無功徳

 親鸞会の会員は仏教(高森)信奉者で有名である。建物の建立財施にはその都度参加し、財施した金額は数知れず、仏教(高森教)宣布に果たした功績は大きい。かの達磨大師が百二十歳の高齢で、印度からやって来たときも、国賓としてみずから手厚く迎えている。

「親鸞会の会員となってから、正本堂建立御報謝、壁画御報謝、聞法ドメイン財施など数多くの財施に参加し、あんしん弁当やサンキュー、D館、徳水館、百味館、F館、ダムなど沢山の建物が建てられる際もその都度精一杯の財施をした。講師部員をあつく保護し、大学のキャンパスでは職員の目をかいくぐりながら勧誘、親兄弟親戚友人を行事に勧誘・入会顕正、講演会のチラシ配りや声かけ、新人へのアプローチ、お預かりしている学徒のフォロー等、親鸞会発展に尽くしたが、どれほどの功徳があるものか(どれほど縦の線(信心獲得)に近づいているものか)」

 親鸞会の会員は自信を持って、達磨に聞いた。

「無功徳」

 達磨はそのとき大喝する。

「何をもって、無功徳と言うか」

 ムッとして問いただす親鸞会の会員に、

「これはこれ、雑毒の善、虚仮の功徳なるぞ」

 キッパリと答えている。

 人間の善行には、「オレは、こんなにやっている」と、手がら心で相手を見くだし、傲然とする、鼻持ちならぬ臭気が漂っているからであろう。(『なぜ生きる』p.250~p.251参照)



まず自分の活動内容を振り返って、自信をもって誰かに「オレは、こんなにやっている」と言える会員さんはほとんどいないでしょう。上を見ればキリがなく、「あの人はあんなに頑張っている」「支部長さんはあんなに頑張っている」「それに比べて私はまだまだだ」と思うと思います。
中には「オレは、こんなにやっている」と自負する会員さんもあるかもしれませんが、そういう人でもやっていることは「雑毒の善、虚仮の功徳」であって「真実の業」とは言いません。この雑毒の善、虚仮の功徳を、縦の線まで進むてがかりとして信心獲得を目指し、報土往生しようと思っても、それは絶対にできません。

一切凡小、一切時のうちに、貪愛の心つねによく善心を汚し、瞋憎の心つねによく法財を焼く。急作急修して頭燃を灸ふがごとくすれども、すべて雑毒雑修の善と名づく。 また虚仮諂偽の行と名づく。真実の業と名づけざるなり。この虚仮雑毒の善をもつて無量光明土に生ぜんと欲する、これかならず不可なり。(信文類)

よく知っている親鸞聖人のお言葉の通りです。自力で修する善は、往生・獲信の足しにもなりませんし、縦の線(獲信)まで進むてがかりともなりません。そういう善を真宗では「雑行」と名づけて嫌われています。親鸞会で推進される活動は善もどきの善ですが、たとえ親孝行やボランティアなどの善行であっても、「やれば信仰が進むだろう、縦の線に近づくだろう」とあて力にしていればそれは雑行です。往生行としては念仏一行と教えられているのに、余行を修して一向専念無量寿仏に反し、雑行を推進されやらされているのが会員の皆さんの実態であることに、早く気がついて下さい。
なお、親孝行やボランティアなどをするのが悪い、やめよとは決して主張していませんので、会員さんは誤解せられぬようお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高森教困るよねー

あと、高森教のヤツら、タイヤ下手なのも、高森教の影響?w

>絶倫棒様

ホント困りますよね~i-229長く苦楽を共にしてきた友達より、一度も直接会話したこともない人の言うことを絶対視する人達です。高森先生大好き人間の集まりですから仕方ありませんがi-232
それは単にとーしろーなだけだと思いますよ。活動で忙しくて練習ができないという点では、影響しているかも知れません。

あふぉだから洗脳されんの?高森、普通の神経ではないし 
バスが浮いてるよね

>絶倫棒様

洗脳は徐々になされます。本人は洗脳されているとは感じていませんが、「高森先生に間違いない」「高森先生の仰ることは全て正しい」というように洗脳されてしまうのです。高森会長だけの教えを聞き、高森会長を賛美する人達の中で過ごし、高森会長の話をそのまま伝えようと話をしていたら、高森会長が絶対の基準となり、そのように洗脳されてしまいます。かつては私もそうでした。確かにあふぉだから洗脳されてしまうのかも知れませんが、要は無知なのでしょうねi-229
バスの話でしたか。K急の話であれば、高森教の影響とは考えにくいですね。直接K急に「あんたの会社の運転手にどういう教育してんの?」と聞いてみて下さい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード