「借金が多ければ多いほど貯金が多くなる」という話の本心

無碍光の利益より 威徳広大の信をえて
 かならず煩悩のこほりとけ すなはち菩提のみづとなる

罪障功徳の体となる こほりとみづのごとくにて
 こほりおほきにみづおほし さはりおほきに徳おほし(高僧和讃)


親鸞会では下の御和讃がよく用いられ、『教学○典』にも出題されています。煩悩即菩提の説明で出てくるのですが、その説明の中で高森会長は、

「煩悩が多ければ多いほど功徳が多くなる。借金が多ければ多いほど貯金が多くなる」

と話していました。今振り返ると、

「信心決定したらそうなるんだから、借金してでも財施しなさい」

というのが本心ではないかと思われます。事実、家を売ってアパート住まいしてでも財施するよう話していたようですからね。会長にとって大事なのは会員の信心決定ではなく、会員のもってくるお金なのです。よく、

「店員は客に頭を下げているのではなく、客の出す金に頭を下げているんだ」

という話を聞きましたが、会長も同類で、会員ににこやかに接しているのではなく、会員の出す金ににこやかに接しているのでしょう。弟子の講師部員が、会員が燈を上げるといってお金をもってきたら満面の笑みだったという記事(投稿:他人のお金を返さない親鸞会)から容易に推測できます。

信心決定しても、物質的には何も変わりません。それまでにした借金は借金のままです。信心決定すれば全て報われるかのように信じて、今は無理してでもと頑張っている会員さんが多いと思いますが、どうか冷静になって下さい。したかったらすればいいですが、出した金額やその時の精一杯の気持ちというのが救いに関係あると思っているなら、それは他力回向の教えに反する自力回向的な考えです。これこそが自力の計らいであり、速やかに捨てねばなりません。
「善(財施や勧誘)をしなければ信仰は進みませんよ」などと、善と獲信とを関係づけて勧められますが、善と獲信は無関係です。「我をたのめ、必ず救う」の大悲招喚の勅命を疑いなく聞き受けるのみで、救われるために善をせよという教えは浄土真宗ではありません。それでは善人正機の教えになってしまい、悪人は救いから漏れてしまいます。
近頃の高森会長の話は、あの黒板で言えば右端の方のことばっかりで、19願だの、定散二善だの、浄土方便の善だのと、善の話ばかりです。支部会合でも、財施に関する話題が多いことと思います。そんなことを聞くのを真宗で聴聞とは言いません。「仏法は聴聞に極まる」の聴聞が全くなされていないことに、会員の皆さんは早く気がついて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

単純にボケてんぢゃなくて、財欲具足?

>絶倫棒様

煩悩具足の凡夫がボケたと考えるのが妥当だと思います。

3年くらい前ですが、法話中、高森会長がアシスタントの岸本講師に「君は(会費は)何燈や?」と聞きました。岸本講師はタジタジになり、返答に窮していました。この会長の現金な(?)発言には引いてしまいました。

>広島の名無し様

3年前には私も所属していたはずですが、ちょっと覚えていませんね。。。多くの会員さんはその話では引かなかったと思いますが、それで引いたということはその時すでに広島の名無しさんは高森信心から抜け出しつつあったのでしょう。

しかし高森会長ほど現金な者はないといっていいでしょう。
・「長者の万灯より貧者の一灯」などと言いながら、会員一人一人の財政事情は無視して結局は燈の高い人を優遇する。特に財施額の多い会員は恩徳報謝賞でもてはやす。
・御法礼はその人の気持ちと言いながら、学生会員は3000円、一般会員は5000円といった暗黙の了解がある。
私が退会する直前に、新人さんが燈の高い人ほど前に座ることを聞いて「結局お金がないと聞けないんですね」とつぶやいていたことを思い出します。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード