【ツッコミ】宇治金時にあこがれてー間違いだらけの親鸞会流三願転入の教え

『浄土真宗親鸞会 宇治金時にあこがれて』願海の真仮を明らかにされた親鸞聖人の教えを聞かせていただきました。

には、間違いだらけの親鸞会流三願転入の教えと、とにかく親鸞会に従わせようとする悪意に満ちたお言葉の誤用が書かれています。引用してツッコミを入れてみましょう。

********************

親鸞会のテレビ座談会で、『歎異抄をひらく』の内容を通じて、親鸞聖人の教えを聞かせて頂きました。
 本師本仏の阿弥陀仏には、48のお約束があります。
 弥陀の四十八願といわれるものです。
 その中で「あらゆる人を救い摂る」と誓われた願は三つです。
 それは、十八・十九・二十の三願のみです。
「どんな人をも、必ず絶対の幸福に救う」
と誓われた十八願は、自らの意(本心)に随って建てられたものですから、これを随自意(ずいじい)の願とか、王本願といわれます。

 なにしろ、昿劫流転の自惚れ強く、相対の幸福しか知らない私たちを、絶対の幸福まで導くことは、難中の難事、善巧方便が不可欠だったのです。
 十九・二十の二願は、そのために、阿弥陀仏が建立なされたものです。
 十八願、絶対の世界へ導くために、しばらく私たち(他)の意に随って誓われたものですから、十九・二十を、随他意(ずいたい)の願といわれます。
 強情我慢で自惚れ強く、自力の執着から離れ切れず、流転を重ねる私たちに、できるかできぬかやってみよ、気の済むまでやってみよ(十九・二十の随他意の願)。
 できないままを、無条件で救い摂る(十八の随自意の願)のが、弥陀の正意なのです。
 随自意、真実の願に誘引するための、随他意、方便の願だから、三願は孤立したものでないことを開顕なされたのが親鸞聖人の『教行信証』です。
 弥陀が、十八願のみで救済できるなら、方便二願を建てられるはずがありません。

 その阿弥陀仏の十九の誓いは、「修諸功徳の願」と言われています。
「諸の功徳を修し」とは、仏教で教えられる諸善万行、善と教えられるものなら何でもしなさい。
 知っただけでは観念の遊戯、論語読みの論語知らず、になってしまいます。
 実行しなければ、結果は分かりません。
「力一杯、功徳(善)を修めなさい」と、阿弥陀仏が十方衆生に勧められているのが十九の願です。
「では、信仰が進めば、救われるのか」と、聞きたい人がいるでしょう。
 それは、凡夫の計らうべきことではないのです。
 偏に弥陀のお計らいです。
 阿弥陀仏の絶対の救済を、どうして私たちが計らえるでしょうか。
 不可称・不可説・不可思議の弥陀の本願を計らうことの愚かさを、親鸞聖人は、こうたしなめられています。
「補処(ふしょ)の弥勒菩薩をはじめとして、仏智の不思議を計らうべき人は候わず」(末灯鈔)
“最も仏に近い、弥勒菩薩でさえ、弥陀の本願力不思議は想像も思慮もできないのに、阿弥陀如来の仏智を計らえる人がいるはずないではないか”

「仏教は聴聞に極まるのだから、善の勧めは遠回りだ」と言う人は、「阿弥陀仏の準備なされた”三願転入”より近道がある」と言っているのと同じです。
 そんな”弥陀より偉い”人は、弥陀に救われる必要のない人になります。

 誤りやすいところなので、正しく理解し、光に向かって進ませて頂きたいと思います。


********************

『「力一杯、功徳(善)を修めなさい」と、阿弥陀仏が十方衆生に勧められているのが十九の願です。』まではほとんど『本願寺なぜ答えぬ』のままです。ここでは善巧方便の誤解が見られます。
親鸞会では19願、20願の教説を善巧方便だとしていますが、これがそもそも誤りです。この二願の教説は権仮方便といい、聖道門と同じく真実(18願)の教法を直ちに受け入れない衆生を見捨てることなく導くために仮に設けられた法門です。衆生の機に応じて、仮に暫く誘引のために用いられる程度の低い教えであり、随他意の法門といわれます。機が熟すれば真実の法門に入らしめて、権仮の法門は還って廃せられます。ですから、既に親鸞聖人の教えを聞いて18願が真実の願、19願・20願は方便の願であると理解し、18願による救いを求めようとなった人にはもはや廃されるべき教えなのです。こうしたことから権仮方便のことを暫用還廃(暫く用いて還りて廃す)の法といわれます。
対して善巧方便とは、仏が衆生を済度されるときに用いる巧みな方法便宜のことです。仏の本意にかなって用いられる教化の方法で、随自意の法門をいいます。阿弥陀仏を方便法身(ほっしん)というときの方便がそれです。私達は、釈迦弥陀の善巧方便によって無上の信心を獲て、往生成仏せしめられるのであって、権仮方便によってではありません。

・それおもんみれば、信楽を獲得することは、如来選択の願心より発起す。真心を開闡することは、大聖(釈尊)矜哀の善巧より顕彰せり。(信文類)
・釈迦・弥陀は慈悲の父母 種々に善巧方便し
 われらが無上の信心を 発起せしめたまひけり(高僧和讃)


と親鸞聖人が仰っている通りです。19願のこころを釈尊は『観経』に定散二善で教えられていますが、権仮方便の教説である19願が18願の救いに遇うのに絶対必要であるかのように説いたらどうなるでしょう。聞く者は定善・散善を修める自力の心にとらわれてしまい、他力の信を誤るもとになります。なので聖人は、上の「信文類」のお言葉に続けて、

・しかるに末代の道俗、近世の宗師、自性唯心に沈みて浄土の真証を貶す、定散の自心に迷ひて金剛の真信に昏し。(信文類)

と仰っているのです。前半部分は聖道諸宗に対して仰っていますが、後半は浄土門内でも他力回向の教えを聞き誤って自力の心に迷っている人のことです。親鸞会が浄土門であるかどうかは甚だ疑問が残るところではありますが、会員が「救われるまでには定散二善の実践が必要」などと思いこんでいれば、それは「定散の自心に迷ひて金剛の真信に昏」いすがたです。
このように金剛の真信に昏く、方便ということに全くの無知ですから、18願の無条件の救いに「19願の善、20願の念仏を実践して自分にはできないと知らされた者を助ける」と条件を課して、有条件の救いにしてしまえるのです。そんな条件はないことを、当ブログでは重ねて発信していきます。

次に、『「では、信仰が進めば、救われるのか」と、聞きたい人がいるでしょう。』から以下は『なぜ答えぬ』に載っていない、最近の高森会長の珍説です。既に『元会員から見た浄土真宗親鸞会』

「三願転入を計らうな」なのか?、「18願を計らうな」なのか?
(補足)「三願転入を計らうな」なのか?、「18願を計らうな」なのか?
これをみている親鸞会の会員さんは少し考えて見て下さい

にて誤りが指摘されていますが、ブログの著者が(元は高森会長が)物知り顔で挙げている

「補処(ふしょ)の弥勒菩薩をはじめとして、仏智の不思議を計らうべき人は候わず」(末灯鈔)

のお言葉は「18願を計らうべきでないこと」を教えられたものであり、「三願転入を計らうべきでないこと」とするのは誤りです。会員の皆さんが18願の救いにあずかるには(18願に転入するには)、
・善をしなければならない
・信仰が進まなければならない
などと思っているとするならば、それこそ如来の誓願、仏智の不思議(18願)を計らっているということです。親鸞聖人は「そのような計らいを捨てよ」と教えられているのです。決して「思考停止して親鸞会で推進される活動を一生懸命やればいい」という根拠として用いられるお言葉ではありません。

最後に、
「仏教は聴聞に極まるのだから、善の勧めは遠回りだ」と言う人は、「阿弥陀仏の準備なされた”三願転入”より近道がある」と言っているのと同じです。
 そんな”弥陀より偉い”人は、弥陀に救われる必要のない人になります。

という邪義に答えておきますと、「19願の善(定散二善)の勧めは遠回りだ」とは親鸞聖人が仰っているのです。

・また横出あり、すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。(信文類)
(【現代語訳】また、浄土門の中に横出がある。それは三輩・九品の機が定善・散善を修め、方便化土である懈慢界に往生する遠まわりの善の教えである)
・雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。(化身土文類)
(【現代語訳】正とは、読誦・観察・礼拝・称名・讃嘆供養の五正行である。助とは、称名以外の読誦・観察・礼拝・讃嘆・供養の五種である。雑行とは、正・助の行以外をすべて雑行というのである。これは、浄土門の中の自力である横出の教えで、長い時を費やす漸教であって、定善・散善や世福・戒福・行福の善を修め、三輩・九品のそれぞれの資質に応じて行を修める自力方便の教えである)


ですからこのブログの著者(高森会長)は、「阿弥陀仏の準備なされた”三願転入”より近道がある」と言っている親鸞聖人に、「そんな”弥陀より偉い”親鸞聖人は、弥陀に救われる必要のない人」だと言っていることになります。
このように「親鸞聖人の教え」だと言いながら親鸞聖人の教えとは似つかぬ珍説を説き、あまつさえ親鸞聖人に向かってこのような暴言を吐く者を、聖人は次のように仰っています。

・師をそしり、善知識をかろしめ、同行をもあなづりなんどしあはせたまふよしきき候ふこそ、あさましく候へ。すでに謗法のひとなり、五逆のひとなり。なれむつぶべからず。(末灯鈔)
・善知識をおろかにおもひ、師をそしるものをば謗法のものと申すなり。おやをそしるものをば五逆のものと申すなり、同座せざれと候ふなり。(末灯鈔)


親鸞聖人が教え勧めていかれたことは親鸞会でいう「三願転入の教え」などではなく、選択本願念仏の御教え、すなわち18願の教法ただ一つです。親鸞聖人の教えに従い、直ちに本願を信じ念仏して、成仏する身となって下さることを願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード