真実の願と方便の願(1)ー法義の根本、因本の願、四十八願、生因三願、三願転入

『真宗の教義と安心』(本願寺出版社)より引用

第一章 阿弥陀仏の本願
 第一節 真実の願と方便の願

 浄土真宗の法義の根本は阿弥陀仏の第十八願にある。ゆえに、親鸞聖人は『教行信証』の「信文類」において「この大願を選択本願と名づく」(二一一)と示され、「御消息」には「選択本願は浄土真宗なり」(七三七)と述べられている。
 本願には、もともと因本の誓願という意味で、菩薩が仏になるためにおこす願である。これには薬師如来の十二願、釈迦如来の五百願等があり、阿弥陀如来は四十八願をおこされている。この四十八願は、大きく分けて、(一)摂法身の願(自分の理想とする仏身に関する願い)、(二)摂浄土の願(自分の理想とする浄土に関する願い)、(三)摂衆生の願(衆生を救済することに関する願い)の三つに分けられ、摂衆生の願の中、衆生が浄土に往生する因について誓われてあるのは、第十八、第十九、第二十の三願である。親鸞聖人は、このうち第十八願を真実の願、第十九・第二十願を方便の願とみられた。第十八願は他力念仏によって阿弥陀仏の浄土に往生せしめんとする願であり、第十九・第二十願はそれぞれ、自力諸行の行者、自力念仏の行者を往生せしめんとする願である。親鸞聖人は、第十八願が阿弥陀仏の本意であって、第十九・第二十願は本意ではなく、他力の教えを直ちに信じられない未熟な人々に対して、仮にしばらく浄土往生の教えに誘い引き入れるためのものであると見られている。すなわち、このような方便の願は、暫く用いて還って廃せられるものである。また、この第十九・第二十願による往生は化土往生であって、第十八願による真実報土(※1)への往生とは異なっていると見られている。
 親鸞聖人は、この三願について、第十九願より第二十願へ、第二十願より第十八願へという、いわゆる三願転入の表白をされている(「化身土文類」四一二)。これを、聖人の実際の体験とみるか否かについては、異論のあるところであるが、たとえこれを聖人の求道の過程と見ても、まず第十九願より入れという意味ではなく、第十九・第二十願は捨て去られるべきものであり、第十八願のみに依れという意味ととるべきである。また、第十八願の中に身をおいてみると、ずっと以前より阿弥陀仏の大悲の中にあったという感謝の念をあらわされたものと見るべきであろう。

(一~三頁)



(※1)真実報土…阿弥陀仏の本願にむくいた真実の浄土。行者の自力の心に応じてかりに設けられた方便化土に対する言葉。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

19と20の意味がわからんだ

どこをとっても「18願のみに依れ」というのが宗祖のみ教えですからね…

>絶倫棒さん

S会で聞いた事に引きずられて三願転入に拘泥する位なら、いっそ19、20願の事は忘れてしまえば…

この二願について、全く知らなくても救われます。

忘れるのは?だから、高●のボケとして

>絶倫棒様、Rudel様

19願は、「わたしが仏になるとき、すべての人々がさとりを求める心を発して、さまざまな功徳(善)を積み、心からわたしの国に生まれたいと願うなら、命を終えようとするとき、わたしが多くの聖者たちとともにその人の前に現れましょう。そうでなければ、わたしは決してさとりを開きません」というもの。
20願は、「わたしが仏になるとき、すべての人々がわたしの名を聞いて、この国に思いをめぐらし、さまざまな功徳を積んで、心からその功徳をもってわたしの国に生まれたいと願うなら、その願いをきっと果たしとげさせましょう。そうでなければ、わたしは決してさとりを開きません」というもの。

なお、Rudelさんの言われるように、19願、20願は知らなくても構いません。18願のみ聞かれたらけっこうです。本願を信じ念仏して下さい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード