親鸞会は、もっと親鸞聖人の解釈、見解を学ばねばならない(コメント欄より)

親鸞会流「三願転入の教え」の誤りコメントを頂きました。ありがとうございました。本日は広島の名無し様のコメントを紹介しつつ、思ったことを書きたいと思います。


********************
親鸞会は、もっと親鸞聖人の解釈、見解を学ばねばならない。親鸞聖人が19願、定散二善、諸善万行といったことをどう見ておられるかということを。
また親鸞会は、「善を捨てるには、善を目一杯とことんやることが必要」といったことを言うが、そんなことは親鸞聖人のご著書にはない。「親鸞聖人のご著書に書かれていないことならば真宗ではありませんっ!」と声を大にして言いたい。真宗に文底秘沈はないのだから。

********************

全く同感です。高森会長により意図的に創作された断章教学ではなく、会員さんには親鸞会教義を離れてきちんとした真宗教義を学んで頂きたいと心から思います。親鸞会教義には誤解や矛盾が多すぎます。

まず、(権仮)方便ということを会員さんは完全に誤解しています。真実の法に入らしめるために仮に設けた法門を権仮方便といい、この方便は一度真実に入ったならば不要となり廃されるため暫用還廃(ざんゆうげんぱい)(暫(しばら)く用(もち)いて還(かえ)りて廃(はい)す)の法といわれます。真実の法とは18願のことで、18願による救いを願っていない人(無宿善の機)に、18願真実の救いを願わせようと教え導く仏の巧みな手だてが権仮方便です。しかし、既に18願の救いを願っている宿善の機には、権仮方便は必要ありません。お聖教には真実と(権仮)方便とがあい混じって説かれておりますが、権仮方便を捨てて真実を取り、権仮方便をさしおいて真実を用いるのが親鸞聖人の御心にかなっているのだと『歎異抄』の著者は書いています。

おほよそ聖教には、真実・権仮ともにあひまじはり候ふなり。権をすてて実をとり、仮をさしおきて真をもちゐるこそ、聖人(親鸞)の御本意にて候へ。(後序)

真宗で真実にあたる教えが18願他力念仏往生の願、権仮方便にあたる教えが19願自力諸行往生の願と20願自力念仏往生の願です。ですから、19願、20願の教説は18願の救いを願う者にとっては聖道門と同様に捨て去るべき法門なのです。
もし「(権仮)方便だからやらなければならない」のなら、聖道門も釈尊が説かれた権仮方便の教説ですから、私達は聖道の修行からやらなければならないはずです。しかしそうは説かず、会員に善と称して献金と勧誘ばかりやらせています。これは親鸞会のトリックです。「(権仮)方便だからやらなければならない」ではなく、「(権仮)方便だから捨てよ」です。18願真実の前には、諸行(定散二善、諸善万行)は廃され、念仏一行が立てられるのです。会員さんは今はもう18願の救いを願っていない無宿善の機になっているのかと怪しく思われてなりません。

次に、方便の善に励んだら自力は廃るのでしょうか? 少し前に現役会員の後輩に質問しましたが返事は遂にありませんでした。非常に困った質問だからでしょう。廃るのなら自力が間に合うことになりますし、廃らないなら方便の善に励む意味がないからです。親鸞会教義はここで破綻しているのです。後輩が親鸞会にしがみつくのは高森先生信心、今まで求めてきた意地、人間関係、親鸞会の外に無知、などの理由が考えられますが、必死に破綻しているのを認めたがりません。

また、親鸞聖人は他力の信心を獲るために方便の善をせよと教えられているでしょうか? 親鸞会の挙げている根拠は、三願転入の御文を始めとして

(1)ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。(化身土文類)
(2)おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。 この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。(一念多念証文)
(3)至心・発願・欲生と 十方衆生を方便し
 衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける(浄土和讃)
(4)臨終現前の願により 釈迦は諸善をことごとく
 『観経』一部にあらはして 定散諸機をすすめけり(同)
(5)諸善万行ことごとく 至心発願せるゆゑに
 往生浄土の方便の 善とならぬはなかりけり(同)
(6)万行諸善の小路より 本願一実の大道に
 帰入しぬれば涅槃の さとりはすなはちひらくなり(高僧和讃)
(7)ひそかに『観経』の三心往生を案ずれば、これすなはち諸機自力各別の三心なり。『大経』の三信に帰せしめんがためなり。(愚禿鈔)


などですが、いずれも18願真実と一切経で説かれていることの関係を教えられたお言葉、19願の自力諸行往生について教えられたお言葉などであって、他力の信心を獲るために方便の善をせよと教えられた根拠にはなりません。いずれもその前後のお言葉を読んでみると親鸞会で教えているような意味ではないことが分かります。それを断章主義による高森教学の聞き過ぎと、高森先生信心による思考停止とで「獲信するには19願の善からやらなければならない」と思い込まされているだけです。全くもってこれはお聖教の上にはない、文底秘沈の珍説です。これらの根拠については今まで扱ってきたエントリーがありますので、親鸞会流「三願転入の教え」に関してを参照して下さい。

さて、「善を捨てるには、善を目一杯とことんやることが必要」といったことのおかしさについて、『飛雲』会員との問答(一向と雑行について)ではよく表していると思いますので、引用します。

********************
Q.親鸞会では、善をしなければ信仰が進まない、と教えていますが。

A.極めて珍しき教えです。発想は聖道門ですが、聖道門では善ができる前提で善を勧めます。親鸞会では、善のできないことが知らされるには、善をしてみなければ判らないといいます。
具体的にいえば、命がけで財施をしたら、善のできないことが知らされると教えていますが、財施自体は善ですから、財施をした人は、財施という善ができた人です。善をして善ができないと知らされるのもおかしな話です。

たとえば全財産が1億円ある人が、1億円すべてを財施したら、何が知らされますか?
自分は全財産、しかも相当の額を出したのだから、因果の道理で、出していない人よりもよい結果が返ってくるに違いない、と思うだけです。
全財産を出したくらいでは命がけの財施とはいえない、というのであれば、借金して2億円財施をしたらどうですか?
自分は借金までして他の誰よりも多くの財施をしたのだから、誰よりも獲信に近い筈だとしか思えないでしょう。
それでも足りなければ、銀行を騙して10億円の借金をしてそれをすべて財施したらどうですか?
100億円なら、1000億円なら、1兆円なら善のできない者と知らされますか?
どこまでいっても同じです。

もし善と往生との関係で言いたいのであれば、財施という善を回向する19願での往生はできないことが知らされたということなら判らないことはありません。しかし、19願での往生を目指して財施をしている訳ではありませんので、19願での往生ができないと知らされることもありません。

善とは無関係の18願での往生を目指しているのであれば、最初から最後まで善は無関係なのです。

********************

親鸞会で勧められるような善を目一杯とことんやっても、自力が廃るどころか、「これだけやってきたんだから前よりは救いに近づいているはずだ」「全然聴聞にも来ない、活動もしない人達に比べたら自分は救いに近づいているはずだ」と、今までの労力をたのみにし、自力を固めるだけです。会員さんの頭は自力回向の考えそのもので、本願力回向の教えに真っ向から逆らっているのですから、とても他力の救いを聞き受けることはできません。

いくら活動したところで獲信とは無関係であること、逆に今やっていることは雑行そのものだということ、お聖教に根拠のない文底秘沈の教えを聞かされていることに、会員の皆さんには早く気づいて頂きたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード