信心とは如来廻向の信心であり、それは仏願の生起・本末、本願の名号(南無阿弥陀仏)を聞いて疑いを交えないことです

今回は、元会員様から頂いたご質問にお答えしたいと思います。

【質問】

信心とは,自分の口からお出ましになる南無阿弥陀仏の声が,阿弥陀仏の「そのまま来いよ,助けるぞ」のじかの喚び声として聞こえたこと,聞こえていることをいうのでしょうか。まだ私には如実に聞こえていません。


【回答】

信心とは如来廻向の信心であり、それは仏願の生起・本末、本願の名号(南無阿弥陀仏)を聞いて疑いを交えない信心を言います。これが「聞其名号」の「聞」であり、「信心歓喜」の「信心」であります。

しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。(信文類)

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。(一念多念証文)


南無阿弥陀仏とは、仰る通り「そのまま来いよ,助けるぞ」の勅命ですから、その勅命に対して疑いを交えないのが信心です。
しかし、知識や同行から『南無阿弥陀仏とは、「そのまま来いよ,助けるぞ」の勅命ですよ』と聞いたり、そう思ってお念仏を称えたりしていても、「阿弥陀仏は本当に助けて下さるのかなぁ」「本当にこの六字に私を助ける力があるのかなぁ」と二の足を踏む心があれば、それは信心ではないし、聞其名号の如実の「聞」ではありません。
「助けるぞ」の仰せを「聞」くのが「即」ち「信」です。必ず救う本願は名号となって既に元会員さんの元に届いていますから、どうぞ今、仰せを計らいなく聞き受けて下さい。

また、自分の口から出る南無阿弥陀仏だけではなく、人の称えるお念仏も、あるいは名号を拝しても、更には阿弥陀仏の形像を拝しても「そのまま来いよ,助けるぞ」の仰せと聞かせて頂き、本願のかたじけなさよとお念仏を称えさせて頂くのです。

最後に、真剣に聞こう真剣に聞こうと力みすぎると、逆に自力を固める傾向がありますから、肩の力を抜いて、素直に聞いて頂ければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素直に聞かせて頂きます

ご回答ありがとうございました。私の口から念仏が出てきても,うまく表現できませんが二の足を踏む心があるようです。必ず救う本願は名号となって私に届いていると聞かせて頂き,仰せをはからいなく聞き受けたいと思います。肩の力を抜いて素直に聞かせて頂きます。

>元会員様

阿弥陀仏の「必ず救う」という先手の法に対して、私の方から差し出すものは何もありません。
早く本願を信じ念仏称えて下さいね。またご質問があれば、コメントやメールにてお受け致します(^-^)
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード