十劫安心と知識帰命、五重の義

本日は『御文章』2帖目11通に触れます。この御文章にも、勿論他力の信心を獲るために19願の善をせよとか、三願転入せよなどとは書かれていません。

それ、当流親鸞聖人の勧化のおもむき、近年諸国において種々不同なり。

これおほきにあさましき次第なり。そのゆゑは、まづ当流には、他力の信心をもつて凡夫の往生を先とせられたるところに、その信心のかたをばおしのけて沙汰せずして、そのすすむることばにいはく、「十劫正覚のはじめよりわれらが往生を弥陀如来の定めましましたまへることをわすれぬがすなはち信心のすがたなり」といへり。

これさらに、弥陀に帰命して他力の信心をえたる分はなし。さればいかに十劫正覚のはじめよりわれらが往生を定めたまへることをしりたりといふとも、われらが往生すべき他力の信心のいはれをよくしらずは、極楽には往生すべからざるなり。またあるひとのことばにいはく、「たとひ弥陀に帰命すといふとも善知識なくはいたづらごとなり、このゆゑにわれらにおいては善知識ばかりをたのむべし」と[云々]。これもうつくしく当流の信心をえざる人なりときこえたり。そもそも善知識の能といふは、一心一向に弥陀に帰命したてまつるべしと、ひとをすすむべきばかりなり。これによりて五重の義をたてたり。

一つには宿善、二つには善知識、三つには光明、四つには信心、五つには名号。この五重の義、成就せずは往生はかなふべからずとみえたり。されば善知識といふは、阿弥陀仏に帰命せよといへるつかひなり。宿善開発して善知識にあはずは、往生はかなふべからざるなり。しかれども帰するところの弥陀をすてて、ただ善知識ばかりを本とすべきこと、おほきなるあやまりなりとこころうべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。(御文章2帖目11通)


蓮如上人はここで、十劫安心と善知識だのみについて誡められ、善知識とはどのように教え勧める人であるかということ、そして五重の義が成就しなければ往生できないことを教えられています。少し脇道に逸れますが、重要なことなのでこれらの異安心と五重の義について見ていきましょう。

まず、十劫安心についてWikiArcより引用しますと、

時宗等の影響を受けた十劫秘事(十劫安心)の異義に対する批判。十劫のむかし阿弥陀仏が正覚成就し、衆生の往生を定められたと知ることを信であると主張するのは、自力雑行をすてて他力をたのむ廃立の信心が欠けていると批判されている。

とのことです。分かりやすく言うと、『十劫の昔に「衆生往生せずぼわれ正覚とらじ」という誓願を成就して阿弥陀仏となられたのであるから、その時すでに私どもの往生は決定している。それを今まで知らなかっただけであるから、これを知って忘れないのが信心である』というように、信心を観念的に理解するものです。これに対して、蓮如上人はそのような理解では他力の信心を得たとはいえないと誠め、阿弥陀仏の救いの法は十劫正覚の始めにすでに成就されているけれども、私どもがその法をよくお聞かせいただいて、信心獲得しなけれぱ往生できない旨を述べられています。
親鸞会は十劫安心とは異なりますが、後半の「自力雑行をすてて他力をたのむ廃立の信心が欠けている」という点だけならば同じです。親鸞会は、捨てるべき定散二善などの自力雑行を勧め、会員が他力をたのむことを邪魔しています。十劫安心と内容は違えど、異安心の集団であることは間違いありません。

次に善知識だのみということですが、知識帰命ともいわれます。これは「阿弥陀仏に帰命するといっても、現に法を説いてくださる善知識がなけれぱ何にもならないのだから、善知識だけをたのみにすればよいのだ」と善知識に帰命すべきことを主張するものです。
たしかに、阿弥陀如来のおこころは、生きた人間を通して私どもに伝えられるのであって、私に直接するのは善知識です。ですから、救いの法を説いてくださる善知識を尊重し敬慕するのは当然でしょう。しかし、阿弥陀如来をそっちのけにして、善知識を帰命(信)の対象とするならぱ、それは本末転倒といわねばなりません。

そこで、蓮如上人は善知識だのみの誤りを指摘され、善知識とは、「一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし」「弥陀に帰命せよ」と勧める使いであって、あくまで帰命すべきは阿弥陀如来である旨を述べられ、更にこれを明らかにするために、五重の義を立てられたのです。五重の「五」とは、

(一)宿善。宿世の善根。今生において本願の法にあい、信心喜ぶ身にならせていただくのは、この宿善のおかげであるといわれます。ただし、宿善薄い我々は今生において善に励み、宿善を厚くしなければ救われないというものではありません。
(二)善知識。本願の法を説いてくださる方。まさしくは釈迦仏ですが、七高僧、宗祖聖人、歴代相承の宗主、更に僧俗を間わず本願の信を勧めてくださる人は、すべて善知識です。
(三)光明。私どもを照育し摂取してくださる阿弥陀如来の光明。
(四)信心。他力真実の信心。
(五)名号。如来の名号が到り届いて信心となるという意味で、信心の体(ものがら)は名号であると示されたものとも考えられます。しかし、今は信心のあとに出されているので、「真実信心必具名号」(真聖全ニー六八)ー真実信心は必ずあとに称名相続をともなうーという意味で、この場合の名号とは信後の称名を示されたものと見る方が適切でしょう。


ということです。次に五重の「重」というのは、単に五つならべたというのではなく、ちょうど一つの波が次の波をおこすように、前のものが後をおこし、後のものが前に重なってゆくことを意味します。そのことは「往生論註』下巻の願偈大意から利行満足までの十章を「十重あり」(真聖全一-三一二)と示されているのと同様です。
今この五重の次第によれば、「宿善」によって「善知識」にあい、「光明」の御はたらきによって、「信心」獲得の身となる。その信心がまことであれぱ必ず「名号」が称名念仏として出てくる、という意味になります。ですから、五重の義というのは、正しい信心獲得のすがたについて、その始終をお示しくださったものとうかがわれるのです。

これによって、宿善開発して善知識にあい、その善知識の勧めによって弥陀に帰命する信心を得て、往生決定の身となる旨を示され、「帰するところの弥陀をすてて、ただ善知識ばかりを本とすべきこと、大きなる誤りなり」と誠められています。もし、善知識が真の正しい善知識であれば、このような善知識だのみは生じないでしょうし、たとい一部にそういう誤った見解が生じても、善知識がその誤をただしてくださるでしょう。実際、蓮如上人は

かへすがえすく当山へなにのこころえもなきひときたり、予に対面して手をあはせおがめること、もてのほかなげきおもふところなり。さらにもてたふときすがたもなし、ただ朝夕はいたづらにねふせるばかりにて不法懈怠にして不浄きはまりなく、しばらくさき身にてありけるをおがみぬること真実真実かたはらいたき風情なり。(帖外御文31通)

と仰って、自らに対するカリスマ的崇拝を厳しく戒められています。

しかし、偽り邪な善知識の場合が問題です。現実には「帰するところの弥陀をすてて」とまではいかないにしても、人々を説得し心服させる才能にたけた者が指導者となり、指導される人々はその人を阿弥陀仏と同等に生き仏として無条件に帰依尊崇するということになれば、どのような事態になるでしょうか。実に危険きわまりないものといわねばなりません。この意味で、親鸞会はまさしく善知識だのみの異安心です。

私が親鸞会にいたときは、高森会長は「無二の善知識(正しい仏法の先生)」であり、高森顕徹会長以外には親鸞聖人の教えを正しく伝える人はいないと、言われていました。「信心決定(阿弥陀仏に救われること)」という体験と「正しい教学」を備えた人でなければ真の「善知識」とは言えず、その2つを兼ね備えた人が高森顕徹会長であり、高森顕徹会長が唯一の善知識とされていました。そして、「善知識は助かる為の全因縁なり」と言われ、善知識に従わずしては後生の一大事(全ての人は死ねば無間地獄に堕ちるということ)の解決は出来ない、と言われていたのです。

その「無二の善知識」であるという高森会長は、講師部員や親友部員を養成する顕真学院にて、

会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。
上司の指示は会長先生の命と心得ます。

【親鸞会 顕真学院・講師部聖則より】

と顕真学院生と講師部員に1日2回唱和させ、自分への無条件服従を徹底させています。また、『こんなことが知りたい1』には、

善知識があったら十里二十里はおろか海山越えても馳せ参じて、その善知識を仏の如く敬って身肉手足をも供養すべきであると『般舟三昧経』には教えられています。(p.98~p.99)

と書いています。会員は、ここで言われている善知識とは、平成の今日では高森会長のことだと深く信じているでしょう。暗に「私に対してこのように敬いなさい」とリードしているように読めるのは私だけではないと思います。更に、『絶対の幸福(谷口春子女史)』には、高森会長のことを

・生き仏様会長先生(p.52)
・尊き会長先生(p.54)
・善知識会長先生(p.55)
・偉大なる会長先生(p.59)
・善き善知識会長先生(同)
・先生、此の世に大切な大切な生き仏様(p.64)
・尊き善知識会長先生(p.65)


などと至るところに書いている高森会長宛ての手紙の内容を掲載しています。谷口女史が個人的に高森会長のことをこのように思っている分には構いません。しかし彼女は親鸞会の中では獲信者とされており、親鸞会は「その獲信者が高森会長のことをこのように敬っていた」とわざわざ本にして公開しているのです。
他にも『顕正新聞』には高森会長を賛美する会員の手紙が掲載され、会合や映像資料などで繰り返し「高森先生の御恩」「高森先生の御苦労」が強調されます。弁論大会でも弁士が主張するのは「高森先生の御恩」「高森先生の御苦労」など、高森会長を賛美するものばかりです。「信の人の真似でもせよ」と教えられている会員、獲信が目的である従順な会員がこれらの文章、映像資料、会合、弁論などに触れ続けていたらどうなるでしょうか? 単に尊敬の域を超えて、高森崇拝になってしまうことは言うまでもありません。「高森先生のお言葉」が絶対の基準となり、高森会長や上司の指示に何でも従って、親鸞会の話以外は間違いだと決めつける頭になっているなら、その人は高森崇拝に陥っています。

「一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし」と人に勧めるばかりの方が善知識であるのに対し、雑行を勧めて一心一向に弥陀に帰命させない高森会長、自分への無条件服従を徹底して会員を知識帰命に陥らせている高森会長は、まさに「偽り邪な善知識」です。一刻も早くそのような偽善知識の元から離れ、真実信心に基づく会員さんが一人でも多く現れて頂きたいと思います。



【注】この記事は、以下を参考にして書きました。
『WikiArc』善知識だのみの異義
『なぜ私は親鸞会をやめたのか』3.高森顕徹会長と絶対無条件服従
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

親鸞会においては、高森会長が主役となり、阿弥陀仏を脇役に据えてしまっている感がある。また、親鸞会の法話は19願に始まり19願に終わる。18願が小さく霞んでしまっている。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード