蓮如上人と三願転入にどのような関係が??(16)

 そもそも、このごろ当国他国のあひだにおいて、当流安心のおもむき、ことのほか相違して、みな人ごとにわれはよく心得たりと思ひて、さらに法義にそむくとほりをもあながちに人にあひたづねて、真実の信心をとらんとおもふ人すくなし。これまことにあさましき執心なり。すみやかにこの心を改悔懺悔して、当流真実の信心に住して、今度の報土往生を決定せずは、まことに宝の山に入りて手をむなしくしてかへらんにことならんものか。

このゆゑにその信心の相違したる詞にいはく、「それ、弥陀如来はすでに十劫正覚のはじめよりわれらが往生を定めたまへることを、いまにわすれず疑はざるがすなはち信心なり」とばかりこころえて、弥陀に帰して信心決定せしめたる分なくは、報土往生すべからず。さればそばさまなるわろきこころえなり。これによりて、当流安心のそのすがたをあらはさば、すなはち南無阿弥陀仏の体をよくこころうるをもつて、他力信心をえたるとはいふなり。

されば「南無阿弥陀仏」の六字を善導釈していはく、「南無といふは帰命、またこれ発願回向の義なり」(玄義分)といへり。その意いかんぞなれば、阿弥陀如来の因中においてわれら凡夫の往生の行を定めたまふとき、凡夫のなすところの回向は自力なるがゆゑに成就しがたきによりて、阿弥陀如来の凡夫のために御身労ありて、この回向をわれらにあたへんがために回向成就したまひて、一念南無と帰命するところにて、この回向をわれら凡夫にあたへましますなり。かるがゆゑに、凡夫の方よりなさぬ回向なるがゆゑに、これをもつて如来の回向をば行者のかたよりは不回向とは申すなり。このいはれあるがゆゑに、「南無」の二字は帰命のこころなり、また発願回向のこころなり。

このいはれなるがゆゑに、南無と帰命する衆生をかならず摂取して捨てたまはざるがゆゑに、南無阿弥陀仏とは申すなり。これすなはち一念帰命の他力信心を獲得する平生業成の念仏行者といへるはこのことなりとしるべし。

かくのごとくこころえたらん人々は、いよいよ弥陀如来の御恩徳の深遠なることを信知して、行住坐臥に称名念仏すべし。これすなはち「憶念弥陀仏本願 自然即時入必定 唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩」(正信偈)といへる文のこころなり。あなかしこ、あなかしこ。(御文章3帖目8通)



3帖目8通では、まず十劫安心についてその過ちを指摘されて、当流安心のすがたとは南無阿弥陀仏の体をよく心得ることであり、それが他力信心を得たということだと教えられています。早速聞いてみましょう。

されば「南無阿弥陀仏」の六字を善導釈していはく、「南無といふは帰命、またこれ発願回向の義なり」(玄義分)といへり。その意いかんぞなれば、阿弥陀如来の因中においてわれら凡夫の往生の行を定めたまふとき、凡夫のなすところの回向は自力なるがゆゑに成就しがたきによりて、阿弥陀如来の凡夫のために御身労ありて、この回向をわれらにあたへんがために回向成就したまひて、一念南無と帰命するところにて、この回向をわれら凡夫にあたへましますなり。かるがゆゑに、凡夫の方よりなさぬ回向なるがゆゑに、これをもつて如来の回向をば行者のかたよりは不回向とは申すなり。このいはれあるがゆゑに、「南無」の二字は帰命のこころなり、また発願回向のこころなり。このいはれなるがゆゑに、南無と帰命する衆生をかならず摂取して捨てたまはざるがゆゑに、南無阿弥陀仏とは申すなり。これすなはち一念帰命の他力信心を獲得する平生業成の念仏行者といへるはこのことなりとしるべし。

善導大師の御釈を引いて、南無というのは帰命であり、また発願回向であると仰っています。これはどういうことかというと、阿弥陀仏が因位の法蔵菩薩であったとき、我ら凡夫の往生の行を定められたのですが、阿弥陀仏は本願にて一切の諸行を選び捨て、称名念仏の一行を選び取られました。なぜ一切の諸行を選び捨てたのかというと、凡夫のなすところの回向は自力であるために成就しがたく、ほとんどの者が救いから漏れてしまうからです。これについては法然聖人が詳しく教えられています。

ゆゑに知りぬ、念仏は易きがゆゑに一切に通ず。諸行は難きがゆゑに諸機に通ぜず。
しかればすなはち一切衆生をして平等に往生せしめんがために、難を捨て易を取りて、本願となしたまへるか。
もしそれ造像起塔をもつて本願となさば、貧窮困乏の類はさだめて往生の望みを絶たん。しかも富貴のものは少なく、貧賤のものははなはだ多し。
もし智慧高才をもつて本願となさば、愚鈍下智のものはさだめて往生の望みを絶たん。しかも智慧のものは少なく、愚痴のものははなはだ多し。
もし多聞多見をもつて本願となさば、少聞少見の輩はさだめて往生の望みを絶たん。しかも多聞のものは少なく、少聞のものははなはだ多し。
もし持戒持律をもつて本願となさば、破戒無戒の人はさだめて往生の望みを絶たん。しかも持戒のものは少なく、破戒のものははなはだ多し。
自余の諸行これに准じて知るべし。 まさに知るべし、上の諸行等をもつて本願となさば、往生を得るものは少なく、往生せざるものは多からん。
しかればすなはち弥陀如来、法蔵比丘の昔平等の慈悲に催されて、あまねく一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもつて往生の本願となしたまはず。ただ称名念仏一行をもつてその本願となしたまへり。(選択本願念仏集)


このようなわけで、阿弥陀仏は難行であり劣行である一切の諸行を選び捨て、至易最勝の行である念仏一行を本願の行、すなわち往生行として定められたのでした。そして阿弥陀仏が我ら凡夫のために御身労下さって、我々を往生成仏せしめるはたらきのある名号を成就され、その名号を一念南無と帰命するところに我ら凡夫に与えて下さるのです。ですから、凡夫の方からはなさぬ回向であるので、如来の回向を行者の方からは不回向と言うのです。こうしたことから、「南無」の二字は帰命のこころであり、また発願回向のこころであると教えられています。
こうして南無と帰命する衆生を必ず摂取してお捨てになりませんので、南無阿弥陀仏というのです。そしてこのように摂取不捨の利益にあずかった人のことを、一念帰命の他力信心を獲得する平生業成の念仏行者というのだと教えられています。

それから蓮如上人は称名報恩の義を教えられて筆を置かれていますが、やはり3帖目8通にも親鸞会流「三願転入の教え」や信前の人が必ず通らねばならないという道程、分からなければ何十年聞いていても仏教は分からないという因果の道理、他力の信心を得るための廃悪修善の勧めなどは一切教えられていません。我が身の後生に驚き立たねばならないとか、善をしなければ信仰(?)は進みませんとか、要門だから必ず通らなければならないのが19願であるとか、そういうことも一切書かれておりません。教えられているのは、他力信心のおもむきである南無阿弥陀仏のいわれについてです。これ以外書かれていないと言っても過言ではないでしょう。
定散二善等の自力諸善は、阿弥陀仏が本願の行にあらずと選び捨て、善導大師、法然聖人、親鸞聖人、蓮如上人は雑行と名づけて嫌われています。また、蓮如上人も3帖目8通で仰り、親鸞聖人も「行文類」念仏諸善比校対論にて

回不回向対、諸善は衆生が回向しなければ往生行にはならないが、念仏は如来回向の法であるから、衆生は回向する必要がない。

と教えられているように、浄土真宗は衆生が回向しなければならない諸善ではなく、如来回向の法である念仏を勧められているのです。その念仏(南無阿弥陀仏)のすがたをよく心得ることを他力の信心を得るというのですから、説かねばならないのは念仏のいわれであり、18願です。前にも述べたとおり、南無阿弥陀仏のいわれを聞かないことには信心決定も何もないのです。親鸞会ではそんなに大事な南無阿弥陀仏のいわれはそっちのけで、衆生が回向しなければ往生行にはならない諸善、捨てよと嫌われる雑行を勧めてばかりいるのですから、そんな教えを聞いている会員が救われないのは当然の話なのです。もし会員の皆さんが真に信心決定し往生成仏を求めているなら、そのような詮の抜けたえせ真宗の教えは捨てて、直ちに18願のこころ、南無阿弥陀仏のいわれを聞いて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード