なんぢ一心に正念にしてただちに来れ

また西の岸の上に、人ありて喚ばひていはく、〈なんぢ一心に正念にしてただちに来れ、われよくなんぢを護らん。すべて水火の難に堕せんことを畏れざれ〉と。(散善義)

親鸞聖人は善導大師の二河譬を信文類に引文されています。
西岸上の人、つまり阿弥陀仏は、私を「汝」と呼びかけて、「ただちに来れ」と仰っています。「ただちに来れ」とは、「ただちに救うぞ」という如来の喚び声です。

「ただちに」ですから「今すぐに」です。
そして、今何かしていることがあれば、それを片づけてからでは「ただちに」になりません。「今やっていることを止めて」です。

もし宿善を厚くしようとしている人があれば、宿善を厚くしようとしているその行い、その思いを止めて。
もし善をして信仰を進めようとしている人があれば、善をして信仰を進めようとしているその行い、その思いを止めて。
もし地獄一定の自己を知らされようとしている人があれば、地獄一定の自己を知らされようとしているその行い、その思いを止めて。

自分に生死を出離できるようなものを持たないから、阿弥陀仏は本願力を回向して助けて下さるのです。私が用意するものは何もありません。
「私が何かしなければ阿弥陀仏は救って下さらないだろう」という心こそ自力疑心ですから、そういう心は捨てものです。自分の思い、計らいをやめて、「そなたを救うぞ」の如来の仰せをそのままお聞きして下さい。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード