すべての人が微塵の善もできない極悪人ならば…

すべての人が微塵の善もできない極悪人ならば、過去世の善根という意味での宿善の有無を論じることは無意味です。みな無宿善の者ということになるからです。それに、

宿善厚きものは今生も善根を修し、悪業をおそる。(唯信鈔)

のお言葉も無意味なお言葉になります。過去世の善根厚い人はありませんし、善根を修することもできないからです。


こうした矛盾は、罪悪観と機の深信の混同から見られる現象です。
罪悪にまみれ、善根薄少にして、自分の力では生死を出離することができないと決定して深く信ずるのが機の深信です。「自分の力では生死を出離することができない」というのが重要です。
それに対して罪悪観は一人一人異なるものです。自己をよく見つめている人、またそうでない人で、自分の見方は異なって当然です。それに、自分のすがたはまだしも、さとりを開いたわけではないのですから、全ての人が微塵の善もできない極悪人だなどと知らされるわけがありません。

かつて私を、「地獄一定の自己が知らされたとは思えません。」と後輩が非難してきましたが、T森教の聞きすぎです。自転車操業に成り果て、善の勧めばかり説いて献金と勧誘ばかりしている団体の教義は、一切忘れて学び直した方がよいでしょう。

善といえば聞こえはいいですが、本願の救いを求めて修する諸善は雑行です。捨てよと言われる雑行をやれと教えているのですから、親鸞聖人と真逆です。そんな親鸞聖人と真逆なことを説く団体にいくら就き従っていても、親鸞聖人と等しく救われる道理がありません。



【参照】
『苦笑の独り言』大昔からツッコミ入ってます→親●会における「二種深信の機の深信」と「罪悪観」との混同
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード