちの感覚は麻痺している、と気が付くきっかけになることを期待するばかりです。

No title

勘違いしてはいけません。
こんなこと言い出すのは、会長以外にはいないでしょう。上層部もおかしいことは解っていますが、先生の深い御心に従うしかありません。

会長の御心は、「飛雲」の通りでしょうね。

会員の怒りが増大して、保身の上層部も会長を見離した時が最後でしょう。

コメント有難うございます

>名無し様

私も仰る通りだと思いますが、巻き込まれる会員が不憫ですので、疑問を持って頂きたいと思って書きました。


>ぶりぱぱ様

普通は工事をする場合、こういうものを作って費用はいくらでなどと企画案を説明し、スポンサー(会員)の承認が得られたら着工ですよね。
それが既に工事が始まっていて、途中で説明して財施を募るのはひどいです。


>幹部会員歴数十年様

ダム建設は会員ではなく高森会長が言い出し、会員はそれに賛成するしかないのですね。。。
このようにして獲信と無関係な財施や活動に勤しむ会員やかつての仲間たちが哀れでなりません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード