【ツッコミ】遠く慶ぶ「宿縁」とはー要門の理解の間違い

本日は、『正しい真宗教義の伝承のために』遠く慶ぶ「宿縁」とはから、間違っているところを指摘したいと思います。

**********************
すべての人を、この仮門から二十願を通して十八願の世界に導き入れるのが

阿弥陀仏の決められた選択の願海までの道筋だから十九願を要門と言われる。

要門を通らずに十八願の世界に出る事は誰もできない。

それが弥陀のお手回しであるからだ。

**********************

【間違い】
要門の理解が間違っています。親鸞会では、すべての人が十八願の救いにあずかるに実行しなければならないのが要門の教えと説いています。しかし親鸞聖人は、要門とは外道を離れた聖道門の者を浄土門に導き入れるために説かれた権仮方便の教説であると見られています。そのことを、

「しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。すでにして悲願います。修諸功徳の願(第十九願)と名づく、また臨終現前の願と名づく、また現前導生の願と名づく、また来迎引接の願と名づく、また至心発願の願と名づくべきなり」(化身土文類)
「この願(十九願)の行信によりて、浄土の要門、方便権仮を顕解す」(同)


と仰っているのです。

親鸞会の説が正しいとすると、定散二善は阿弥陀仏に救われるに絶対やらなければならない必須な要行ですから、当然聖人は色々な所で定散二善の実行を勧められていなければなりません。報土往生を願う人にも、定散二善を勧められるはずです。
ところが、親鸞聖人が定散二善などの十九願の行信を勧められている箇所は見当たりません。それどころか、「顕といふは、すなはち定散諸善を顕し、三輩・三心を開く。しかるに二善・三福は報土の真因にあらず」(化身土文類)と仰って、『観経』の顕説である定散二善は報土の真因ではないと言い切っておられます。
そして勧められているのは、「彰といふは、如来の弘願を彰し、利他通入の一心を演暢す」(化身土文類)とあるように弘願(十八願)であり、「行文類」にも明らかなように選択本願の行信である他力念仏一つであります。

我々は過去世において要門の行に励んできたのかも知れませんが、今生においても「要門を通らずに十八願の世界に出る事は誰もできない」と言って要門の行を勧めるのは間違いです。少なくとも、親鸞聖人の教えではありません。
言うなれば、珍しい教えを説いて、弘願念仏の教えを聞かせないようにしている親鸞会は極楽の障門です。一刻も早くそのような邪義を言う人の手から離れて、真実信心におもむくことが何より大事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード