ふと疑問に思ったこと2

まづ三悪道をはなれて人間に生るること、おほきなるよろこびなり。身はいやしくとも畜生におとらんや。家はまづしくとも餓鬼にまさるべし。心におもふことかなはずとも地獄の苦にくらぶべからず。世の住み憂きはいとふたよりなり。このゆゑに人間に生れたることをよろこぶべし。(横川法語)

ふと疑問に思ったことですが、もし、私達人間が死ねば必ず無間地獄に堕ちるとしたらどうでしょう? せっかく三悪道を離れて人間に生まれたのに、次生は三悪道の中でも一際苦しみの激しい無間地獄に堕ちることが決定しているのです。仏法に遇えない人がほとんど、またせっかく遇っていても本願を信じ念仏を称える身となっていない人もあるわけですから、ほとんどの人にとっては人間に生まれたことをよろこぶどころではないでしょう。逆に人間に生まれてこない方がよかったかもしれないのです。
親鸞会で求めたせいで、かえって「何で人間に生まれたんだろう?」「人間に生まれてこなければよかった」と思う人が出てきてもおかしくはありません。私は会員時代、活動についていけずにこんなことを思ったりしました。でも生まれてしまったからには元には戻れないとアキラメテ、心身に鞭打って活動していたことを覚えています。

六道輪廻して迷いの世界をへ巡り続けることは仏説ですが、死ねば必ず無間地獄に堕ちるなどとは釈尊、七高僧、親鸞聖人、蓮如上人のどなたも仰っていない珍説です。会員さんは必堕無間の恐怖、そして(違うけど)唯一の善知識・高森会長に心が向いて、真実浄土、阿弥陀仏に向いていない人が多いでしょうから、一旦この恐怖、このMCから解放される必要があるように感じます。早くこれらの呪縛から解き放たれ、真実の弥陀の救いを聞いて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も会員時代そう思ったことがありました。阿弥陀仏の光炎王光のお働きで人間に生まれられたとも聞いていたので、信心決定できずに死んだら(人間に生まれて、智慧がある分たくさん罪をつくることになったがために)必ず無間地獄に堕ちるのなら、人間に生まれない方がよかった・・と。必堕無間地獄と聞かされてきた恐怖心から申し訳ないことを思っていたな、とあらためて思いました。
宿善厚い人を自力に押しとどめ、恐怖で煽り、とんでもない団体であったと、浄土真宗を学べば学ぶほど知らされます。騙されていた自分も、今騙され続けている人も、あわれです。

>mary様

>宿善厚い人を自力に押しとどめ、恐怖で煽り、とんでもない団体であったと、浄土真宗を学べば学ぶほど知らされます。騙されていた自分も、今騙され続けている人も、あわれです。

同感です。会員の方々にとっては私達が騙されているあわれな奴らと思っているでしょうが、そうやって会の教えに浸っている間だけは幸せなのかも知れません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード