【ツッコミ】反論らしきものが....ー根拠もない珍説を説く、勧学より上だと思っている著者

反論らしきものが....

では、当ブログのツッコミに対して批判がなされています。本日は上の記事を引用しつつツッコミを入れていきたいと思います。


**********************
いろいろ、長々と書いてあるが、結局、肝心の

「「仮令の誓願(第十九願)まことに由あるかな。」の解釈が書いてない。

(どこかにありますか?)
まあ、どう曲げて解釈しても、十九願のお勧めを否定的に見るような、

「善のすすめが嫌いな人達」がよく言う、

「十九願に回り道してはいけない」というようには読めないですね。

**********************

前回の引用した梯師の著書では、

さて要門自力の行の根源である第十九願について「仮令の誓願まことに由あるかな。仮門の教、欣慕の釈、これいよいよあきらかなり」といわれたのは、第十九願は阿弥陀仏が設定された方便の願であり、それを開説された『観経』は釈尊が未熟な機を誘引する方便として浄土を忻慕せしめられた権仮方便の経であることを確定された言葉である。

とありました。十九願の教説は未熟な機を誘引する権仮方便であると言われているのが「仮令の誓願まことに由あるかな。仮門の教、欣慕の釈、これいよいよあきらかなり」です。

特に、「仮令の誓願(第十九願)まことに由あるかな」については、その後に、

「仮令の誓願」の「仮令」とは、第十九願に臨終来迎を誓うときに用いられた言葉で「たとい」と読み、「かりに」「もしも」の意味を顕している。しかし、「かりに」「もしも」から転じて、「おおよそ」「たいがい」の意味に用いられる。さらに形容動詞として「かりそめのこと」、「いい加減なこと」の意味に用いられていた。今は、「かりに」施設された法門であって、究竟の真実ではないことを顕わす言葉として用いられていると見られたのである。第十九願の法義は、真実の報土に至る道を示されたものではなくて、未熟な機を導くための権仮方便の法門を誓われていたから「仮令」という方便を表す言葉が使われていたことの意味がよくわかったというのである。

とあります。

それにどうやら、ブログの著者は十九願のお勧めを肯定的に見るような立場のようです。では、阿弥陀仏の十八願の救いを願う人に十九願の行信を勧められた親鸞聖人のお言葉を示して下さい。根拠も示せないようでは珍説です。

また、「善のすすめが嫌いな人達」とか書いていますが、私は、往生行としての、あるいは信心獲得するための善のすすめは親鸞聖人の教えの上にはないと主張しているのであって、日常生活においての、倫理道徳上の善悪についてはここでは問題にしていません。往生についてと日常生活についてを混同して、まるで往生の為にも修善を勧められているかのように説くのが親鸞会であり、それは間違いであると指摘しているのです。


**********************
>十九願を通らねば、信罪福心(因果の道理を信じる心)は起きませんから難思往生をねがうことはできません。

>と書いていますが、親鸞聖人はそんなことをどこに仰っているのか、根拠を示して頂きたいものです。

20願の行者には信罪福心は必要無い、という主張でしょうか。

それとも「因果の道理を信じる」深信因果あるいは亦信因果は20願だとでも?

真宗教義の基本を知らない素人さんがどこを疑問に思っているのか

想像もつきません。

**********************

「十九願を通らねば、信罪福心(因果の道理を信じる心)は起きませんから難思往生をねがうことはできません」については、根拠が出てきませんでしたので珍説であると分かりました。

【ツッコミ】間違った「要門釈」の解釈ー間違った根拠のない解釈(2)で書きましたが、二十願の行者は信罪福心(自力の心)があるために報土往生はできず、化土に止まるのです。『誡疑讃』や『浄土三経往生文類』をよく読まれるとよいでしょう。


**********************
>さて、ブログの著者は「信罪福心は起きませんから」などと書いて、まず信罪福心を起こしなさいと教えれてい>るような発言をしていますが、これも根拠のない珍説です。
>また、「化身土文類」に難思往生を願えと仰っている所は一ヶ所だけあります。
>しかし、

まあ、勉強不足の人には「珍説」でしょうね。

「しかし」が疑情なんですよ。

「果遂の誓、まことに由あるかな。」

「難思往生を願え、と言われたお導きの通りであったなあ」と聞くのが正しい聞き方。

祖師の御文に何で「しかし」なんて言ってるんでしょうか。

身の程知らずが。

**********************

「しかし」というのが悪いとのことですが、これも祖師のお言葉を承けてのことです。

弥陀経往生といふは、植諸徳本の誓願(第二十願)によりて不果遂者の真門にいり、善本徳本の名号を選びて万善諸行の少善をさしおく。しかりといへども定散自力の行人は、不可思議の仏智を疑惑して信受せず。如来の尊号をおのれが善根として、みづから浄土に回向して果遂のちかひをたのむ。不可思議の名号を称念しながら、不可称不可説不可思議の大悲の誓願を疑ふ。その罪ふかくおもくして、七宝の牢獄にいましめられて、いのち五百歳のあひだ自在なることあたはず、三宝をみたてまつらず、つかへたてまつることなしと、如来は説きたまへり。(浄土三経往生文類)

二十願により真門に入った者に対して、祖師は「しかりといへども」定散自力の行人は、不可思議の仏智を疑惑して信受せずと仰っています。その本願疑惑の罪で化土に止まると教えられています。ゆえに、本願疑惑の罪(自力心)が誡められているのです。

祖師は「しかりといへども」、前回の記事では「しかし」。そして、その「しかし」の後に、

悲しきかな、垢障の凡愚、無際よりこのかた助正間雑し、定散心雑するがゆゑに、出離その期なし。みづから流転輪廻を度るに、微塵劫を超過すれども、仏願力に帰しがたく、大信海に入りがたし。まことに傷嗟すべし、深く悲歎すべし。(化身土文類)

と親鸞聖人のお言葉を引用し、自力心を誡められたのが祖師のみ教えであることを示していました。なぜ「しかし」の後を省いて引用したのでしょうか?


**********************
こんなのに反論必要ですか?
**********************

反論が不要と思うならば黙っていればよいのに、「真偽検証」についてブログ記事を3つ4つも書いたのはなぜでしょうか?
しかも、親鸞聖人のお言葉を挙げた部分をほとんど引用せずに。まことに不可解なことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

『なぜ答えぬ』の会長といい、mixiのこうへい氏といい、O倉講師といい、牧野といい、自分の論拠に全く自信がない故に、ひたすら上から目線で文章を書いて、議論に勝っているかのように見せ掛けるのに必死ですね。

姑息なやり方をすればする程、愚者を惑わし知者に笑われるばかりだという事が、彼らには理解できないのでしょう。
恥を知って欲しいものです。

>Rudel様

仰る通りと思います。
彼らの目的が本願を正しく伝えること以外にあるから、相手を馬鹿にしたような発言を平気でできるのですね。あのような不誠実な態度を見るに、とても親鸞聖人の教えを受け継ぐ者達とはとても思えません。

No title

上手くはいえないんですけど、「信罪福心」とは。「如来の尊号をおのれが善根として、みづから浄土に回向して果遂のちかひをたのむ」=「お念仏を『極楽に行くために自分が積む功徳』として修する心であって、お念仏を申す上で初めて問題になってくる心だと思います。だからこそ、親鸞聖人は「諸善を差し置いて、お念仏を専らにする真門に入りなさい」と教えられるのであって、十九願の諸善万行に心をとどめ、お念仏を専らにしない人は「信罪福心」以前の問題なのではないでしょうか?

>名無し様

「信罪福心」とは。「如来の尊号をおのれが善根として、みづから浄土に回向して果遂のちかひをたのむ」=「お念仏を『極楽に行くために自分が積む功徳』として修する心

というのはその通りですね。また、親鸞会では

十九願の諸善万行に心をとどめ、お念仏を専らにしない

以前に、十九願の万行諸善に心をとどめてこれを修めているとはとても言い難く、会長始め幹部は因果の道理に反したことばかりしているようですから、それこそ

「信罪福心」以前の問題

ですね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード