【ツッコミ】「真偽検証」の作者の無知  「本願寺の伝承」ー捨自帰他

「真偽検証」の作者の無知  「本願寺の伝承」

によると、「相伝義書」を出して、親鸞会流「三願転入の教え」を肯定するような文章を書いています。しかし、「正しい真宗教義の伝承のために」の著者は親鸞会で説かれる「三願転入の教え」をよく知らないのでしょう。親鸞会流「三願転入の教え」と「本願寺の伝承」で挙げた相伝義書の文章の相違を指摘しておきます。
『夢幻界裡の覚醒』阿弥陀仏のお計らいにあるように、親鸞会流「三願転入の教え」とは、

**********************
ちなみに、親鸞会では、
19願の教えも説かれなければ、20願の教えも説かれてはいない。
19願で助かるとか、20願で助かる、などとは、
一切、説かれていないからである。
あくまで、高森顕徹先生は、
三願転入で救われる、と教えられている。
すなわち、19願も、20願も、常に、
18願で、自力が廃り他力に帰する、
その一念の真実に向かっての19願、20願
と、教えられているのである。

**********************

というものです。「その一念の真実(18願)に向かっての19願、20願」というのが親鸞会の特徴です。
在会時、ある幹部講師は、19願だけ説くのはダメ、20願だけ説くのはダメ、18願を説いた上での19願、20願を説かなければならないと言っていました。18願を説く説かないで19願の意味が変わるのかと甚だ疑問ですが、親鸞会教義とはそういうものです。
では、「その一念の真実(18願)に向かっての19願、20願」の実態はいかなるものでしょうか?

公式ホームページ「諸行往生は本願にあらず」では、「光に向かって善を勧める親鸞会」と書かれています。ここで「光」とは何か不明ですが、多くの会員は「人生の目的」、「無碍の一道」、「絶対の幸福」、「信心決定」など、言葉はいろいろ使う人がいるでしょうが、18願の世界と理解していることでしょう。そこで「光に向かって善を勧める親鸞会」の「光」に信心決定を入れると、

「信心決定に向かって善を勧める親鸞会」

となります。要するに親鸞会流「三願転入の教え」の帰結するところは、「信心決定に向かっての修善の勧め」です。
親鸞会の会員さんに、「何のために法施や財施をするのですか?」と聞かれたらよいと思います。「後生の一大事の解決(信心決定)のため」と答えるでしょうから。
なお、「良いことすれば、善い結果が現れる」等と答えて、「後生の一大事の解決(信心決定)のために」という答えを回避する者もありますが、単に世俗的な善果(富、健康、平和など)を求めるならば、仏教を持ち出さなくともよい話です。

長々と書きましたが、ここまでは「正しい真宗教義の伝承のために」の著者に、親鸞会流「三願転入の教え」と知って頂くために書きました。


一方、「本願寺の伝承」で引用している文章は、19願や『観経』の顕説が権仮方便の法門であることを説明しているもので、親鸞会流三願転入の教えを肯定しているわけではありません。
その文章を読んでみても、既に18願により報土往生を願う人に、信心決定に向かっての修善を勧めていると見られるようなところはどこにも見出すことはできませんでした。親鸞会流「三願転入の教え」とは相違しているようです。

聖道門、要門、真門という権仮方便の教えは、直ちに18願を受け付けないような未熟な者も見捨てることなく導き育てようとされる阿弥陀仏の大悲より設けられた法門です。つまり、釈尊の八万四千に及ぶ膨大な教えは、すべて第18願に引き入れるために説かれたものです。
第18願を真実、第19・第20願を方便とするという真仮の分別は親鸞聖人において既になされています。この内、聖道門と同じようにもろもろの行を自力で実践して往生しようと願う要門(第19願)と、念仏を称えた功徳によって往生しようとする真門(第20願)はいずれも自力の法門ですからこれを廃捨し、ひとえに本願力の回向によって往生を得る第18願のみに依れというのが親鸞聖人の教えです。覚如上人はこの「捨自帰他」の教えを、

いまの真宗においては、もつぱら自力をすてて他力に帰するをもつて宗の極致とする。(改邪鈔)

と仰せです。そして浄土真宗は第18願を説き示す教えであるという事を、

浄土の真宗においては、超世希有の正法、諸仏証誠の秘懐、他力即得の直道、凡愚横入の易行なり。(同)

真宗の門においてはいくたびも廃立をさきとせり。「廃」といふは、捨なりと釈す。聖道門の此土の入聖得果・己身の弥陀・唯心の浄土等の凡夫不堪の自力の修道を捨てよとなり。
「立」といふは、すなはち、弥陀他力の信をもつて凡夫の信とし、弥陀他力の行をもつて凡夫の行とし、弥陀他力の作業をもつて凡夫報土に往生する正業として、この穢界を捨ててかの浄刹に往生せよとしつらひたまふをもつて真宗とす。(同)


とも仰せられてあります。

既に親鸞聖人の教えを聞いて、本願力回向による平生の救いを求めるようになった人に、自力諸行往生、自力念仏往生を誓われた19願・20願の方便願を説き与えることは祖師の上にはありません。ひたすら他力念仏往生である第18願の法門一つ説かれるのです。

引用した「相伝義書」の文章中に、

この願を「欣慕」としり「仮門」とわきまえて真仮の差別を信知するが、仏の御本意に相応し如来広大の恩徳を迷失せざるなるべし。

とあるように、真実と方便をハッキリとわきまえて、速やかに仏の御本意の願である18願に相応し、報土の往生を遂げる身になって頂きたいと念じます。



「聖道門」どこに書いてあるの?「真偽検証」のお笑い真宗学第2弾には、

**********************
「本願寺の古い伝承」は「親鸞会の説と同じ」と認められたようで何よりです。

もっとも私自身は「親鸞会の説」というものをよく知りませんが。

**********************

と書いています。親鸞会の説をよく知らないと言っている人が、親鸞会の説と同じかどうかを論じていることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?
しかも「親鸞会の説と同じ」と認められたようで何よりと、何となく喜んでいるようにも見えるのですが、まことに不可解です。


ところで、

**********************
「要門とは外道を離れた聖道門の者を」なんてどこに書いてあるの?

「群生海」「諸有海」って十方衆生のことですが。

基本的な仏教用語を勉強されたほうがよろしいかと思います。

**********************

と書いていますが、「しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども」の部分がそうです。

なお、この件については

『親鸞会の邪義を正す』”三願転入の教え”の誤り1

で解説がなされていますので、詳しく知りたい方は参照して下さい。

親鸞会も、要門釈の後半部分を断章してきますが、「親鸞会の説」をよく知らないと言うわりに、思考回路はそっくりですね。基本的な文章の流れを勉強されたほうがよろしいかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

牧野の主張もお粗末極まるものですが、きちんと出典を明かさず「本願寺の伝承」などという不可思議の名目を立てて『相伝義書』を出してくるあたりがいやはやなんとも…

そもそも「本願寺」ってどこの本願寺ですか?と聞きたくなります。

あのblogは他のエントリも、筆者の知的誠実さを疑いたくなる記事のオンパレードです。

S会の教えの根本が間違っている為、それを糊塗しようとすればするだけ、彼らは自分の恥を晒すだけですが、
真宗のみ教えに興味を持ってネットで調べた一般の方がたまたま一連のblogを見て、正しいご法義を誤解するような事がないか、そこが心配になる今日この頃です。

>Rudel様

どこから引っ張り出してきたのか根拠をいちいち調べないといけないですから、不親切極まります。
根拠は断章、しかも親鸞会と同じ使い方をして、それで親鸞会の説をよく知らないとはよく言えるものだと呆れてしまいます。親鸞会関係者だということはとっくにばれていますから、これ以上嘘をつくのは止めてもらいたいですね。妄語の罪の果報は彼自身にくるのですから・・・

No title

「本願寺」という言葉の使い方が、親鸞会員しか使わないような用法と一緒になってますね。

「親鸞会の説」とか教義云々の話じゃなくて、その言葉の使い方が既に「ブログを書いてる本人が親鸞会員である」ことのなによりの証拠。

傍証はブログの中にいくつもある、「親鸞会の説を採用している」点。

あと、指摘の通り
>親鸞会の説をよく知らないと言っている人が、親鸞会の説と同じかどうかを論じていることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?
>しかも「親鸞会の説と同じ」と認められたようで何よりと、何となく喜んでいるようにも見えるのですが、まことに不可解です。

というところからも自分が親鸞会員であることを自分で主張してるようなものです。

大体の人には「バレバレ」、でもそれを指摘すれば「自分は違う、勝手にレッテル貼るな」と
反論してくるのがわかってるから「言わないであげてるだけ」というのに気がつけてないのか
気づいててあえてやってるのか。どちらにしても姑息なやり方しか出来ないという体質は変わってませんね。
まあ、相手方のブログへアドレスを貼るようになったくらいは意識するようになった、んでしょうか。

>名無し様

御意見ありがとうございます。仰る通りです。
彼のブログに新しい記事も出ましたが(以下)、

http://ikiruimiwositte.blog83.fc2.com/blog-entry-19.html
信疑決判を否定する「真偽検証」の邪義  未信も「一乗海の機」か

・相手の主張をねじ曲げる
・雑行の勧めを平気でしている
と従来の親鸞会通りの論理展開です。詳しくは後で検証したいと思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード