金剛心とは如来回向の信心

金剛心とは如来回向の信心であり、如来が私を助けるに間違いないという無疑心です。
金剛心と聞くと、自分の心に確固とした信心が確立するのだと思いがちですがそうではありません。

信心といっても南無阿弥陀仏の他はなく、私の方には確固としたものはありません。ただ、どれだけ否定しようと、また否定されようと、阿弥陀仏のお助けに間違いないという無疑心は揺らぎませんから、この阿弥陀仏より賜った無疑心(信楽)を金剛心と呼ぶのは、まことにふさわしいことと思います。

この心、深信せること金剛のごとくなるによりて、一切の異見・異学・別解・別行の人等のために動乱破壊せられず。(散善義・信文類引文より)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正受金剛心

そうなんですよね。
「正信念仏偈」の「行者正受金剛心」は、『観経疏』の帰三宝偈、

妙覚及等覚 正受金剛心(妙覚および等覚の、まさしく金剛心を受け)
http://wikidharma.org/4c8f9aaa1ac63
からの引文なんですね。

これを御開山は『化身土文類』の十三文例で、

「教我正受」といふは、すなはち金剛の真心なり。
http://wikidharma.org/4c8f9b93af6ba
と仰るのですが、正受という本願力回向という浄土真宗の綱格を理解できないのが、頭の悪い高森会の会長や講師なんですね。

まあ、人のことはどうでもいいのですが暇ですから(笑

No title

無疑心、おっしゃるとおりです。

でも、某会の人達はこれが分からないのですね。
「絶対の幸福」なるものが存在すると思い込ませた罪は重いです。


>林遊@なんまんだぶ様

コメントありがとうございます。
金剛心を正受するまでに通らなければならないという不要な道程を設け、会員の獲信を妨げる説き方をしているのがTS会です。
向きが真逆なんですよ、知識に心を向けていても阿弥陀仏に向いてはいないんですよ、と説けば、元々只今の救いを求めていた人達が多いですから救われる方も少なくとも今よりは多く現れるのではないかと思っています。しかし、そう言われて分かる人の大半はとっくに辞めて、残るは死ぬまで求道が好きな人、情報弱者、目的違いの者、くらいでしょうかね。
ダムで気づかない人はハッキリ言いまして絶望的です。いつまであのような茶番に付き合って人生を捧げる気なのでしょうか? その人の人生だから本人はいいでしょうが、巻き込まれる人は大大・・・迷惑です。会員の皆さんは、自分達の活動は布施行ではなく、詐欺行であることを知るべきだと強く思います。

ぶりぱぱ様

そうなんです、某会の人達は言っても通じないんです。
正定聚を「絶対の幸福」と言っていると主張するのでしょうが、「絶対の幸福」という言葉を使うのがよろしくありません。結局思い浮かべるのは「相対の幸福と比べようもない安心、満足」といったことでしょう。結局「相対の幸福」ということです。
私もそうでしたが、会員が聞きたいのは「救われると広大難思の慶心がおきるんですか?」「大慶喜の心が起きるんですか?」という、心に大きな慶びが起きるのかどうかという点です。喜びが起こるかどうかで判断される信心ではないことを知って頂きたいです。

No title

たしか 平成11年の 浜松で 「行者正受金剛心」の
行者 とは 善を行う者 と説明してました。
最近 ビデオ御法話 で見てびっくりしました。
当時は 疑いもせず 聞いていたのですね。

>柳に風様

高森先生信心があるならば仰る通りと聞き入れるのも仕方ありません。
しかし本願力を廻向される救いと知ったら、他力の信心を獲るために十九願の善をせよと教えるTS会は明らかにおかしいと分かります。そして、実態は善もどきの善を勧めているのですから、救われる人が極めて稀なのは当然の事です。
説く者の責任は極めて重いですね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード