クレジットカードの更新ハガキ

少し前に、コスモ石油のクレジットカードの更新ハガキが届きました。カードは4年ほど前に、富山の小杉ICを右折してすぐの五歩一交差点にあるコスモ石油で作りました。いつも車で親鸞会館へ行ってはそこで給油していたものです。
しかし、組織はおろか教義的にも親鸞会はまるでおかしいことが判明して以来富山へは行かなくなったため、カードは一度も使いませんでした。すると、来年度からは年会費がかかるとのこと。これからも親鸞会館へは行くことはないでしょうし、年会費ももったいないので、解約することにしました。
ちなみに私はほとんど自家用車で親鸞会館へ行っていましたが、自分の車でだけでも往復した距離は10万km以上です。仮に走行距離を10万km、燃費を10km/ℓとした場合、消費したガソリンは1万ℓです。このエコの時代を逆行するかのような無駄遣いでした。F館などを建てるより富山へ行かない方がよっぽどエコですね。また、1ℓ100円としても100万円がガソリン代に消えた計算になります。あーあ、勿体なかったなぁ・・・

まぁ私は縁あって教義の誤りを知ることができたので辞めることができましたが、未だに続けている会員の皆さんは富山への往復を繰り返し、時間、労力、お金、様々なものを消費しているのでしょう。それも、

「仏法のためならどれだけ時間、体力、お金を使っても無駄にはならない。本当の人生の目的を達成(信心獲得)したとき、一切の苦労は報われ、流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる」

などと思って親鸞会で推進される活動をしてはいないでしょうか? こういう思いこそ、ひとえに本願力の回向によって救うと誓われている阿弥陀仏のお心を計らい、自分のやったこと(聴聞、お勤め、善行)が少しは救いの足しになる、あるいは縦の線(獲信)まで進むてがかりになるとあて力にしている心です。これを本願を疑う心、疑情といいます。親鸞会のやり方は疑情を増長させているのです。
なお最近、『安心問答』『飛雲』に取り沙汰されていますが、この疑情とは18願を疑うことで、19願を疑うことを疑情とは言いません。また、18願、19願、20願の三願を疑うことを疑情と言うのでもありません。ダムの建設に続き、このような珍発言や『飛雲』キレて真宗と断絶した謗言に挙げられているような珍解説が飛び出してくる親鸞会は、まさに珍しい教えのバーゲンセールをしていると言えるでしょう。これ以上、色々なものを無駄にする前に、会員の皆さんには正しいと信じている教義そのものが噴飯物であることに気づいて頂きたいと思います。

【参照】
『飛雲』五劫思惟の願
『安心問答』親鸞会が五劫思惟の願が19願だというたった一つの理由
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

●スモはお得っすよ

>絶倫棒様

うちの近くにスタンドがないんですよi-229
それに、コスモ・ザ・カードではなくてitsumoカードだったので、小杉のスタンドでしか値引きされないので特に持っている意味がなくなったのです。。。

No title

流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる

最近これは嘘で人を騙すためのタームとして使ったのだろうと思っています。
涙はそんな見返りを期待させるために流させるものじゃないと思います。
その後で涙が流れるのでしょうが・・・・。

世の中にはいろんな涙があると思います。

皆で獲信していたらそれはそれは歓喜の涙だったかもしれません。
頑張った甲斐があった、涙を忍んでよかった云々。
法雨を忘れると自分の涙ばかり見そうですね。
これも信前の私には分かりませんが・・・。

退会して涙が流れる都度に過去が洗い流されていきます。
一皮剥けていくように感じます。
思い出として振り返る涙ならば真珠ではなく泥の玉のようです。
その泥の玉も涙で溶かして捨てていきたく思います。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード