【検証】「ここをもつて釈迦牟尼仏」(化身土文類)のお言葉

親鸞会が最近、善の勧めとして挙げる根拠がもう1つあります。『化土巻』要門釈に出てくる、

ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。

のお言葉です。今回は、これが「18願の救いを求めて諸善をせよ」と勧められたお言葉なのか、検証します。


こちらも『一念多念証文』のお言葉と同様、前の文章からの続きですので、前の文章から見てみます。

しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。

【現代語訳】
さて、五濁の世の人々、煩悩に汚れた人々が、九十五種のよこしまな教えを今離れて、仏教のさまざまな法門に入ったといっても、教えにかなった真実のものははなはだ少なく、虚偽のものははなはだ多い。このようなわけで、釈尊は、さまざまな善を修めて浄土に往生する福徳蔵と呼ばれる教えを説いて多くの人々を誘い入れ、阿弥陀仏は、そのもととなる誓願をおこして広く迷いの人々を導いてくださるのである。

後半の部分だけを親鸞会は用いますが、前半を読めば判る通り、半満・権実の法門(聖道門)の修行に行き詰まった人を導くのが19願だと親鸞聖人ははっきり仰っています。菩薩行を行える善人が対機の19願ですから、親鸞聖人の解釈は極めて自然なものです。

ところで親鸞会会員の皆さんは、定善や散善という行がどのような行であるかご存知でしょうか?
阿弥陀仏や浄土に心をかけて行じる善ですが、行は聖道行と同じなのです。例えば、『観無量寿経』に説かれている三福行は、その散善顕行縁に、

なんぢいま、知れりやいなや。この三種の業は、過去・未来・現在、三世の諸仏の浄業の正因なり。

と説かれているように、諸仏の成仏の因、すなわち聖道門の行です。本来聖道門の行であったのを、至心発願して心を浄土に振り向けるから浄土の要門の行となるのです。これを往生浄土の方便の善とか、欣慕浄土の善根と呼ばれます。往生浄土の方便の善とは、獲信の因縁となる善という意味ではありません。浄土往生を願わせるために示された善のことです。
ところが、これらの善は報土の真因ではありませんし、本来聖道門の行である定善、散善は我々にはできないと親鸞聖人は「化土巻」に教えられています。

しかるに常没の凡愚、定心修しがたし、息慮凝心のゆゑに。散心行じがたし、廃悪修善のゆゑに。ここをもつて立相住心なほ成じがたきがゆゑに、「たとひ千年の寿を尽すとも、法眼いまだかつて開けず」(定善義)といへり。

【現代語訳】
しかし、はかり知れない昔から迷い続けてきた愚かな凡夫は、定善の行を修めることができない。心を乱さず思いを一つに集中して浄土の相を観ずる行だからである。散善の行も修めることができない。悪い行いをやめて善い行いをすることだからである。このようなわけで、仏や浄土の相を観じて思いを一つに集中することさえできないのだから、『観経疏』には、「たとえ千年という長い寿命を費やしても、真実を見る智慧の眼が開かない」(定善義)といわれている。

このように、
・報土の真因ではなく化土の業因であること
・我々に定散二善はでき難いこと
・阿弥陀仏の光明は、定散二善などの余の雑業を修める者を照らし摂めないこと

などがわかれば、親鸞聖人は決して定散二善を我々に勧められていないことがお分かりでしょう。


定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。(中略)
浄土宗のなかに真あり、仮あり。真といふは選択本願なり、仮といふは定散二善なり。選択本願は浄土真宗なり、定散二善は方便仮門なり。(末灯鈔)


とあるように、定散二善は諸行往生の言葉に摂まり、その行人は臨終来迎を期待せずしては方便化身土へも往生できません。仮の浄土宗の教えであり、方便仮門であります。方便仮門の教えは実行せよと教えられているのでしょうか? それとも、捨てよと教えられているのでしょうか?
親鸞聖人は善導大師の二河譬の中、「また、西の岸の上に、人ありて喚ばうていはく、〈汝一心正念にして直ちに来れ、我能く護らん〉」のお言葉の解説で、「直ちに」というのはどういうことなのかを以下のように教えておられます。

「直」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。(愚禿鈔)

方便仮門である定散二善の実践が勧められているのかどうか、明らかですね。


以上、「ここをもつて釈迦牟尼仏」(化身土文類)のお言葉についての検証を終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード